ポート[7047]:IPO上場情報と初値予想 | 庶民のIPO

IPO「ポート」(7047)

ポート

ポートは、インターネットメディア事業を展開している企業です。

設立は平成23年4月です。
従業員数は平成30年9月末で149名、平均年齢は28.6歳、平均勤続年数は1.7年、平均年間給与は446.8万円です。


ポートの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

ポートの上場日

D
  • 業績:不安
  • 公開比率:高い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2018/12/21 (金) 証券コード 7047
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ポート(7047)

ポートのスケジュールと当選数

ブックビルディング期間中に幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2018/12/6 (木) ~ 12/12 (水)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 1,420円~1,480円 (抽選資金:14.2万円 ~ 14.8万円)
当選口数 36,736口
公募株数 750,000株 売出株数 2,444,500株
吸収金額 54.3億円 O.A分 479,100株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ポートの公募価格と初値

仮条件 1,420円~1,480円
公募価格 1,480円 初値 930円
騰落率 -37.16%  倍率  0.63倍
初値売りでの損益 -55,000円(930円 - 1,480円)× 100株

参考までに

12月はIPOラッシュが始まり、投資資金が分散されやすくなります。
評価が低くなるIPOは公募割れのリスクが高くなりますので、ブックビルディング参加は慎重にどうぞ。

SBI証券は、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されます。
公募割れのリスクもありますので、IPOチャレンジポイント狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

抽選資金はIPOの抽選で必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ポートの主幹事証券と引受幹事証券

ポートのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

SBI証券は、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されます。
IPOチャレンジポイント狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

落選しても次回の当選に活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。
特にSBI証券は、幹事になる機会が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

ポートの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年3月 2017年3月 2018年3月
売上高 600 942 1,931
経常利益 -328 -292 -136
当期利益 -383 -294 -137
純資産 315 38 520
配当金
EPS -520.18 -31.84 -13.61
BPS -379.09 -80.17 -99.84
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

ポートと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2018/12/18 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
    初値売りによる損益:315,000円
    (騰落率:98.44%、倍率:1.98倍)
  • 2018/12/11 ピアラ
    初値売りによる損益:248,000円
    (騰落率:97.25%、倍率:1.97倍)
  • 2018/12/11 アルー
    初値売りによる損益:64,000円
    (騰落率:46.72%、倍率:1.47倍)
  • 2018/10/10 CRG HD
    初値売りによる損益:71,200円
    (騰落率:63.57%、倍率:1.64倍)
  • 2018/10/03 ブリッジインターナショナル
    初値売りによる損益:261,000円
    (騰落率:112.99%、倍率:2.13倍)

IPOのポイント

ポートのIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

市場からの吸収金額が53億円と事業規模に比べて非常に大きいです。

また、金融や健康系のネットメディアは生活に直結する情報として、Googleでは厳しい基準を設けています。上位に表示することで収益は上がりますが、逆に下がると収益も下がります。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクが高い「D」に設定しました。

  • 業績が微妙。
  • 市場からの調達金額が53億円とかなり大きいこと。
  • 売出しが多いこと。

12月はIPOラッシュが始まり、投資資金が分散されやすくなります。
評価が低くなるIPOは公募割れのリスクが高くなりますので、ブックビルディング参加は慎重にどうぞ。

SBI証券は、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されます。
IPOチャレンジポイント狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

上場後の補足

上場初日は売り気配のまま終えました。

上場初日に下落により初値がつかなかったのは、2008年10月に上場した医薬品開発受託事業の「リニカル(2183)」以来です。

日経平均も2万円台を割るなど上場時期も悪かったです。

25日の東京株式市場は、前日までの米国株の急落を嫌気した売りが優勢となり、大幅続落となっている。日経平均株価は前週末比900円超下落し、2017年9月以来、約1年3カ月ぶりに2万円の大台を割り込んだ。午前10時半現在は924円57銭安の1万9241円62銭。(時事通信)

  • 公募価格:ブックビルディングに当選し購入する株価。
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価。
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手し初値で売却した際の利益。

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに65回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「ポート」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定のタイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

関連コンテンツ