ブリッジインターナショナル[7039]:IPO上場情報と初値予想

IPO「ブリッジインターナショナル」(7039)

ブリッジインターナショナル

ブリッジインターナショナルは BtoB企業に対して インサイドセールスの導入による法人営業改革の支援を行っている企業です。

BtoB企業とは、法人を対象に商品、サービスを提供する企業です。
インサイドセールスとは、顧客には訪問せず電話やメールを活用して営業活動を行う手法です。

  • 「しくみの提供」
    インサイドセールス コンサルティングサービス
    売上高の88.1%
    顧客企業の営業生産性を最大化するための営業戦略立案、インサイドセールス導入モデルのデザインから業務設計を行っています。
    顧客毎にカスタマイズしたインサイドセールス導入モデルのデザイン~業務設計を行います。
    インサイドセ ールス活用の目的と成果目標、営業体制などの社内要因、そして対象市場と商材のポジションなど複数の観点 からセールスモデルを構築するサービスです。
  • 「リソースの提供」
    インサイドセールス アウトソーシングサービス
    売上高の3.2%
    インサイドセールスの期待成果を実現するために、同社の正社員が顧客企業のインサイドセールスとして、営業活動を実施するサービスです。
    インサイドセールスは、相手の反応を非視覚的情報のみで理解する必要があり、訪問営業とは違った能 力が要求されます。
    同社のインサイドセールスアウトソーシングサービスは、主に傾聴や共感など特有のスキル教育を受けた正社員でサービス実行するため、短期間で質の高いインサイドセールス活動を実現することが できます。
    (アウトソーシングとは外部委託の事です)
  • 「道具の提供」
    システムソリューションサービス
    売上高の8.8%
    主に企業の営業・マーケティング部門で活用される、SFA、CRM、MA分野のクラウドシステム構築サービスを提供しています。
    インサイドセールス営業支援AI「SAIN」 では、マーケティングと営業に関わるビジネス・コミュニケーションの自動化・効率化を支援するAIを活用したクラウドサービスを提供しています。

売上高の集計期間は平成29年1月1日~平成29年12月31日。

日本企業の法人営業活動は、見込客の発掘、育成から案件醸成(提案書の作成、プレゼンテーション)、成約(クロージング)活動を一人の営業担当者が属人的に全て行っている場合が多いのが実状です。

そのような手法では、どこかのプロセスでボトルネックを起こし、継続的な受注獲得が困難になります。

同社は、この問題点に着目し、営業プロセス毎に従来の訪問型営業担当者と顧客には訪問せずに電話やメールなどで営業活動をするインサイドセールス担当者とで分業を行い、訪問型営業担当者が案件醸成、クロージングプロセスに専念できる効率的で機動的な営業活動を提案し、営業改革を実現するサービスを展開しています。

顧客企業は、インサイドセールスを導入することにより営業活動の生産性を向上させ、働き方改革の実現に取り組むことが可能となります。

設立は平成14年1月です。
従業員数は平成30年7月末で400名、平均年齢は33.5歳、平均勤続年数は4.6年、平均年間給与は346.7万円です。


IPO「ブリッジインターナショナル」の上場日

A
  • 業績:好調
  • 公開比率:やや低い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2018/10/3 (水) 証券コード 7039
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ブリッジインターナショナル(7039)

IPO「ブリッジインターナショナル」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/9/14 (金) ~ 9/21 (金)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 2,090円~2,310円 (抽選資金:20.9万円 ~ 23.1万円)
当選口数 3,058口
公募株数 205,800株 売出株数 100,000株
吸収金額 8.1億円 O.A分 45,800株
仮条件決定日 9/13 (木) 公募価格決定日 9/25 (火)
募集期間 9/26 (水) ~ 10/1 (月)

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「ブリッジインターナショナル」の公募価格と初値

公募価格 2,310円 初値 (想定の初値)3,500円 ~ 4,200円※9/14 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (想定の初値売りによる利益)189,000円※9/14 修正

ブリッジインターナショナルの「想定仮条件」と「予想利益」

参考までにIPO「ブリッジインターナショナル」の「想定仮条件」と「想定初値」による「予想利益」です。
(予想利益は各上限で計算しております。)

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

仮条件「決定後」の想定価格

仮条件 2,090円 ~ 2,310円 ※抽選資金:20.9万円 ~ 23.1万円
初値の想定価格 3,500円 ~ 4,200円※9/14 修正
想定条件での予想利益 189,000円(4,200円 - 2,310円)× 100株

仮条件「決定前」の想定価格

仮条件の想定価格 1,990円 ~ 2,190円 ※抽選資金:19.9万円 ~ 21.9万円
初値の想定価格 4,000円 ~ 4,500円
想定条件での予想利益 231,000円(4,500円 - 2,190円)× 100株

IPO「ブリッジインターナショナル」の主幹事証券と引受幹事証券

「ブリッジインターナショナル」のIPOを取り扱っている証券会社です。(申込みが可能)
のマークがついている証券会社は特に管理人がおすすめする証券会社です。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

主幹事は1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券になります。
IPOの割当数(当選口数)も主幹事が一番多いです。

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

抽選に外れても次回のチャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが貯まる「SBI証券」、申込み時の抽選資金が不要で庶民に優しい「ライブスター証券」と「岡三オンライン証券」。
合計で現金6,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています♪(タイアップ詳細
特に「SBI証券」と「岡三オンライン証券」は取扱うIPOの数が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

IPO「ブリッジインターナショナル」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年12月 2016年12月 2017年12月
売上高 2,420,920 2,522,195 2,785,978
経常利益 173,083 228,353 297,127
当期利益 100,393 138,487 196,940
純資産 786,406 925,643 1,122,333
配当金
EPS 6,901.29 95.20 135.36
BPS 54,059.67 636.31 771.52
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までに、IPO「ブリッジインターナショナル」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

IPOのポイントby ブリッジインターナショナル

上場前

参考までに

2018.8.14 追記。最近のIPOの初値動向と活況度を考慮し、市場注目度は一つ下の「A」に変更されました。
また、想定の初値予想も「2,090円 ~ 2,310円」に下方修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると18.9万円の利益になりそうです。

2018.9.3 追記。市場注目度は 最も高い「S」となりました。
AIを活用したクラウドサービスは売上高が約9%とまだ低いですが、IPOの人気テーマですので人気度も高くなりました。

想定の仮条件は「1,990円 ~ 2,190円」。 想定の初値予想は「4,000円 ~ 4,500円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると23.1万円の利益になりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選口数(割当数)も主幹事が一番多いです。

また、SMBC日興証券は資金量に左右されない「公平抽選」を採用していますので、1口応募しても100口応募しても 当選確率は一緒です。

庶民の管理人は過去に16度 IPOに当選をしております。(IPO実績

IPO「ブリッジインターナショナル」に関するつぶやき

送信中...

「庶民のIPO」目安箱(※返信不可)
当サイトへのご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。
メルアドの入力などが必要なく、ご意見がダイレクトに届きます。

返答の必要なご質問は「IPO質問集」をご確認の上、「お問合せフォーム」よりご連絡をお願い致します。

頂いた ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、嬉しい当選報告もありがとうございます。



サイト内検索 powered by Google
スポンサーリンク

「ブリッジインターナショナル」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

9/28(金)まで!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

9/30(日)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


9/28(金)まで!
岡三オンライン証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

お得なタイアップキャンペーン

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ