ピアラ(7044):IPO上場情報

ピアラ

ピアラは ビューティ&ヘルス及び食品市場にフォーカスし、ECを運営するクライアントに対して、新規顧客獲得から顧客育成まで各課題に対応する「ECマーケティングコミットカンパニー」です。

国内人口は減少傾向にあるものの、シニア層は増加が見込まれ、アンチエイジング、予防医薬など健康・美容志向の高まりにより、「ビューティ&ヘルス及び食品」領域は拡大を続けています。(内閣府:日本再興戦略より)

グループは同社と連結子会社3社により構成。

設立は平成16年3月です。
従業員数は平成30年9月末で103名、平均年齢は31.8歳、平均勤続年数は3.5年、平均年間給与は538.9万円です。


ピアラの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ピアラの上場日

A
  • オファリングレシオ:低い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/12/11 (火) 証券コード 7044
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ピアラ(7044)
時価総額 17,513百万円(初値で計算)

ピアラのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2018/11/22 (木) ~ 11/29 (木)

仮条件 2,350円~2,550円 (抽選資金:23.5万円 ~ 25.5万円)
当選口数 4,840口
発行済株式数 3,481,840株 オファリングレシオ 13.9%
公募株数 350,000株 売出株数 90,000株
吸収金額 12.3億円 O.A分 44,000株
仮条件決定日 11/20 (火) 公募価格決定日 11/30 (金)
購入期間 12/4 (火) ~ 12/7 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ピアラの公募価格と初値

仮条件 2,350円~2,550円
公募価格 2,550円 初値 5,030円
騰落率 97.25%  倍率  1.97倍
初値売り損益 248,000円(5,030円 - 2,550円)× 100株

ピアラの初値予想と予想利益

ピアラの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

2,350円 ~ 2,550円 ※抽選資金:23.5万円 ~ 25.5万円
上限は15.4%上ブレ↑

初値予想 3,800円 ~ 5,000円※11/20 修正
(1.5倍~2.0倍)
予想利益 12.5万円~24.5万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,210円あたり ※抽選資金:22.1万円あたり
初値予想 3,500円 ~ 4,500円 (1.6倍~2.0倍)
予想利益 12.9万円~22.9万円

ピアラの主幹事と幹事証券

ピアラのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事はSBI証券です。
IPOの割当数(当選数)も主幹事が一番多いです。

抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されます。

一人一票の公平抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるSMBC日興証券もおすすめです。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SBI証券
86.36% 418,000株 2,926口
SMBC日興証券 5.45% 26,400株 26口
みずほ証券 3.64% 17,600株 17口
楽天証券 0.91% 4,400株 44口
岩井コスモ証券 0.91% 4,400株 4口
アイザワ証券 0.91% 4,400株 4口
むさし証券 0.91% 4,400株 4口
東洋証券 0.45% 2,200株 2口
極東証券 0.45% 2,200株 0口

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


ピアラの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年12月 2016年12月 2015年12月
売上高 7,221,591 5,807,659 4,542,033
経常利益 45,299 125,838 -149,011
当期利益 15,709 80,481 -359,442
純資産 380,641 -147,047 -227,528
配当金
EPS 8.57 56.36 -11,295.77
BPS 179.93 -103.59 -6,397.84
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年12月 2016年12月
売上高 7,291,412 5,869,003
経常利益 32,689 90,377
当期利益 19,236 64,658
純資産 364,805 -164,694
EPS 10.50 45.28
BPS 172.43 -115.94
※EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

ピアラと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

IPOのポイント

IPOで人気のあるIT関連企業です。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • IPOで人気のあるIT企業であること。
  • 市場からの調達金額が小さいこと。
  • 美容、健康関連のネット事業は浮き沈みもあり業績にも出ている。

11.20追記
仮条件が2,350円 ~ 2,550円に決まりました。(想定より上ブレで決定)
初値予想を3,800円 ~ 5,000円、予想利益を上限で24.5万円の利益に変更しました。

目論見書の想定仮条件は2,210円。初値予想は3,500円 ~ 4,500円としました。
予想利益は上限で22.9万円の利益と予想しました。

公募割れリスクは低くなりそうです。
積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いましょう。

当選しました!

主幹事のSBI証券で100株当選しました。

2018年は一家で9社目、1,300株の当選です。(IPO当選実績)

ワンポイント

主幹事証券はIT系の主幹事を務める事が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選数も多くなります。
また、落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントがもらえます。

管理人は過去に11度 IPOに当選をしております。(IPO実績)

お問い合わせにて、SBI証券のIPOチャレンジポイントを使うか、見解を載せて欲しいとの要望がありました。
管理人の場合、IPOチャレンジポイントを使用しません。

目論見書を見ましたが、ポイントを利用したくなるほど興味がそそられませんでした。
というか、目論見書が見づらく、何をしている会社なのかもよくわかりませんでした。(目論見書で魅力を伝えるのは大事)

今ならAIやロボット開発などの将来性が大きい事業で利用された方がよいと思います。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

12月のIPOラッシュによりご質問やご意見が増えております。
こちらのページによくある質問やご意見をまとめていますので、チェックをお願いします。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。