アイ・ピー・エス(IPS)[4390]:IPO上場情報と初値予想

IPO「アイ・ピー・エス(IPS)」(4390)

アイ・ピー・エス(IPS)

アイ・ピー・エスは フィリピンでのケーブルテレビ事業者向けの国際通信サービスの卸提供及び法人向けインターネット接続サービス(ISP)の提供、日本国内での主としてコールセンターを対象とした音声通信事業、在留外国人を対象とした人材紹介・人材派遣及び求人広告等の提供及びフィリピンでの眼科を中心としたクリニックの運営を行っている企業です。

  • 海外通信事業
    販売高:1,146,786千円(前年同期比 151.0%)
    フィリピンを主たる事業地域として、主に同国のケーブルテレビ事業者に海底ケーブルを用いた国際データ通信回線を提供。
  • 国内通信事業
    販売高:2,261,726千円(前年同期比 113.0%)
    日本国内で、電話サービスを中心とした通信サービスを提供するとともに、電話サービスの大口ユーザーでもあるコールセンター事業者向けに、コールセンターシステムを提供。
  • 在留フィリピン人関連事業
    販売高:377,770千円(前年同期比 77.9%)
    本邦における在留許可を有するフィリピン人を中心とした外国人向けに、フリーペーパー(Pinoy Gazette)の発行等を通じた情報提供を行うほか、人材派遣・紹介等を行う人材関連事業、及び顧客開拓・利用促進事業。
  • 医療・美容事業
    販売高:374,075千円(前年同期比 108.5%)
    平成22年当時、日本国内で通信販売を行っていたフィリピン人マーケット向け化粧品(在留フィリピン人事業)の販売をフィリピンでも展開。

※ 販売高は第26期連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

フィリピン経済は、平成29年7-9月の実質GDP成長率+6.9%と、引き続き力強い成長を示しています。
(平成29年11月16日フィリピン統計局発表)
この間のフィリピンペソの対円相場は安定しており、2.2-2.25円で推移。

グループは同社と連結子会社4社(KEYSQUARE,INC.とShinagawa Lasik & Aesthetics Center CorporationとInfiniVAN, Inc.及びCorporateONE Inc.)により構成。

設立は平成3年10月です。
従業員数は平成30年4月末で50名、平均年齢は40.08歳、平均勤続年数は3.33年、平均年間給与は562.5万円です。


アイ・ピー・エス(IPS)の詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

アイ・ピー・エス(IPS)の上場日

A
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 公募多い
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/6/27 (水) 証券コード 4390
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
アイ・ピー・エス(IPS)(4390)

アイ・ピー・エス(IPS)のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/6/11 (月) ~ 6/15 (金)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 3,730円~3,900円 (抽選資金:37.3万円 ~ 39万円)
当選口数 3,200口
公募株数 320,000株 売出株数 0株
吸収金額 14.3億円 O.A分 48,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

アイ・ピー・エス(IPS)の公募価格と初値

仮条件 3,730円~3,900円
公募価格 3,900円 初値 6,670円
騰落率 71.03%  倍率  1.71倍
初値売りでの損益 277,000円(6,670円 - 3,900円)× 100株

アイ・ピー・エス(IPS)の初値予想と予想利益

アイ・ピー・エス(IPS)の初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 3,730円 ~ 3,900円 ※抽選資金:37.3万円 ~ 39万円
初値の想定価格 6,500円 ~ 8,000円※6/20 修正
想定条件での予想利益 260,000円~410,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 3,630円 ~ 3,830円 ※抽選資金:36.3万円 ~ 38.3万円
初値の想定価格 5,500円 ~ 7,000円
想定条件での予想利益 167,000円~317,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

アイ・ピー・エス(IPS)の主幹事証券と引受幹事証券

アイ・ピー・エス(IPS)のIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

現在、現金3,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

落選しても次回の当選に活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。
特にSBI証券は、幹事になる機会が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

アイ・ピー・エス(IPS)の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年3月 2016年3月 2017年3月
売上高 2,587,145 3,226,998 3,767,813
経常利益 51,181 130,765 442,630
当期利益 8,232 29,987 261,237
純資産 524,396 549,282 810,520
配当金
EPS 824.11 15.01 130.75
BPS 52,492.15 274.92 405.67
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年3月 2017年3月
売上高 3,590,222 4,160,358
経常利益 217,184 520,829
当期利益 84,561 289,706
純資産 612,264 913,547
EPS 42.32 145.00
BPS 241.05 379.29
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

アイ・ピー・エス(IPS)と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2018/06/21 ZUU
    初値売りによる損益:395,000円
    (騰落率:246.88%、倍率:3.47倍)
  • 2018/06/19 メルカリ
    初値売りによる損益:200,000円
    (騰落率:66.67%、倍率:1.67倍)
  • 2018/05/31 ラクスル
    初値売りによる損益:14,500円
    (騰落率:9.67%、倍率:1.10倍)
  • 2018/04/20 HEROZ
    初値売りによる損益:4,450,000円
    (騰落率:988.89%、倍率:10.89倍)
  • 2018/04/04 ビープラッツ
    初値売りによる損益:780,000円
    (騰落率:354.55%、倍率:4.55倍)

IPOのポイント

アイ・ピー・エス(IPS)のIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

人材不足解消を解決する事業はIPOのテーマとして人気が高いです。

日本国内の介護事業での人材不足は深刻な問題となっておりますが、同社の事業でそれらを解消する一部の役割を担っています。

IPSの外国人介護スタッフは、結婚などで日本に長く暮らしている在日フィリピン人で、TCA(東京ケアギバーアカデミー)でスキルを磨いたスタッフです。

人材の安定確保をめざし、派遣ではなく直接雇用を希望する施設も増えており、全国のさまざまな介護施設で活躍しています。また、その需要は年々増え続けています。

大家族で生活するのが当たり前のフィリピン人は、もともとお年寄りと接することに長けています。
フィリピン人はお年寄りに対して優しい、親切と入居者からの評判も良く、そのホスピタリティの高さを評価されています。

また、フィリピンの看護師の月給は約5万円と低く、日本で介護を行う報酬の方が高いです。

参考までに

2018.6.20 追記。想定の初値予想は「6,500円 ~ 8,000円」に修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると41万円の利益になりそうです。

2018.6.11 追記。想定の初値予想は「6,000円 ~ 7,500円」に修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると36万円の利益になりそうです。

2018.5.28追記。評価は 高い「A」となりました。

想定の仮条件は「3,630円 ~ 3,830円」。想定の初値予想は「5,500円 ~ 7,000円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると31.7万円の利益になりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

おすすめ証券会社

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

管理人はこちらの3社だけでIPOに41回当選しています。(全当選数の約77%

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

現在、現金3,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

  • 公募価格:ブックビルディングに当選し購入する株価。
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価。
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手し初値で売却した際の利益。

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに65回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「アイ・ピー・エス(IPS)」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定のタイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

お得なタイアップ企画

4/30(火)まで!

お得なタイアップ企画

ライブスター証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。

実施中!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。


IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ