グッドスピード(7676):IPO上場情報

グッドスピード

グッドスピードは、SUVを中心とした自動車販売およびその附帯業務(買取、整備及び鈑金、保険代理店、レンタカー事業)を行っている企業です。

自動車販売関連の販売高が96.2%を占めており、付随業務は3.8%となっています。(第16期事業年度)

創業以来SUV・4WD専門の中古車販売店、および輸入中古車販売店として蓄積してきたブランドイメージを武器として、高年式、低走行の絞り込んだ車種に特化した専門店を展開しています。

中古車販売店は、SUV、ミニバン、輸入車のように、店舗ごとの取扱車種を絞り、各店舗に大型駐車場を用意し、常時1,500台以上の在庫車両を抱えてクルマ選びをサポートしています。

これにより、営業一人ひとりが豊富な専門知識を持つことができ、顧客が安心して購入できる豊富な提案を実現しています。

店舗展開はドミナント出店戦略を基本としており、特にSUVにおいては東海エリア最大級の在庫数と車種で豊富な品揃えを実現しています。

設立は平成14年8月です。
従業員数は平成31年2月末で277名、平均年齢は30.6歳、平均勤続年数は3.3年、平均年間給与は399.4万円です。


グッドスピードのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

グッドスピードの上場日

B
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • 割安感:割安
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2019/4/25 (木) 証券コード 7676
市場 東証マザーズ 業種 小売業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス グッドスピード(7676)
時価総額
2,030百万円(公開価格で計算)
2,537百万円(初値で計算)

グッドスピードのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/4/9 (火) ~ 4/15 (月)

仮条件 1,210円~1,400円 (抽選資金:12.1万円 ~ 14万円)
当選口数 6,325口
発行済株式数 1,450,000株 オファリングレシオ 43.6%
公募株数 550,000株 売出株数 0株
吸収金額 8.8億円 O.A分 82,500株
仮条件決定日 4/5 (金) 公開価格決定日 4/16 (火)
購入期間 4/17 (水) ~ 4/22 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

グッドスピードの公開価格と初値

仮条件 1,210円~1,400円
公開価格 1,400円 初値 1,750円
騰落率 25.00%  倍率  1.25倍
初値売り損益 35,000円(1,750円 - 1,400円)× 100株

グッドスピードの初値予想と予想利益

グッドスピードの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 1,210円 ~ 1,400円 ※抽選資金:12.1万円 ~ 14万円
上限は15.7%上ブレ↑
初値予想 1,650円 ~ 1,960円※4/9 修正
(1.2倍~1.4倍)
予想利益 2.5万円~5.6万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,210円あたり ※抽選資金:12.1万円あたり
初値予想 1,450円 ~ 1,650円 (1.2倍~1.4倍)
予想利益 2.4万円~4.4万円

グッドスピードの主幹事と幹事証券

グッドスピードのIPOを取り扱っている証券会社です。

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

東海東京証券が主幹事となっています。2019年は3社目の主幹事となります。

グッドスピードの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
東海東京証券
92.17% 583,000株 583口
大和証券 2.61% 16,500株 41口
SBI証券 1.74% 11,000株 76口
岩井コスモ証券 0.87% 5,500株 5口
丸三証券 0.87% 5,500株 5口
安藤証券 0.87% 5,500株 0口
エース証券 0.87% 5,500株 0口

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


グッドスピードの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2018年9月 2017年9月 2016年9月
売上高 22,751,642 20,253,310 15,993,190
経常利益 149,280 93,201 133,520
当期利益 91,281 76,888 -209,275
純資産 397,404 351,122 274,233
配当金 1,500.00 75,000.00
EPS 101.42 85.43 -348,791.86
BPS 441.56 390.14 457,056.12
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

グッドスピードと市場と業種が同じIPOの上場結果。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:小売業」のIPO結果です。

  • 2019/03/28 NATTY SWANKY初値売り損益:66,000円
    (騰落率:20.18%、倍率:1.20倍)
  • 2018/12/20 AmidA HD初値売り損益:9,200円
    (騰落率:6.30%、倍率:1.06倍)
  • 2018/10/19 ギフト初値売り損益:162,000円
    (騰落率:77.51%、倍率:1.78倍)
  • 2018/04/03 ブティックス初値売り損益:186,000円
    (騰落率:137.78%、倍率:2.38倍)
  • 2018/03/29 和心初値売り損益:285,500円
    (騰落率:167.94%、倍率:2.68倍)

IPOのポイント

東海エリア中心のドミナント出店戦略をしています。

主幹事証券はその関係か東海東京証券です。
2019年は早くも3社目の主幹事となっています。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 公開株がすべて公募株。
  • 市場からの調達金額が7.6億円と小さい。
  • 購入単価が低い(12万円)。
  • 売上高は右肩上がり、ただし経常利益は上下にブレている。
  • 同日に「トビラシステムズ」が上場。

4.9 追記。仮条件が想定の1,210円より上振れして決定(1,210円~1,400円)しました。
機関投資家からの買い需要が高いと思われます。
初値予想を1,650円 ~ 1,960円に修正し、予想利益は25,000円~56,000円としました。
市況が良ければさらに上値を追えそうです。

なお、平成最後のIPOとなりました。

目論見書の想定仮条件は1,210円。初値予想は1,450円 ~ 1,650円としました。
予想利益は24,000円~44,000円です。

特徴は特にありませんが、公募割れリスクは低くなりそうです。
幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いましょう。

参考までに、管理人は幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

わたしが住んでいる北海道では雪が多く、SUVや4WDの車種が人気あります。
東海地方は一体、どうなんでしょうか。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。