IPO「ビーロット」(3452)

ビーロット

ビーロット」は、不動産・金融のアドバイザリーをメインとした総合不動産コンサルティングを行っている企業です。

不動産分野と金融分野での専門性、企画力、ネットワークを強みに、不動産経営にかかわるサービスをワンストップで提供しています。


IPO「ビーロット」の上場日

S
  • 業績:好調
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 売出比率:低い
  • 調達金額:小さい
  • 割安感:割安
  • ロックアップ:あり
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2014/12/11 (木) 証券コード 3452
市場 東証マザーズ 業種 不動産業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ビーロット(3452)

IPO「ビーロット」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2014/11/25 (火) ~ 2014/12/1 (月)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 1,810円~2,010円 (抽選資金:18.1万円 ~ 20.1万円)
当選口数 1,000口
公募株数 100,000株 売出株数 0株
吸収金額 2.3億円 O.A分 15,000株
備考 90日間のロックアップ(解除条件:なし)、

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「ビーロット」の公募価格と初値

公募価格 2,010円 初値 10,500円
騰落率 422.39%  倍率  5.22倍
初値売りでの損益 849,000円(10,500円 - 2,010円)× 100株

ビーロットの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「ビーロット」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「ビーロット」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

IPO「ビーロット」の主幹事はSBI証券になります。
主幹事は、そのIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの割当数も主幹事が一番多いです。(当選口数が一番多い

当選口数が1,000口と極端に少なく、公募割れリスクも低いと想定されますので積極的に応募していきましょう。

他にも「公平抽選」の 「SMBC日興証券」や、穴場である「東海東京証券」も要チェックです。

IPO「ビーロット」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2011年12月 2012年12月 2013年12月
売上高 494,056 1,338,222 2,230,881
経常利益 5,881 78,197 182,503
当期利益 4,001 41,793 104,280
純資産 94,015 259,820 449,301
配当金
EPS 3,250.59 93.34 206.90
BPS 64,393.84 307.31 575.03
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「ビーロット」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:不動産業」のIPO結果です。

  • 2014/09/19 上場AMBITION… 初値売りによる損益:59,500円(騰落率:61.98%、倍率:1.62倍)
  • 2014/06/18 上場ムゲンエステート… 初値売りによる損益:12,000円(騰落率:10%、倍率:1.10倍)
  • 2012/11/21 上場エストラスト… 初値売りによる損益:116,300円(騰落率:86.15%、倍率:1.86倍)
  • 2007/10/30 上場駐車場綜合研究所… 初値売りによる損益:50,500円(騰落率:187.04%、倍率:2.87倍)
  • 2007/10/15 上場アールエイジ… 初値売りによる損益:216,000円(騰落率:308.57%、倍率:4.09倍)

管理人のコメントby ビーロット

上場前

2020年の東京オリンピック開催もあり、業界が良好になってきた不動産関連株

当選口数が1,000口とかなり少なく、市場からの調達金額が 2.12億円程度かなりの小型案件である事から 初値にも期待が出来そうです。

年末はIPO株の上場が重なりますが、12/11も4銘柄が上場を果たします。
しかも、それぞれ市場注目度が高くなりそうな銘柄である為、投資資金の分散も懸念されます。

とはいえ、IPO株としては人気があり、公募割れのリスクはかなり低いと思われます。

上場後

上場日の12/11、翌日の12/12に初値はつかず、翌営業日の12/15に初値がつきました。

公募価格2,010円に対して、初値はなんと・・10,500円
騰落率は 422.38%(約5.22倍) でした。

初値で売却した場合、利益額は84万9千円になります。

同日に4銘柄が上場しましたが、その中でも公開規模が約2億円と非常に小さい「ビーロット」に買いが集まったようです。

また、東京オリンピック関連の銘柄として業績拡大も期待されています。

直近 11/27に上場を果たした「CRI・ミドルウェア」の初値売りによる利益額が111万円と大きかった事も追い風となりました。