コプロ・ホールディングス(7059):IPO上場情報と初値予想

コプロ・ホールディングス

コプロ・ホールディングスは、建設業界を中心とした人材派遣事業を行っている企業です。全国13支店。

採用については、Web媒体に加え、建設・プラント業界に特化した、自社運営求人サイト「現キャリ」を運営し、全国の求人情報の掲載から就業、就業後の相談まで全サポートを行っています。

人材不足解決はIPOで人気のあるテーマですが、同社の調達金額は東証マザーズ市場としては33.6億円と非常に大きく、売出比率も高いIPOです。

このようなIPOは残念ながら市場からの人気が高くありません。

グループは同社と連結子会社1社により構成。

設立は平成18年10月です。
従業員数は平成30年12月末で37名、平均年齢は33.3歳、平均勤続年数は1.7年、平均年間給与は405.9万円です。


コプロ・ホールディングスの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

コプロ・ホールディングスの上場日

D
  • IPO人気:なし
  • 公開比率:高い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2019/3/19 (火) 証券コード 7059
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
コプロ・ホールディングス(7059)

コプロ・ホールディングスのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/3/4 (月) ~ 3/8 (金)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 2,050円~2,090円 (抽選資金:20.5万円 ~ 20.9万円)
当選口数 16,100口
公募株数 400,000株 売出株数 1,000,000株
吸収金額 33.6億円 O.A分 210,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPOに当選した場合、購入期間は証券会社により異なりますのでご注意を。

コプロ・ホールディングスの公募価格と初値

仮条件 2,050円~2,090円
公募価格 2,090円 初値 2,395円
騰落率 14.59%  倍率  1.15倍
初値売りでの損益 30,500円(2,395円 - 2,090円)× 100株

コプロ・ホールディングスの初値予想と予想利益

コプロ・ホールディングスの初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 2,050円 ~ 2,090円 ※抽選資金:20.5万円 ~ 20.9万円
初値の想定価格 2,090円 ~ 2,090円
想定条件での予想利益 0円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 2,090円あたり ※抽選資金:20.9万円あたり
初値の想定価格 2,090円 ~ 2,090円
想定条件での予想利益 0円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選で必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

コプロ・ホールディングスの主幹事と引受幹事

コプロ・ホールディングスのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
おすすめ のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

SBI証券は、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されます。
IPOチャレンジポイント狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

コプロ・ホールディングスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年3月 2017年3月 2018年3月
売上高 770,002 610,535 802,319
経常利益 197,558 231,920 37,624
当期利益 115,714 60,630 54,960
純資産 1,486,530 1,421,290 1,381,951
配当金 307,000.00 23.00 30.00
EPS 282,231.05 14.79 13.41
BPS 3,625,683.92 346.66 337.06
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年3月 2018年3月
売上高 7,701,130 8,962,680
経常利益 901,272 884,753
当期利益 541,338 608,197
純資産 2,190,136 2,704,034
EPS 132.03 148.34
BPS 534.18 659.52
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

コプロ・ホールディングスと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2019/02/28 フロンティアインターナショナル
    初値売りによる損益:30,500円
    (騰落率:12.66%、倍率:1.13倍)
  • 2019/02/22 識学
    初値売りによる損益:275,000円
    (騰落率:152.78%、倍率:2.53倍)
  • 2018/12/25 ベルトラ
    初値売りによる損益:13,000円
    (騰落率:33.85%、倍率:1.34倍)
  • 2018/12/21 ポート
    初値売りによる損益:-55,000円
    (騰落率:-37.16%、倍率:0.63倍)
  • 2018/12/21 テノHD
    初値売りによる損益:48,000円
    (騰落率:25%、倍率:1.25倍)

IPOのポイント

コプロ・ホールディングスのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

建設業界は人手不足。
資材も人件費も東北沖大震災以降、値上がりを続けているそうです。

人手不足を解消する事業は歓迎されますが、市場からの調達金額が33.6億円と大きい点はマイナスポイントです。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクが高い「D」に設定しました。

  • 人手不足を解消する事業はIPOで人気のあること。
  • 市場からの調達金額が33.6億円と非常に大きい。(参考:吸収金額による実績
  • 売出しが多いこと。
  • 3月のIPOラッシュによる投資家の資金枯渇。

3月はIPOラッシュが始まり、投資資金が分散されやすくなります。
評価が低くなるIPOは公募割れのリスクが高くなりますので、ブックビルディング参加は慎重にどうぞ。

ワンポイント

引受幹事証券であるSBI証券は、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されます。
公募割れのリスクもありますので、IPOチャレンジポイント狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

当サイト限定の「お得なタイアップ企画」を行っており、口座開設で現金 2,000円をもらえます。
口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

管理人もIPOチャレンジポイント狙いで100株だけ応募します。

コプロ・ホールディングスのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。