ハンモック(173A):IPO上場情報と初値予想


ハンモックは、「IT資産管理・セキュリティ対策」「営業支援・名刺管理」「AIによる文字認識を活用したデータエントリー」に関する業務支援システムおよびクラウドサービスの開発、提供を行っている企業です。

事業内容

オンプレミス型、クラウド型の両方の提供形態があることなどから、顧客は民間企業から官公庁まで、また、事業規模も大手企業のみならず、中小企業まで幅広く導入されています。

ネットワークソリューション

企業のPC及びPCネットワーク等のIT資産管理、セキュリティ対策の面から統合的に管理するソフトウェアを「AssetView(アセットビュー)」シリーズとして開発・販売。売上高の64%を占めています。

AssetView

AssetViewで、IT資産管理、ソフトウェアライセンス管理、Windows Updateやアプリケーション配布、PC操作ログ管理、USB等のデバイス制御、ウイルス対策といった多彩な機能を統合的に管理することが可能です。

統合管理により業務効率化

クラウド型の解約率は0.35%(月次平均/2023年3月期)

設立は1994年4月
従業員数は221名、平均年齢は35.8歳、平均勤続年数は5.6年、平均年間給与は571.4万円(2024年1月末)


ハンモックのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、ハンモックの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

ハンモックの上場日

B
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:高い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2024/4/11(木) 証券コード 173A
市場 東証グロース 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス ハンモック(173A)
時価総額
89.8億円(公開価格で計算)
94.2億円(初値で計算)

ハンモックのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2024/3/27 (水) ~ 4/2 (火)

仮条件 1,940円~2,060円 (抽選資金:19.4万円 ~ 20.6万円)
当選口数 15,260口
発行済株式数 4,360,000株 オファリングレシオ 35%
公募株数 50,000株 売出株数 1,277,000株
吸収金額 31.4億円 O.A分 199,000株
仮条件決定日 3/26 (火) 公開価格決定日 4/3 (水)
購入期間 4/4 (木) ~ 4/9 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

ハンモックの公開価格と初値

仮条件 1,940円~2,060円
公開価格 2,060円 初値 2,160円
騰落率 4.85%  倍率  1.05倍
初値売り損益 10,000円(2,160円 - 2,060円)× 100株

※予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

ハンモックの初値予想と予想利益

ハンモックの初値予想と予想利益です。予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

仮条件と初値予想

仮条件 1,940円 ~ 2,060円 ※抽選資金:19.4万円 ~ 20.6万円
初値予想 2,270円 ~ 2,670円※3/26 修正
(1.1倍~1.3倍)
予想利益 2.1万円~6.1万円

想定価格と初値予想

想定価格 2,060円あたり ※抽選資金:20.6万円あたり
初値予想 2,370円 ~ 2,890円 (1.2倍~1.4倍)
予想利益 3.1万円~8.3万円
送信中...

初値予想アンケート

ハンモック(173A)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

公開価格(2,060円)を基準価格に修正しています。

有効回答:436   投票期限:2024/4/10 (水) 23:59まで
3倍以上(6,180円以上)
67票  15%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(5,150円以上~6,180円未満)
14票  3%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(4,120円以上~5,150円未満)
46票  11%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(3,090円以上~4,120円未満)
163票  37%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(2,472円以上~3,090円未満)
28票  6%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(2,060円以上~2,472円未満)
36票  8%
投票済み

公募割れ(2,060円未満)
82票  19%
投票済み

ハンモックの主幹事と幹事証券

ハンモックのIPOを取り扱っている証券会社です。

ハンモックの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
SMBC日興証券
93.50% 1,426,800株 1,426口
野村證券 2.61% 39,800株 39口
みずほ証券 0.87% 13,200株 13口
SBI証券 0.65% 9,900株 59口
岡三証券 0.43% 6,600株 6口
岩井コスモ証券 0.43% 6,600株 6口
東海東京証券 0.43% 6,600株 6口
丸三証券 0.43% 6,600株 0口
あかつき証券 0.43% 6,600株 0口
松井証券 0.22% 3,300株 23口

委託幹事である岡三オンラインSBIネオトレード証券は、委託数が公表されていません。

現金7,500円+2,000ポイントがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


ハンモックの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2023年3月 2022年3月 2021年3月
売上高 3,993,779 3,647,094 3,130,866
経常利益 504,002 409,138 -424,242
当期利益 417,136 931,565 -323,750
純資産 1,505,818 1,222,679 195,444
配当金 18.00 35.00 13,896.76
EPS 100.91 247.69 -927,651.05
BPS 362.32 296.05 576,531.02
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

ハンモックのPERとPBR

公開価格(2,060円)で算出したPERとPBRです。

決算月 PER PBR EPS BPS
2022年3月
(実績)
8.32倍 6.96倍 247.69 296.05
2023年3月
(実績)
20.41倍 5.69倍 100.91 362.32

ハンモックの配当金と配当利回り

公開価格(2,060円)と配当金で算出した配当利回りです。

決算月 1株あたり
の配当金
配当利回り 配当性向
2022年3月
(実績)
35円 1.7% 14.1%
2023年3月
(実績)
18円 0.87% 17.8%

上位株主とロックアップ情報

ハンモックの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
若山 大典 代表取締役社長 1,900,000
44.39%
409,500 180日
若山 正美 取締役 1,080,000
25.23%
512,900 180日
若山 悠 血族 510,000
11.91%
150,900 180日
高野 紀子 血族 450,000
10.51%
182,100 180日
若山 知子 代表取締役の配偶者 140,000
3.27%
21,600 180日
水元 敬也 50,000
1.17%
- 180日
ハンモック従業員持株会 26,033
0.61%
-
冨來 美穂子 取締役 8,620
0.20%
(8,620)
- 180日
米野 雅士 従業員 5,172
0.12%
(5,172)
- 180日
通事 大作 従業員 5,172
0.12%
(5,172)
- 180日
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
  • 180日のロックアップ期間は、2024年10月7日まで
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

ハンモックと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:グロース」かつ「業種:情報・通信業」の直近のIPO結果です。

  • 2024/03/28 情報戦略テクノロジー
    初値売り損益:56,100円
    騰落率:121.96%、倍率:2.22倍
  • 2024/03/28 カウリス
    初値売り損益:134,500円
    騰落率:87.91%、倍率:1.88倍
  • 2024/03/27 シンカ
    初値売り損益:35,100円
    騰落率:26.59%、倍率:1.27倍
  • 2024/03/26 ハッチ・ワーク
    初値売り損益:65,500円
    騰落率:30.32%、倍率:1.30倍
  • 2024/03/26 ソラコム
    初値売り損益:69,300円
    騰落率:79.66%、倍率:1.80倍

上場日の初値決定前の気配運用

ハンモック(173A)の初値決定前の気配運用です。

公開価格 上限価格 下限価格
2,060円
4,740円
(上場1日目)
1,545円
  • 上限価格:
    更新値幅 103円、更新時間 10分
  • 下限価格:
    通常の更新値幅、更新時間 3分
  • 初値の上限価格:4,810円

引受価額は1,895.20円。幹事証券の引受価額は、公募割れ時の目安に(誠意買いとは?

★初値決定前の気配運用(更新値幅 103円、更新時間10分)

時間 株価 倍率
9:00 2,060円 1.00倍
9:10 2,163円 1.05倍
9:20 2,266円 1.10倍
9:30 2,369円 1.15倍
9:40 2,472円 1.20倍
9:50 2,575円 1.25倍
10:00 2,678円 1.30倍
10:10 2,781円 1.35倍
10:20 2,884円 1.40倍
10:30 2,987円 1.45倍
10:40 3,090円 1.50倍
10:50 3,195円 1.55倍
11:00 3,300円 1.60倍
11:10 3,405円 1.65倍
11:20 3,510円 1.70倍
11:30 3,510円 1.70倍

時間 株価 倍率
12:30 3,615円 1.75倍
12:40 3,720円 1.81倍
12:50 3,825円 1.86倍
13:00 3,930円 1.91倍
13:10 4,035円 1.96倍
13:20 4,140円 2.01倍
13:30 4,245円 2.06倍
13:40 4,350円 2.11倍
13:50 4,455円 2.16倍
14:00 4,560円 2.21倍
14:10 4,665円 2.26倍
14:20 4,740円 2.30倍
14:30 4,740円 2.30倍
14:40 4,740円 2.30倍
14:50 4,740円 2.30倍
15:00 4,740円 2.30倍

売買の価格のバランスがとれ需給が合致する値段に気配が近づいた場合、通常の更新値幅と更新時間(3分)で気配更新します。

価格 制限値幅 更新値幅
200円以上~500円未満 80円 8円
500円以上~700円未満 100円 10円
700円以上~1,000円未満 150円 15円
1,000円以上~1,500円未満 300円 30円
1,500円以上~2,000円未満 400円 40円
2,000円以上~3,000円未満 500円 50円
3,000円以上~5,000円未満 700円 70円
5,000円以上~7,000円未満 1,000円 100円
7,000円以上~10,000円未満 1,500円 150円
10,000円以上~15,000円未満 3,000円 300円
15,000円以上~20,000円未満 4,000円 400円

初値を基にした価格で制限値幅(ストップ高/ストップ安)が決まります。

(例)初値が1,200円の場合、制限値幅は300円に。上場日のストップ高は1,500円、ストップ安は900円

ハンモックのIPO分析

前期の配当金は二期前と比較して減少。(前期は二期前と比較して増収減益)
ただし配当性向は14.1%→17.8%と上がっており、株主還元は気にしているのかも。

売上高の推移をみても成長企業というよりは安定企業のイメージがあり、株主還元にチカラをいれるのは自然っぽい。

決算期は3月。今期(2024年3月期)の業績予想を見たかったですけど、上場直前なので難しいのかな?
配当金は18円。前期実績と想定価格で算出した配当利回りは0.87%。PERは20.4倍、PBRは5.69倍(PERとPBR

同族経営の場合、女性の方が売出数が多くなりやすい(堅実)と思っているのですが、今回も当てはまりそうです。
それにしても合計売出数の多いこと・・・。

公募株(企業に資金が入る)は最低の5万株。売出株(既存株主に資金が入る)が127.7万株!(OAもあり)
手取金の使途は、人材関連費用と製品開発費用に充当する予定。

継続的に収益を得るリカーリング型ビジネスへのモデル移行による成長性を示したグラフ。
流石に手抜き感あるんですが・・こんなに伸びます?
創業家の売出株は流動性確保のためかもしれませんが、この前提なら売りだしたくないんじゃないかと。

ビジネスモデル移行による利益率の向上

事業内容はIPOで人気がでそう。一方で、創業者一族の売出株が多いのは印象悪い。

ビジネスモデルの移行がグラフ通りにいかなくとも、順調に進めば売上高は頭打ちでも利益率は改善されそう。

初値予想がとても難しいですが、IPO市況も好調なので中立のB評価にしておきたいと思います。
IPO市況が悪化した際は一つ下に評価を下げる予定です。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • IPOで人気のあるIT関連企業
  • 業績は安定的(決算情報
  • IPO市況が活況
  • 顧客層が幅広い
  • オファリングレシオが35%と高いIPOデータ
  • 市場からの吸収金額が31.4億円とやや大きいIPOデータ
  • 同業他社が多い
  • 売出比率が96.2%と高い
  • 上位株主は役員関連。売り圧力が低い
  • 想定価格と前期実績で計算したPERは20.4倍、PBRは5.69倍(PERとPBR
  • 前期の配当金は18円。想定価格で算出した配当利回りは0.87%
  • 決算直前のIPOはチョット怖い

3.26追記。仮条件が1,940円 ~ 2,060円に決定。(想定価格の2,060円が上限でやや弱気)
初値予想を2,270円 ~ 2,670円に修正。予想利益は2.1万円~6.1万円です。

目論見書の想定仮条件は2,060円。初値予想は2,370円 ~ 2,890円としました。
予想利益は3.1万円~8.3万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券です。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

また、資金力に左右されない平等抽選を採用していますので当選確率は一緒です。
カブスルは24回 IPOに当選。

落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに57回当選しています(全当選数の39.0%)

松井証券岡三オンライン岡三証券みずほ証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選後に購入資金を入金すれば良いので気軽に参加できます。

特に松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています(5割目標)

抽選資金に余裕があれば、岩井コスモ証券でも参加しておきたいです。

ブックビルディングの参加スタンスは Twitterにて発信しています。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画現金やポイントがもらえる!

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる!
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる!
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+ネット銀行の入金で2,000ポイントがもらえる!
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる!

ハンモックのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、ハンモックの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

現金7,500円+2,000ポイントがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
※氏名、電話番号等、個人の特定できる情報の記入はご遠慮ください。

返答が必要なご質問はIPO質問集をご確認の上、お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。