IPO「シャノン」(3976)

シャノン

2017年最初のIPOが マーケティングクラウドサービスの「シャノン」に決まりました。

IPOで人気のあるIT関連企業であり、市場からの調達金額が2.4億円程度 とかなり小さく、人気化しやすい小型案件である事から 初値にも期待が出来そうです。

1月の上場は、2006年1月30日に上場した「エスティック」以来 11年ぶりです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

「シャノン」はマーケティングクラウドサービスの企画・開発・販売・導入、マーケティングに関わるコンサルティング及びサービスを行っている企業です。


IPO「シャノン」の上場日

S
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 売出比率:低い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2017/1/27 (金) 証券コード 3976
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
シャノン(3976)

IPO「シャノン」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/1/11 (水) ~ 2017/1/17 (火)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 1,300円~1,500円 (抽選資金:13万円 ~ 15万円)
当選口数 1,500口
公募株数 150,000株 売出株数 0株
吸収金額 2.5億円 O.A分 22,500株

各用語の説明はこちらで行っています。※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「シャノン」の公募価格と初値

公募価格 1,500円 初値 6,310円
騰落率 320.67%  倍率  4.21倍
初値売りでの損益 481,000円(6,310円 - 1,500円)× 100株

シャノンの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までにIPO「シャノン」の「想定仮条件」と「想定利益」です。(大手予想)

IPO「シャノン」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
(委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

当選口数が少なく、公募割れリスクも低いと想定されますので積極的に応募していきましょう。

IPO「シャノン」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2013年5月 2014年10月 2015年10月
売上高 955,643 1,814,690 1,411,473
経常利益 2,223 -40,764 36,225
当期利益 2,512 -49,125 30,434
純資産 278,836 236,311 266,745
配当金(単位/円)
EPS(単位/円) 127.06 -49.37 30.47
BPS(単位/円) 14,099.03 236.58 267.05

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2014年10月 2015年10月
売上高 1,814,690 1,411,473
経常利益 -56,772 30,073
当期利益 -65,132 24,282
純資産 214,108 238,974
EPS(単位/円) -65.46 24.31
BPS(単位/円) 214.35 239.25

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「シャノン」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信」のIPO結果です。

  • 2016/12/22 上場エイトレッド… 初値売りによる損益:241,000円(騰落率:133.89%、倍率:2.34倍)
  • 2016/12/21 上場イノベーション… 初値売りによる損益:593,000円(騰落率:214.08%、倍率:3.14倍)
  • 2016/11/29 上場エルテス… 初値売りによる損益:472,000円(騰落率:263.69%、倍率:3.64倍)
  • 2016/10/21 上場ユーザベース… 初値売りによる損益:39,800円(騰落率:15.86%、倍率:1.16倍)
  • 2016/09/29 上場シンクロ・フード… 初値売りによる損益:87,000円(騰落率:41.43%、倍率:1.41倍)

管理人のコメントby シャノン

上場前

IPOで人気のあるIT関連企業です。
さらに、市場からの調達金額が 2.4億円程度 とかなり小さく、 人気化しやすい小型案件である事から 初値にも期待が出来そうです。

2017年最初のIPOになりますが、最初のIPOは毎年人気が高くなります。

  • 2016/2/24 「はてな」・・・騰落率:278.13%、初値売りによる利益:22.2万円
  • 2015/2/12 「KeePer技研」・・・騰落率:49.06%、初値売りによる利益:10.4万円
  • 2014/2/13 「アキュセラ・インク」・・・騰落率:27.78%、初値売りによる利益:5万円
  • 2013/2/13 「メドレックス」・・・騰落率:120%、初値売りによる利益:12万円
  • 2012/2/22 「マックスバリュ九州」・・・騰落率:4%、初値売りによる利益:0.5万円
  • 2011/3/3 「駅探」・・・騰落率:98.92%、初値売りによる利益:27.5万円
  • 2010/3/3 「アニコムHD」・・・騰落率:100%、初値売りによる利益:20万円

さらに参考までに、同じく1月に上場を果たした過去のIPOは2006/1/30に上場を果たした「エスティック」になります。
こちらも 騰落率:154.29%、初値売りによる利益:54万円と人気化しました。

また、当選口数が1,500口と非常に少ない点も注目を集めそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

上場後

事前の想定以上の人気ぶり(過熱)となりました。やはり、年初のIPOは人気が高くなります。

公募価格1,500円に対して初値は「6,310円」騰落率:320.67%、倍率は4.2倍になりました。

初値売りによる利益額は、481,000円になりました (  ̄∇ ̄)

2017年のIPOとしては良いスタートが切れました。
2016年は初値売りで100万円を超えるIPOが1社、70万を超えるIPOが1社、50万円を超えるIPOが3社でした。

2017年も夢を見させてくれるIPOが誕生して欲しいものです。