レナサイエンス(4889):IPO上場情報と初値予想

レナサイエンス

レナサイエンスは、老化関連疾患(がん・糖尿病・呼吸器疾患・循環器疾患)、女性・小児の疾患、新型コロナウイルス感染症など、医学的あるいは社会的にも重要な課題を解決すべく、研究開発や事業に取り組んで企業です。

新型コロナウイルス肺炎治療薬(内服薬)を開発中で、第一三共とオプション契約を締結。

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


レナサイエンスの上場日

B
  • 業績:不安
  • 公募多い

上場日 2021/9/24 (金) 証券コード 4889
市場 東証マザーズ 業種 医薬品
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
レナサイエンス(4889)
時価総額
8,220百万円(公開価格で計算)

レナサイエンスのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2021/9/7 (火) ~ 9/13 (月)

仮条件 630円~670円 (抽選資金:6.3万円 ~ 6.7万円)
当選口数 33,941口
発行済株式数 12,269,000株 オファリングレシオ 27.6%
公募株数 2,240,000株 売出株数 711,400株
吸収金額 22.7億円 O.A分 442,700株
仮条件決定日 9/6 (月) 公開価格決定日 9/14 (火)
購入期間 9/15 (水) ~ 9/21 (火)
備考

【8.18追記】公募は、国内1,529,300株、海外710,700株。売出は、国内485,700株、海外225,700株。

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

レナサイエンスの公開価格と初値

仮条件 630円~670円
公開価格 670円 初値 (初値予想)700円 ~ 980円
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)3,000円~31,000円

レナサイエンスの初値予想と予想利益

レナサイエンスの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件

630円 ~ 670円 ※抽選資金:6.3万円 ~ 6.7万円
上限は6.3%上ブレ↑

初値予想 700円 ~ 980円
(1.0倍~1.5倍)
予想利益 3,000円~3.1万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 630円あたり ※抽選資金:6.3万円あたり
初値予想 700円 ~ 980円 (1.1倍~1.6倍)
予想利益 7,000円~3.5万円
送信中...

初値予想アンケート

レナサイエンス(4889)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(630円)を基準価格としています。

有効回答:352   投票期限:2021/9/23 (木) 23:59まで
3倍以上(1,890円以上)
116票  33%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(1,575円以上~1,890円未満)
20票  6%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(1,260円以上~1,575円未満)
43票  12%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(945円以上~1,260円未満)
95票  27%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(756円以上~945円未満)
42票  12%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(630円以上~756円未満)
14票  4%
投票済み

公募割れ(630円未満)
22票  6%
投票済み

レナサイエンスの主幹事と幹事証券

レナサイエンスのIPOを取り扱っている証券会社です。

レナサイエンスの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SMBC日興証券
74.79% 2,538,300株 2,538口※
大和証券 13.04% 442,700株 442口※
SBI証券 8.69% 295,100株 1,770口※
丸三証券 0.87% 29,500株 29口※
東洋証券 0.87% 29,500株 29口※
いちよし証券 0.87% 29,500株 2口※
極東証券 0.87% 29,500株 0口※

CONNECTのネット抽選分は、44口あたりが想定されます。大和証券の約1%

※海外売出し936,400株分が含まれているので、実際のネット抽選分は数値より低いです。

【9.14修正】売出分の割当数が発表されたので、表を修正しました。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


レナサイエンスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年3月 2020年3月 2019年3月
売上高 209,802 72,014
経常利益 -90,728 -183,802 -150,515
当期利益 -100,054 -184,095 -150,944
純資産 561,533 621,587 805,682
配当金
EPS -10.19 -18.75 -4,682.64
BPS 57.01 63.30 24,616.03
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

レナサイエンスの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロックアップ
宮田敏男 取締役 3,420,000株
34.05%
500,000株 180日間
大和日台バイオベンチャー 投資事業有限責任組合 VC 2,341,200株
23.31%
- 90日間/1.5倍
宮田あや 1,200,000株
11.95%
- 180日間
宮田萌美 1,050,000株
10.45%
- 180日間
加藤敬子 600,000株
5.97%
154,300株 180日間
宮田光世 480,000株
4.78%
57,100株 180日間
THVP-1号投資事業有限責任組合 VC 360,000株
3.58%
- 90日間/1.5倍
SMBC社会課題解決投資事業有限責 任組合 VC 150,000株
1.49%
- 継続保有 180日間
KSP5号投資事業有限責任組合 VC 120,000株
1.19%
- 90日間/1.5倍
宮田一慶 120,000株
1.19%
- 180日間
公開価格は670円。ロックアップ解除となる株価(1.5倍)は、1,005円です。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

レナサイエンスと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:医薬品」のIPO結果です。

上場日の初値決定前の気配運用

レナサイエンス(4889)の上場日の初値決定前の気配運用です。

公開価格 上限価格 下限価格
670円
1,541円
(上場1日目)
503円
  • 上限価格:更新値幅 34円、更新時間 10分。
  • 下限価格:通常の更新値幅、更新時間 3分。

引受価額は616.40円になります。
幹事証券の引受価額は、公募割れ時の目安になります。

上場日の制限値幅(ストップ高)は、初値を基にした価格となります。

IPOのポイント

東北大学発スタートアップのバイオベンチャー。

大学など研究機関等との共同研究を通して自社シーズの医療応用の可能性を広げ、多くの診療科や医療機関と医師主導治験を実施することで、多くのモダリティにわたる革新的な医療シーズの橋渡しを具現化できるベンチャー企業です。

ビジネスモデル

同社は、新型コロナウイルスの肺炎治療薬(内服薬)を開発・治験中で、注目度が高くなりそうです。

バイオベンチャー企業は研究開発により赤字体質であり、IPOでは人気がありませんでしたが、直近の類似IPOの結果をみると、悪くない初値をつけています。

公募株・売出株ともに海外販売ありで、どの程度海外への需要があるのかも注目されそう。

新型コロナウイルスの肺炎治療薬のインパクトが強いですが、医師と医療機関、AI技術を有するITベンダー、出口の製薬・ヘルステック企業間を結ぶハブとなりえる、AI医療ソリューションの分野も面白そうです。

AI医療ソリューション

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • 社会定義が高い事業内容。
  • バイオベンチャーはIPOで不人気だが、直近の類似IPOの結果は良好。
  • 購入単価が低いIPOが好調。抽選資金による実績
  • グローバルオファリング(海外販売)あり。
  • 業績は赤字。(研究開発の先行投資)
  • 成長をイメージしにくい事業内容。
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多く、公開価格の1.5倍でロックアップ解除(売り圧力)。その他は役員などの親族。
  • 新型コロナウイルス肺炎治療薬が治験中。
  • 従業員は5名。
  • 株式市場がやや不安定。(調整あるかも)

9.6追記。仮条件が想定発行価格(630円)より6.3%の上振れ決定(630円 ~ 670円)しましたが、最近の相場の軟調ぶりを受け初値予想は変更せず。予想利益は3,000円~3.1万円です。

目論見書の想定仮条件は630円。初値予想は700円 ~ 980円としました。
予想利益は7,000円~3.5万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加しますが、バイオベンチャーは市況によっては公募割れのリスクもあります。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券です。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

また、資金力に左右されない平等抽選を採用していますので当選確率は一緒です。
カブスルは18回 IPOに当選。

他に、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに45回当選しています。(全当選数の47.9%)

追加の委託幹事として、CONNECTが決まりました。(委託幹事は気づかれないことが多い)
CONNECTは、IPOの取り扱いが2020年12月で認知度がまだ低く、狙い目です!(カブスルは1回当選)

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

企業紹介

レナサイエンスは、老化関連疾患(がん・糖尿病・呼吸器疾患・循環器疾患)、女性・小児の疾患、新型コロナウイルス感染症など、医学的あるいは社会的にも重要な課題を解決すべく、研究開発や事業に取り組んでる企業です。

プラットフォーム形成
(Webサイトより)

世界保健機関(WHO)では、高齢化や生活習慣に伴う重要な疾患を「非感染性疾患(NCDs)」として位置付け、がん・糖尿病・呼吸器疾患・循環器疾患が対象となっています。

同社の開発品目は、このNCDs4疾患を全て対象としており、先進国のみならず新興国でも重要な医薬品を開発。

パイプライン情報
(Webサイトより)

新型コロナウイルス肺炎治療薬

新型コロナウイルス肺炎治療薬(内服薬)を開発中で、第一三共とオプション契約を締結しています。
(2020年10月に前期第II相医師主導治験を国内で開始。2021年3月末に前期第II相試験を終了)

新型コロナウイルス肺炎治療薬
(Webサイトより)

国内の治験と並行して、米国、トルコ共和国でも同薬剤を用いて医師主導治験(第Ⅱ相試験)を実施しています。

COVID-19による肺炎患者。自宅待機時の悪化を防ぎ、入院患者の重症化を予防し、そして後遺症を減らす治療薬が必要。

設立は2000年2月。
従業員数は2021年7月末で5名、平均年齢は36.2歳、平均勤続年数は2.3年、平均年間給与は634.8万円。

レナサイエンスの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。