ゼネテック(4492):IPO上場情報

ゼネテック

ゼネテックは、グループとしてシステム受託開発事業、エンジニアリングソリューション事業を行っている企業です。

  • システム受託開発事業
    • 3,252,876(千円)(売上高の72.4%)
    仕様分析・検討、基本設計から製造までシステムの一括受託開発。
    ポケットベル、携帯電話、PHSなどの各種情報端末、自動車関連の組込みシステムの設計開発をコア事業として発展。
  • エンジニアリングソリューション事業
    • 1,209,042千円(売上高の26.9%)
    「製造業向け3次元CAD/CAMソリューション」「ロボットティーチングシステム」「工場・物流・マテハン3Dシミュレーションシステム」について、輸入販売、導入・技術支援、サポート、教育・研修など。

売上高の集計期間は2018年4月1日~2019年3月31日。

システム受託開発事業は今後、特に、モビリティ分野の自動運転システム、安全運転アシストシステム、インフォテインメントシステムなどの成長が期待されています。

また、各種制御系機器のインテリジェント化やデータ収集ニーズに伴う各種センサーの情報を取りまとめるエッジコンピュータや、ゲートウェイの需要なども成長が期待され、製造業分野でIoT関連の需要が大きく高まっていくと予測されています。

ソフトウェア専業開発と異なり、組み込みシステム開発にはハードウェア制御の知識が必須であり、また、製品の性格上、ソフトウェア開発と比べて非常に厳しい品質確保が要求されるものになるため、この領域は、同社の強みであるソフトウェアとハードウェアの一体型システム開発力および通信・ネットワーク分野の開発技術力を活かせる分野になります。

システム受託開発事業

エンジニアリングソリューション事業の主力製品である「Mastercam」はCADで設計された製品や部品に対し、工具や切削方法といったNC工作機械で加工するための様々な情報を付加し、工作機械を制御する数値データに変換するCAMソフトウェアです。

エンジニアリングソリューション事業

ほかに、お互いの安否が把握できるスマートフォン用防災アプリ「ココダヨ」の開発を行っています。

設立は1985年7月。
従業員数は2020年1月末で244名、平均年齢は39.4歳、平均勤続年数は7.1年、平均年間給与は528.3万円。


ゼネテックの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ゼネテックの上場日

A
  • IPO人気:あり
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2020/3/19 (木) 証券コード 4492
市場 JASDAQ スタンダード 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ゼネテック(4492)
時価総額 3,110百万円(初値で計算)

ゼネテックのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/3/3 (火) ~ 3/9 (月)

仮条件 1,600円~1,700円 (抽選資金:16万円 ~ 17万円)
当選口数 5,074口
発行済株式数 1,920,000株 オファリングレシオ 26.4%
公募株数 312,000株 売出株数 129,300株
吸収金額 8.6億円 O.A分 66,100株
仮条件決定日 2/28 (金) 公募価格決定日 3/10 (火)
購入期間 3/11 (水) ~ 3/16 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ゼネテックの公募価格と初値

仮条件 1,600円~1,700円
公募価格 1,700円 初値 1,620円
騰落率 -4.71%  倍率  0.95倍
初値売り損益 -8,000円(1,620円 - 1,700円)× 100株

ゼネテックの初値予想と予想利益

ゼネテックの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

1,600円 ~ 1,700円 ※抽選資金:16万円 ~ 17万円

初値予想 2,550円 ~ 3,400円
予想利益 8.5万円~17万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,700円あたり ※抽選資金:17万円あたり
初値予想 2,550円 ~ 3,400円
予想利益 8.5万円~17万円
送信中...

初値予想アンケート

ゼネテック(4492)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,700円)を基準価格としています。

有効回答:192   投票期限:2020/3/18 (水) 23:59まで
3倍以上(5,100円以上)
106票  55%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(4,250円以上~5,100円未満)
22票  11%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(3,400円以上~4,250円未満)
34票  18%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(2,550円以上~3,400円未満)
5票  3%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(2,040円以上~2,550円未満)
9票  5%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,700円以上~2,040円未満)
9票  5%
投票済み

公募割れ(1,700円未満)
7票  4%
投票済み

ゼネテックの主幹事と幹事証券

ゼネテックのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

一人一票の平等抽選で資金力に当選が左右されないマネックス証券や、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。
抽選時に資金が必要ない証券会社です。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
みずほ証券
93.93% 476,600株 476口
岡三証券 2.60% 13,200株 13口
いちよし証券 1.73% 8,800株 0口
マネックス証券 0.87% 4,400株 44口
SBI証券 0.87% 4,400株 30口

委託幹事である岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


ゼネテックの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年3月 2018年3月 2017年3月
売上高 4,440,262 3,949,740 3,657,465
経常利益 262,032 106,647 288,240
当期利益 168,810 64,386 298,914
純資産 849,879 687,383 626,708
配当金 3,500.00 3,500.00 3,500.00
EPS 112.99 43.10 200,076.83
BPS 568.86 460.10 419,483.63
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年3月 2018年3月
売上高 4,482,808 4,004,951
経常利益 275,877 134,639
当期利益 179,516 83,628
純資産 943,033 770,117
EPS 120.16 55.98
BPS 631.21 515.47
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

ゼネテックの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
上野 憲二 41.85% 90日間 / 1.5倍
上野 大輔 21.64% 90日間 / 1.5倍
山田 陽國 10.07% 90日間 / 1.5倍
ゼネテック従業員持株会 7.59%
井上 由佳 5.41% 90日間 / 1.5倍
八戸 雅利 3.42% 90日間 / 1.5倍
夏野 剛 2.49% 90日間 / 1.5倍
金井 登志雄 1.87% 90日間 / 1.5倍
遠藤 直哉 1.24% 90日間 / 1.5倍
濱登 弘一 0.12% 90日間 / 1.5倍

直近の類似IPOの上場結果

ゼネテックと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:JASDAQ スタンダード」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

IPOのポイント

経営戦略として、同社の強みであるソフトウェア・ハードウェアの一体型開発力と幅広いソリューションサービスの販売力を活かして、既存事業分野のさらなる強化と成長分野投資バランスをとり、持続的かつ健全な成長の実現を目指しています。

  1. ソフトウェアとハードウェアの一体型システム開発力を強みに、オートモーティブやデジタル家電などの分野を主力に確実な成長を図る。
  2. 「Mastercam」を中心に、「Robotmaster」「FlexSim」など製造業向けの全てのソリューションサービスについて、代理店網を活かした効率的な販売を図り、大きな伸長を獲得する。
  3. ソフトとハードの開発力により独自の製造業向けIoTソリューションを開発し、製造業向けの販売力を活用して展開し、新たなビジネスモデル開拓に挑戦する。
  4. 社会の安心と安全を支援する災害時位置情報自動通知システム「ココダヨ」の事業基盤の拡大と収益化への精度を上げる。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • IPOで人気のあるIT企業。
  • 同社のこれまでの実績は将来性に期待できる。
  • 売上高は右肩上がり。経常利益はややバラつきあり。(決算情報
  • 購入単価が低い(17万円)。
  • 市場からの吸収金額が8.6億円と小さい。
  • 同日に3社が上場。

目論見書の想定仮条件は1,700円。初値予想は2,550円 ~ 3,400円としました。
予想利益は8.5万円~17万円になります。

公募割れリスクは低いです。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。
抽選時に資金が必要ない証券会社です。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っています。

  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。

口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

上場後の補足

3社の同日上場でしたが、前日のNYダウが節目の2万ドル割れとなりました。(前日比-6.3%)

日本株、米国株ともに相場は軟調で、同社も個人的に期待していた企業でしたが、残念ながら公募割れとなりました。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。