AnyMind Group(5027):IPO上場情報と初値予想

AnyMind Group

AnyMind Group(エニーマインド)は、ブランド構築、生産管理、メディア運営、ECサイト構築・運営、マーケティング、物流管理等のソリューションをワンストップで支援するプラットフォームを提供している企業です。

事業内容

アジア・中東を中心に世界13ヵ国・地域にて事業を展開。

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


AnyMind Groupの上場日

C
  • 業績:不安
  • オファリングレシオ:低い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2022/12/15 (木) 証券コード 5027
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス AnyMind Group(5027)
時価総額
56,986百万円(仮条件の上限で計算)

AnyMind Groupのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2022/11/30 (水) ~ 12/6 (火)

仮条件 970円~1,000円 (抽選資金:9.7万円 ~ 10万円)
当選口数 30,929口
発行済株式数 56,986,200株 オファリングレシオ 5.4%
公募株数 885,300株 売出株数 1,804,200株
吸収金額 30億円~30.9億円 O.A分 403,400株
仮条件決定日 11/29 (火) 公開価格決定日 12/7 (水)
購入期間 12/8 (木) ~ 12/13 (火)
備考

公募・売出株の一部は、海外市場で販売される予定。

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

AnyMind Groupの公開価格と初値

仮条件 970円~1,000円
公開価格 12/7 (水)に決定 初値 (初値予想)930円 ~ 1,070円※11/29 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)-7,000円~7,000円※11/29 修正

AnyMind Groupの初値予想と予想利益

AnyMind Groupの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 970円 ~ 1,000円 ※抽選資金:9.7万円 ~ 10万円
上限は3.1%上ブレ↑
初値予想 930円 ~ 1,070円※11/29 修正
(0.9倍~1.1倍)
予想利益 -7,000円~7,000円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 970円あたり ※抽選資金:9.7万円あたり
初値予想 900円 ~ 1,040円 (0.9倍~1.1倍)
予想利益 -7,000円~7,000円
送信中...

初値予想アンケート

AnyMind Group(5027)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

仮条件の上限(1,000円)を基準価格に修正しています。

有効回答:87   投票期限:2022/12/14 (水) 23:59まで
3倍以上(3,000円以上)
4票  5%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(2,500円以上~3,000円未満)
12票  14%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,000円以上~2,500円未満)
24票  28%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,500円以上~2,000円未満)
9票  10%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,200円以上~1,500円未満)
10票  11%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,000円以上~1,200円未満)
16票  18%
投票済み

公募割れ(1,000円未満)
12票  14%
投票済み

AnyMind Groupの主幹事と幹事証券

AnyMind GroupのIPOを取り扱っている証券会社です。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


AnyMind Groupの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年12月 2020年12月 2019年12月
売上高
経常利益 -53,047 -131,593
当期利益 -566,506 -598,138
純資産 2,742,748 3,097,118 10
配当金
EPS -14.04 -19.16
BPS 53.10 96.91 0.17
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年12月 2020年12月 2019年12月
売上高 19,252,597 11,080,345 6,502,971
経常利益 -538,591 -1,045,644 -358,500
当期利益 -809,952 -1,151,058 -348,983
純資産 7,130,179 -492,866 612,124
EPS -20.08 -36.87 -11.36
BPS 138.27 -15.42 19.93
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

2022年12月期の業績予想です。
業績予想

上位株主とロックアップ情報

AnyMind Groupの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
十河 宏輔 代表取締役 23,400,000
37.21%
515,500 360日
小堤 音彦 取締役 6,000,000
9.54%
257,700 360日
株式会社SMBC信託銀行 4,260,000
6.77%
- 180日
JATF VI (Singapore) Pte. Ltd. 4,171,800
6.63%
381,200 180日/
1.5倍
JAFCO Asia Technology Fund VII Pte. Ltd. VC 3,023,400
4.81%
381,200 180日/
1.5倍
JIC ベンチャー・グロース・ファンド1号投資事業有限責任組合 VC 2,463,100
3.92%
- 180日
JPインベストメント1号投資事業有限責任組合 VC 1,799,700
2.86%
- 180日
日本グロースキャピタル投資法人 VC 1,523,100
2.42%
- 180日
渡邊 久憲 1,167,600
1.86%
- 360日
大川 敬三 取締役 1,074,600
1.71%
(1,074,600)
-
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

AnyMind Groupと同じホットワードのIPOの上場結果です。

ダウンラウンド」のIPOの直近の結果です。

  • 2022/10/26 リンカーズ
    初値売り損益:20,300円
    (騰落率:67.67%、倍率:1.68倍)

AnyMind Groupと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」の直近のIPO結果です。

IPOのポイント

今年3月に上場予定だったものの、ロシアのウクライナ進攻、市況の混乱などにより、上場延期へ。
早くも再承認され、12月に上場予定となりました。

ちなみに、今年7月に下記の記事を拝見しており、しばらく上場はないのかなぁと思っていました。(まだまだ市況は悪いので)

3月の中止時のIPO内容との比較です。
プレIPOで資金を調達したからか、サイズ感が大分 小さくなりました。(885円で発行)

中止時との比較

前回より、図表が増え多少 分かりやすくなった気がしますが、それでもやっている事業が多くてよく分からず。海外展開に強みあり。

AnyMindの概要 事業内容

グローバルに事業を展開し、複数領域にまたがるソリューションの活用もあり。
M&A(事業売却・買収)で売上収益の拡大が続いていますが、肝心の収益が赤字続きなのが気になります。(のれんも増加)

前回見た時よりは好印象ですが、事業内容が分かりづらいという印象は変わらず。また、12月IPOが連続する中での上場だとやはり厳しいかも。(投資資金の分散や投資家の資金枯れ)

IPOの内容的にはオファリングレシオは5.4%と極端に低く、需給が絞られており価格は上下に動きやすいです。どっちに動くやら。

ブックビルディングの参加・不参加は、機関投資家の値踏み(仮条件の価格)が参考になりそうです。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

公募割れのリスクあり
  • 売上収益はM&Aにて右肩上がりだけど収益は赤字続き
  • オファリングレシオが5.4%とかなり低いオファリングレシオによる実績
  • 需給が絞られており初値が上昇しやすい
  • 購入単価が低いIPOが好調抽選資金による実績
  • 市場からの吸収金額が30億円と大きい吸収金額による実績
  • 事業内容が多岐に渡り成長をイメージしにくい(買いづらい)
  • 前回の資金調達時よりも低い時価総額(価格)で株式を発行するダウンラウンド
  • 12月はIPOが多く、選別される可能性あり
  • 2022年12月期の業績予想(前期比)は、売上収益 24,589百万円(+27.7%)、営業利益-132万円で赤字額は縮小(前期 -213百万円)するものの、赤字が続く

目論見書の想定仮条件は970円。初値予想は900円 ~ 1,040円としました。
予想利益は-7,000円~7,000円で、市況によっては公募割れのリスクがあるIPOになります。

カブスルは一応、参加してみようかなぁと考えています。
悩んで申し込んだ結果、当たらないってこともありますし(笑)

黒字化してからの上場だったら、もっと気軽に参加できたと思います。(待てなかったのかな?)

注意点として、SMBC日興証券松井証券は、当選後に辞退するとペナルティがありますのでブックビルディングの参加にはご注意を。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

企業紹介

AnyMind Group(エニーマインド)は、ブランド構築、生産管理、メディア運営、ECサイト構築・運営、マーケティング、物流管理等のソリューションをワンストップで支援するプラットフォームを提供している企業です。

事業内容

アジア・中東を中心に世界13ヵ国・地域にて事業を展開。
地域別売上収益比率は日本が43%、東南アジアが41%、インド・中華圏等のその他地域が16%。(2021年度)

設立は2016年4月。
同社の従業員数は2022年10月末で7名、平均年齢は34.6歳、平均勤続年数は2.6年、平均年間給与は910万円。

AnyMind Groupの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。