IPO「ビーブレイクシステムズ」(3986)

ビーブレイクシステムズ

ビーブレイクシステムズ」は、主にクラウドERPの開発および販売を行う「パッケージ事業」と、顧客が構築するシステムの受託開発やIT人材の派遣を行う「システムインテグレーション事業」を行っております。

同社の技術者は、どちらの事業のプロジェクトにも対応可能であり、両事業の繁忙に応じて適宜配置を変更する体制を取っております。(エンジニアの人材不足軽減)

パッケージ事業の「MA-EYES」では 導入する事により、「プロジェクト管理」や「作業実績・勤怠」「購買・経費」「帳票・分析」などの業務全般を統合的に管理できます。

IPOとしては、事業の効率化やクラウドを活用した事業という事もあり 注目度は高いです。

市場注目度が高くなる要素も豊富です。

  • 約1ヶ月半ぶりのIPO。(前回は4/25に上場した「アセンテック」)
  • IPOで人気のあるクラウド関連のIT企業
  • 市場からの調達金額が約5億円あたりの小型案件 かつ 東証マザーズ上場。

市場注目度は最も高い「S」となりました。
初値売りによる予想利益は20.2万円となっています。

ERPとは、企業内の経営資源を企業全体で統合的に管理し、経営の効率化を図るための手法や概念、またはそれを実現するシステムを指します。

ERP導入企業には「楽天」や「ドワンゴ」などの大手企業の実績も多数あります。


IPO「ビーブレイクシステムズ」の上場日

S
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 当選口数:少ない
  • 売出比率:低い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2017/6/15 (木) 証券コード 3986
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ビーブレイクシステムズ(3986)

IPO「ビーブレイクシステムズ」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/5/29 (月) ~ 2017/6/2 (金)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 1,550円~1,670円 (抽選資金:15.5万円 ~ 16.7万円)
当選口数 3,120口
公募株数 250,000株 売出株数 62,000株
吸収金額 5.7億円 O.A分 31,200株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「ビーブレイクシステムズ」の公募価格と初値

公募価格 1,670円 初値 7,700円
騰落率 361.08%  倍率  4.61倍
初値売りでの損益 603,000円(7,700円 - 1,670円)× 100株

ビーブレイクシステムズの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「ビーブレイクシステムズ」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「ビーブレイクシステムズ」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
(委託含む)

備考

主幹事はSBI証券になります。
主幹事は、そのIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの割当数も主幹事が一番多いです。(当選口数が一番多い

また、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」も引受幹事証券になっています。

意外と引受幹事数(委託幹事含む)が多く IPO当選に穴場である「岩井コスモ証券」も要チェックです。

当選口数が少なく、公募割れリスクも低いと想定されますので積極的に応募していきましょう。

IPO「ビーブレイクシステムズ」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2014年6月 2015年6月 2016年6月
売上高 879,371 882,053 1,025,008
経常利益 34,953 24,599 103,198
当期利益 28,247 17,657 80,550
純資産 315,292 329,919 407,714
配当金 55.00 50.00 220.00
EPS 481.45 16.02 73.09
BPS 5,722.19 299.38 369.98
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「ビーブレイクシステムズ」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信」のIPO結果です。

  • 2017/04/06 上場テモナ… 初値売りによる損益:550,000円(騰落率:215.69%、倍率:3.16倍)
  • 2017/03/30 上場ユーザーローカル… 初値売りによる損益:956,000円(騰落率:325.17%、倍率:4.25倍)
  • 2017/03/24 上場オロ… 初値売りによる損益:268,000円(騰落率:129.47%、倍率:2.29倍)
  • 2017/03/17 上場ビーグリー… 初値売りによる損益:100円(騰落率:0.05%、倍率:1.00倍)
  • 2017/03/16 上場うるる… 初値売りによる損益:33,000円(騰落率:11%、倍率:1.11倍)

管理人のコメントby ビーブレイクシステムズ

上場前

IPOで人気のあるクラウド関連のIT企業です。

ドイツのERPベンダーであるSAP社の日本法人のシステムコンサルタントであった2名を中心に起業。

市場からの調達金額が 5億円程度人気化しやすい小型案件である事から 初値にも大きな期待が出来そうです。

ページ上部にある企業紹介欄でも触れましたが、人気化する要素しかなく 公募割れのリスクはかなり低いと思います。

市場注目度が高くなる要素も豊富です。

  • 約1ヶ月半ぶりのIPO。(前回は4/25に上場した「アセンテック」)
  • IPOで人気のあるクラウド関連のIT企業
  • 市場からの調達金額が約5億円あたりの小型案件 かつ 東証マザーズ上場。

市場注目度は 最も高い「S」となりました。

2017.5.29 追記。
初値予想は「3,300円 ~ 3,800円」へ修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると21.3万円の利益になりそうです。

想定の仮条件は「1,280円 ~ 1,480円」。想定の初値予想は「3,000円 ~ 3,500円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると20.2万円の利益になりそうです。

同社は年一回の配当金を実施することを基本方針としています。
また、中間配当金につきましても取締役会決議によって行う事が出来る旨も定められています。

主幹事証券はIT系の主幹事を務める事が多いSBI証券です。(2社連続!)

主幹事証券は割当数が多いので、当選口数も多くなります。
また、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」や、意外と引受幹事数(委託幹事含む)が多く IPO当選に穴場である「岩井コスモ証券」も要チェックです。

上場後

初値売りによる利益額は60.3万円となり、今年No2となる利益になりました!
また、騰落率も361.08%で今年 1番目の騰落率となっております。

上場日の15日に初値はつかず、約55万株という大きな買い越しにて初日を終えました。

上記に書いた通り、IPOは人気化し 大手の初値予想「3,300円 ~ 3,800円」を大きく上回る初値になりました。
当選された方はおめでとうございます!

参考までに、「SBI証券」の「IPOチャレンジポイント」を「309ポイント」利用して200株 割当(当選)を頂いた方がいらっしゃるようです。

初値売りによる利益は 60.3万円 × 200株 = 120.6万円

コツコツ貯めれば、高額当選も夢ではありません。