「オプティム」の紹介

オプティム

オプティム」は、スマートフォンなどのソフトウェアを開発している企業です。

ライセンス販売・保守サポートサービス(オプティマル)事業の単一セグメント、クラウドデバイスマネジメントサービス、リモートマネジメントサービス、サポートサービス及びその他サービスの区分でサービスを提供。

主な主要製品は下記になります。

  • Optimal Biz
    パソコンの遠隔一括設定や資産管理、セキュリティー、幅広い業務をまとめて支援
  • Optimal Remote
    端末の遠隔メンテナンスとして用いればオンサイト作業が不要
  • Optimal Guard
    不正に遠隔操作されている状況を検知し遠隔操作を行っているファイルを停止、削除することが可能に
  • Optimal Gadget Youth
    スマートフォンを持つお子さまと、保護者の方をサポート

「Optimal Biz for Mobile」は、2年連続で国内SaaS型MDM市場シェアNo.1を達成しています。

主要取引先はNTTグループなど。


「オプティム」のIPO情報

A
  • 業績:好調
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 売出比率:高い
  • ロックアップ:あり
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

Yahoo!
ファイナンス
オプティム
上場日 2014/10/22 (水) 証券コード 3694
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信
Webサイト Webサイト 単元株 100株

「オプティム」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2014/10/6 (月) ~ 2014/10/10 (金)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 3,700円~4,000円 (抽選資金:37万円 ~ 40万円)
当選口数 2,299口
公募株数 89,500株 売出株数 140,400株
吸収金額 10.5億円 O.A分 34,400株
備考 90日間のロックアップ(解除条件:公募比1.5倍)

各用語の説明はこちらで行っています。※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

「オプティム」の公募価格と初値

公募価格 4,000円 初値 14,400円
騰落率 260.00%  倍率  3.60倍
初値売りでの損益 1,040,000円(14,400円 - 4,000円)× 100株

(参考)オプティムの「想定仮条件」と「想定利益」

「オプティム」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
(委託含む)

備考

当選口数は2,299口。
人気化しそうなIPO株の割には、当選口数が少なくなりそうです。

資金が限られている方は「公平抽選」の 「マネックス証券」や「SMBC日興証券」にてIPO当選を狙いたいところです。

また、「SBI証券」は資金がある方が有利ですが、抽選に外れても「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

当選口数が少なく、公募割れリスクも低いと想定されますので積極的に応募していきましょう。

「オプティム」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2012年3月 2013年3月 2014年3月
売上高 1,301,608 1,434,167 1,709,896
経常利益 80,300 98,263 113,148
当期利益 37,328 43,840 50,089
純資産 571,380 615,220 665,310
配当金(単位/円)
EPS(単位/円) 49.93 29.32 33.50
BPS(単位/円) 764.29 411.46 444.96

直近の類似IPOの上場結果

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信」のIPO結果です。

  • 2014/10/21 上場GMO リサーチ… 初値売りによる損益:280,000円(騰落率:133.33%、倍率:2.33倍)
  • 2014/09/30 上場FFRI… 初値売りによる損益:256,000円(騰落率:176.55%、倍率:2.77倍)
  • 2014/09/18 上場リアルワールド… 初値売りによる損益:197,500円(騰落率:78.06%、倍率:1.78倍)
  • 2014/09/17 上場ロックオン… 初値売りによる損益:370,000円(騰落率:284.62%、倍率:3.85倍)
  • 2014/07/15 上場イグニス… 初値売りによる損益:650,000円(騰落率:342.11%、倍率:4.42倍)

管理人のコメントby オプティム

上場前

IPOで人気のあるIT関連企業、中でも「クラウド関連」は最も人気があります。

クラウドによる業務管理・メンテナンス業務は、手間とコストをカットできるのが魅力です。
今後ますます伸びていく分野であり、業績も右肩上がりです。

さらに、当選口数が少なく、市場からの調達金額が 10.6億円程度そこそこの小型案件である事から 初値にも期待が出来そうです。

IT関連の業種はIPO銘柄で人気が高いです。

IPOの騰落率は人気に左右されますので、人気があるかどうかはとっても大事な要素になります。
大手の初値予想待ちですが、市場注目度は高くなるんじゃないでしょうか。

上場後

上場日の10/22に初値はつかず、20万100株の買い越しにて初日を終えました。
翌日の前場に14,400円の初値をつけました。騰落率:260%、倍率は3.6倍になります。

初値で売却した場合、利益額は104万円になります。

当選口数が少なく、IPO株で人気のあるクラウド関連事業という事で注目&買いを集めました。

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


「オプティム」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書等でご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ