GA technologies(3491):IPO上場情報

GA technologies

GA technologies「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を。」という経営理念を掲げ、中古不動産に特化した流通プラットフォームであるRenosy(リノシー)の運営を通じた事業展開を行っている企業です。

Renosy(リノシー)の特徴。

  • 中古不動産のマッチング・ポータルサイトを通じた中古不動産の売買 及び仲介
  • 賃貸物件の契約、集金代行等の管理業務
  • リノベーションの企画・設計・施工管理
  • 会員向け情報提供・資産管理アプリの開発・運営

「Renosy」事業では、中古不動産を自社にて仕入れ、それらを一定期間内に販売することによる売買収入や不動産の売買に係る仲介収入、販売後の物件の集金代行等による手数料収入を得ています。
リノベーションに関しては自社にて中古不動産の仕入れは行わず、顧客の保有物件に対して企画・設計・施工管理を請負っています。

同社が手掛ける「Renosy」事業の特徴としてAI(人工知能)」や「RPA」の活用による高効率かつ科学的な業務運営が挙げられます。

同社は、アプリやウェブ・ポータル、インターネット広告、接客面談等のさまざまな顧客接点を通じて得られるデータを自社開発システム「Tech Series」に集約し活用することで、不動産売買に係る一連の業務を自動化・効率化しております。

IT活用が最も遅れている市場のひとつと言われる不動産市場において、今後はIT活用が必須となる、あるいはIT活用が競争上の大きな優位性を持ち得る状況となることが予想されます。

同社は、こうした大きなパラダイムシフトがまさに起こりつつある巨大な中古不動産流通市場において事業展開しています。

ワンポイント

SBI証券」主幹事らしく、不動産事業でありながらITを駆使した事業モデルです。

特に 「AI(人工知能)」や「RPA」はIPOで人気のあるテーマとなっています。
評価は高くなることが予想されます。

設立は平成25年3月です。
従業員数は平成30年5月末で164名、平均年齢は29.3歳、平均勤続年数は1.7年、平均年間給与は約536.6万円です。


GA technologiesの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

GA technologiesの上場日

S
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:低い
  • 公募多い

上場日 2018/7/25 (水) 証券コード 3491
市場 東証マザーズ 業種 不動産業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
GA technologies(3491)
時価総額 24,572百万円(初値で計算)

GA technologiesのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2018/7/6 (金) ~ 7/12 (木)

仮条件 2,310円~2,510円 (抽選資金:23.1万円 ~ 25.1万円)
当選口数 6,000口
発行済株式数 4,251,380株 オファリングレシオ 14.1%
公募株数 600,000株 売出株数 0株
吸収金額 15億円 O.A分 0株
仮条件決定日 7/4 (水) 公募価格決定日 7/13 (金)
購入期間 7/18 (水) ~ 7/23 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

GA technologiesの公募価格と初値

仮条件 2,310円~2,510円
公募価格 2,510円 初値 5,780円
騰落率 130.28%  倍率  2.30倍
初値売り損益 327,000円(5,780円 - 2,510円)× 100株

GA technologiesの初値予想と予想利益

GA technologiesの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

2,310円 ~ 2,510円 ※抽選資金:23.1万円 ~ 25.1万円
上限は7.7%上ブレ↑

初値予想 4,800円 ~ 5,500円※7/12 修正
(1.9倍~2.2倍)
予想利益 22.9万円~29.9万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,130円 ~ 2,330円 ※抽選資金:21.3万円 ~ 23.3万円
初値予想 4,700円 ~ 5,400円 (2.0倍~2.3倍)
予想利益 23.7万円~30.7万円

GA technologiesの主幹事と幹事証券

GA technologiesのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事はIT系(ネットサービス系)の主幹事を務める事が多い「SBI証券になります。
IPOの割当数(当選口数)も主幹事が一番多いです。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

現在、現金3,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


GA technologiesの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年10月 2016年10月 2015年10月
売上高 9,557,609 5,373,624 3,186,950
経常利益 336,265 -102,099 103,763
当期利益 258,828 -133,277 43,379
純資産 998,344 722,839 297,022
配当金
EPS 77.35 -41.38 220.55
BPS 97.48 4.53 357.44
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

GA technologiesと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:不動産業」のIPO結果です。

IPOのポイント

IPOにおいて不動産事業は人気のある事業ではありませんが、「AI(人工知能)」や「RPA」を活用し、不動産売買に係る一連の業務を自動化・効率化しています。

  • 価格・家賃推定モジュール
    物件や地域の属性、取引履歴、金利などの時系列データに対し、ヘドニックアプローチに基づいた回帰分析を行うことで過去から現在までの価格・家賃を推定。購入者の意思決定を支援。
  • 物件レコメンドモジュール
    同社エージェントの検索操作履歴に対してランキング学習を行い、エージェントが顧客への提案に用いる傾向の高い物件を上位に表示。検索の効率化と提案品質のばらつきを低減。
  • 自動読取・画像解析モジュール
    OCRを活用した不動産広告の文字情報自動読取りや、CNNを用いた物件写真・間取り図の良し悪しの自動判定などを行うことで、さまざまな角度から物件情報をデジタル化。
  • 優良物件スクリーニング モジュール
    同社の過去の取引履歴を含む大量のデータを入力情報として、Semi-supervised learningを用いた学習を行うことで、比較的早期に取引が成立する蓋然性の高い物件のスクリーニングを実現。仕入れ業務の効率化や品質のばらつき低減に寄与。

あらゆるものがネットワークにつながり、それを通じて収集・蓄積されるデータがリアルタイムで解析され、結果としてこれまでに無かった新しいサービスやビジネスが出現する時代が本格到来しつつある中、政府は平成28年に発表した「名目GDP600兆円に向けた成長戦略」において、IoT・AI・ビッグデータ等の活用を通じた第4次産業革命の実現で30兆円の付加価値創出を目指すことを示しています。

そのような大きな時代の転換点にあって、平成28年の我が国の住宅市場は、96.7万戸の新規住宅着工戸数(国土交通省「平成29年版 住宅着工統計」)に対して中古住宅の成約件数は17.9万戸(不動産流通推進センター「指定流通機構の活用状況について」)と、新築に大きく偏った市場構造となっていることが知られています。

一方で、少子高齢化、人口飽和、核家族化、所得の伸び悩み、都市部への人口集中等、さまざまな社会構造的要因により、中古住宅の有効活用が果たす役割が今後より一層大きくなることが期待されています。

参考までに

2018.7.12 追記。仮条件の決定に伴い、想定の初値予想は「4,800円 ~ 5,500円」に修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると29.9万円の利益になりそうです。

2018.6.25 追記。評価は 最も高い「S」となりました。

2018.7.6 追記。仮条件の決定に伴い、想定の初値予想は「4,400円 ~ 5,100円」に修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると25.9万円の利益になりそうです。

想定の仮条件は「2,130円 ~ 2,330円」。想定の初値予想は「4,700円 ~ 5,400円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると30.7万円の利益になりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

ワンポイント

主幹事証券はIT系の主幹事を務める事が多い「SBI証券」です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選口数も多くなります。
また、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

管理人は過去に10度 IPOに当選をしております。(IPO実績)

GA technologiesに関するつぶやき


落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。