IPO「カナミックネットワーク」(3939)

カナミックネットワーク
医療・介護分野に特化したクラウドサービス事業及びそれに付随するサービス

IPO「カナミックネットワーク」の上場日

S
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:やや低い
  • 当選口数:少ない
  • 売出多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2016/9/14 (水) 証券コード 3939
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
カナミックネットワーク(3939)

IPO「カナミックネットワーク」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2016/8/29 (月) ~ 2016/9/2 (金)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 2,760円~3,000円 (抽選資金:27.6万円 ~ 30万円)
当選口数 2,200口
公募株数 54,000株 売出株数 166,000株
吸収金額 7.5億円 O.A分 33,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「カナミックネットワーク」の公募価格と初値

公募価格 3,000円 初値 8,600円
騰落率 186.67%  倍率  2.87倍
初値売りでの損益 560,000円(8,600円 - 3,000円)× 100株

カナミックネットワークの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「カナミックネットワーク」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「カナミックネットワーク」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

SBI証券」はネット証券会社の中でも 主幹事や引受幹事(委託含む)になる回数が多く、IPO当選狙いには必須の証券会社です。
また、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

当選口数が少なく、公募割れリスクも低いと想定されますので積極的に応募していきましょう。

また、意外と引受幹事数(委託幹事含む)が多く IPO当選に穴場である「岩井コスモ証券」や「東海東京証券」も要チェックです。

IPO「カナミックネットワーク」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2013年9月 2014年9月 2015年9月
売上高 559,114 776,848 1,041,770
経常利益 63,500 121,624 244,200
当期利益 33,833 76,299 161,324
純資産 101,976 178,276 339,601
配当金 - - -
EPS 15,379.01 69.36 146.66
BPS 46,353.16 162.07 308.73
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「カナミックネットワーク」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2016/06/21 上場AWS HD… 初値売りによる損益:586,000円(騰落率:235.34%、倍率:3.35倍)
  • 2016/04/19 上場グローバルウェイ… 初値売りによる損益:1,104,000円(騰落率:372.97%、倍率:4.73倍)
  • 2016/04/15 上場エディア… 初値売りによる損益:153,500円(騰落率:94.17%、倍率:1.94倍)
  • 2016/03/31 上場PR TIMES… 初値売りによる損益:79,000円(騰落率:58.96%、倍率:1.59倍)
  • 2016/03/24 上場ベネフィットジャパン… 初値売りによる損益:133,000円(騰落率:67.17%、倍率:1.67倍)

管理人のコメントby カナミックネットワーク

上場前

アベノミクスの政策テーマでもある「介護分野」の事業であり、IPOで人気のあるITを活用した企業でもあります。

さらに、市場からの調達金額が 6.9億円程度人気化しやすい小型案件であり「業績がかなり好調」な事から 初値にも期待が出来そうです。

カナミックネットワーク」は、「介護向けシステム」や「医療向けシステム」の開発を行っている企業です。
「在宅医療・介護の地域連携」と「介護事業経営を支える介護ソフト」をクラウドで提供しています。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

同日上場のIPOは三社ありますが、同社が一番注目を集めそうです。
また、当選口数が2,200口と非常に少ない点も初値の爆発力に拍車をかけそうです。

2016.8.30追記
想定の初値予想は「6,000円 ~ 6,900円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると39万円の利益になりそうです。

上場後

14日同時上場が3社ありましたが、その中でも事前の想定通りの人気を集めました。

公募価格3,000円に対して初値は8,600円
騰落率:186.67%(約2.87倍)になりました。

初値売りによる利益額は、56万円になりました (  ̄∇ ̄)

2016年のIPOの中では4番目に大きい利益となります。

上場日の14日に初値はつかず、19万1,700株の買い越しにて初日を終えました。
また、初値予想「6,000円 ~ 6,900円」を大きく上回る初値になりました。