gumi(3903):IPO上場情報

gumi

gumi」は、モバイルオンラインゲームの開発をしている企業です。


gumiの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

gumiの上場日

D
  • 業績:不安
  • IPO人気:あり
  • 当選口数:多い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • 割安感:割高
  • ロックアップ:なし
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2014/12/18 (木) 証券コード 3903
市場 東証一部 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
gumi(3903)

gumiのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2014/12/2 (火) ~ 12/8 (月)

仮条件 3,000円~3,300円 (抽選資金:30万円 ~ 33万円)
当選口数 136,472口
公募株数 1,500,000株 売出株数 10,367,200株
吸収金額 450.3億円 O.A分 1,780,000株
仮条件決定日 12/1 (月) 公募価格決定日 12/9 (火)
購入期間 12/10 (水) ~ 12/15 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

gumiの公募価格と初値

仮条件 3,000円~3,300円
公募価格 3,300円 初値 3,300円
騰落率 0.00%  倍率  1.00倍
初値売り損益 0円(3,300円 - 3,300円)× 100株

gumiの初値予想と予想利益

gumiの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

3,000円 ~ 3,300円 ※抽選資金:30万円 ~ 33万円
上限は5.7%下ブレ↓

予想利益 0円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 3,100円 ~ 3,500円 ※抽選資金:31万円 ~ 35万円
予想利益 0円

gumiの主幹事と幹事証券

gumiのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


gumiの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2014年4月 2013年4月 2012年4月
売上高 11,183,342 5,510,575 4,579,540
経常利益 -344,878 -1,124,203 856,429
当期利益 -317,983 -1,266,487 608,085
純資産 3,277,518 1,693,734 2,963,603
配当金
EPS -18.66 -79.08 21,461.88
BPS 165.19 93.76 86,483.48
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2014年4月 2013年4月
売上高 11,192,848 5,515,665
経常利益 -168,989 -1,188,318
当期利益 -184,563 -1,343,501
純資産 3,497,481 1,668,168
EPS -10.83 -83.89
BPS 171.99 91.62
※EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

gumiと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証一部」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2013/03/22 ブロードリーフ
    初値売りによる損益:12,000円
    (騰落率:11.11%、倍率:1.11倍)
  • 2011/12/14 ネクソン
    初値売りによる損益:700円
    (騰落率:0.54%、倍率:1.01倍)
  • 2004/08/05 テレビ東京
    初値売りによる損益:45,000円
    (騰落率:15.52%、倍率:1.16倍)

IPOのポイント

IT系の業種はIPO銘柄でも人気が高いですが、今回のgumiは知名度は抜群に高いものの、業績面やその他の指標に不安があります。

市場からの調達金額はかなり大きく、売出株数も多いのが気になります。

これまでの IPO株のセオリーで言えば、初値は期待できません。
知名度は高いので、上場後に株価が騰がっていく(マネーゲーム)可能性もあります。

評価は「C」とやや低い評価となりました。
ただし、個人的には公募割れのリスクも高い銘柄だと思いますので、さらに低い評価の「D」でも良いんじゃないかと思います。

上場後の補足

初値は寄り付き直後につき、公募価格と同じ株価になりました。

IPO的には悪い要素(市場からの調達金額が大きい、業績不安、売出が多い、ベンチャーキャピタルの売り圧力の懸念がある)が多かったので、公募割れしないだけ 良かったのかもしれません。

今後は、配信ゲームのヒットで業績面を改善していければ 人気化するかもしれません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。