ティーケーピー(3479):IPO上場情報

ティーケーピー

ティーケーピー」は ホテル宴会場・貸会議室・研修施設等を運営している企業です。

貸会議室としての知名度はやや高いと思いますが、IPOとしては市場からの調達金額も東証マザーズ市場としては約34億円と大きく人気化しづらい点があります。
仮条件が5,890円あたりの値がさ株(株価が高い)ですので、初値が上昇にしても下落にしても損益の幅は大きくなります。


ティーケーピーのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

ティーケーピーの上場日

C
  • IPO人気:なし
  • オファリングレシオ:低い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2017/3/27 (月) 証券コード 3479
市場 東証マザーズ 業種 不動産業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス ティーケーピー(3479)

ティーケーピーのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2017/3/8 (水) ~ 3/14 (火)

仮条件 5,890円~6,060円 (抽選資金:58.9万円 ~ 60.6万円)
当選口数 5,855口
公募株数 310,000株 売出株数 199,200株
吸収金額 35.4億円 O.A分 76,300株
仮条件決定日 3/7 (火) 公開価格決定日 3/15 (水)
購入期間 3/16 (木) ~ 3/22 (水)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

ティーケーピーの公開価格と初値

仮条件 5,890円~6,060円
公開価格 6,060円 初値 10,560円
騰落率 74.26%  倍率  1.74倍
初値売り損益 450,000円(10,560円 - 6,060円)× 100株

ティーケーピーの初値予想と予想利益

ティーケーピーの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 5,890円 ~ 6,060円 ※抽選資金:58.9万円 ~ 60.6万円
上限は1.2%上ブレ↑
初値予想 6,900円 ~ 7,500円※3/19 修正
(1.1倍~1.2倍)
予想利益 8.4万円~14.4万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 5,790円 ~ 5,990円 ※抽選資金:57.9万円 ~ 59.9万円
初値予想 6,000円 ~ 7,000円 (1.0倍~1.2倍)
予想利益 1,000円~10.1万円

ティーケーピーの主幹事と幹事証券

ティーケーピーのIPOを取り扱っている証券会社です。

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


ティーケーピーの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年2月 2015年2月 2014年2月
売上高 16,761 13,061 10,877
経常利益 1,948 861 1,241
当期利益 615 5 198
純資産 2,684 2,100 2,094
配当金
EPS 144.03 1.27 4,647.41
BPS 628.35 491.70 49,043.55
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年2月 2015年2月
売上高 17,941 14,162
経常利益 1,848 710
当期利益 935 339
純資産 3,100 2,198
EPS 218.99 79.41
BPS 722.08 512.56
※EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

ティーケーピーと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:不動産業」の直近のIPO結果です。

  • 2016/12/22 フォーライフ
    初値売り損益:99,500円
    騰落率:43.64%、倍率:1.44倍
  • 2016/09/30 G-FACTORY
    初値売り損益:176,000円
    騰落率:54.32%、倍率:1.54倍
  • 2015/08/11 パルマ
    初値売り損益:95,200円
    騰落率:70.52%、倍率:1.71倍
  • 2015/03/25 ハウスドゥ
    初値売り損益:170,000円
    騰落率:47.22%、倍率:1.47倍
  • 2015/02/18 ファーストブラザーズ
    初値売り損益:5,000円
    騰落率:2.45%、倍率:1.02倍

IPOのポイント

業績は好調ですが、市場からの調達金額が大きい点が懸念事項としてあります。

2017.3.19 追記。
IPO市況の活況ぶりを受け、初値予想は「6,900円 ~ 7,500円」へ上方修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると14.4万円の利益になりそうです。

2017.3.13 追記。
仮条件は「5,890円~6,060円」。
想定の初値予想は「6,400円 ~ 7,000円」となり、やや上方修正された予想となりました。

2017.2.26追記。評価は やや低い「C」となりました。
想定の仮条件は「5,790円 ~ 5,990円」。想定の初値予想は「6,000円 ~ 7,000円」となりました。

値がさ株(株価が高い)ですので、初値が上昇にしても下落にしても損益の幅は大きくなります。

公募割れのリスクもややありますので、ブックビルディングの参加は慎重にいきたいところです。

「SBI証券」は、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。
公募割れのリスクもありますので、「IPOチャレンジポイント」狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

上場後の補足

IPOとしては人気がある部類ではありませんでしたが、最近のIPOの活況ぶりを受け、初値予想 6,900円 ~ 7,500円を大きく超える初値がつきました。

公開価格6,060円に対して初値は10,560円。騰落率は74.26%(約1.7倍)

初値売りによる利益額は45万円になりました (  ̄∇ ̄)

騰落率では今年 12番目ですが、初値売りによる利益額では今年No2の金額になっています。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。