アジャイルメディア・ネットワーク[6573]:IPO上場情報と初値予想

IPO「アジャイルメディア・ネットワーク」(6573)

アジャイルメディア・ネットワーク

アジャイルメディア・ネットワーク」は アンバサダーの情報発信力、運営ノウハウを活用し、分析テクノロジー、プロモーション、販売促進活動から商品開発を支援する「アンバサダー事業」を展開している企業です。

「アンバサダー」とは、好きな企業、製品やサービスについて「自発的にクチコミ/推奨するファン」を同社で「アンバサダー」と定義しています。

「アンバサダー」は 特定のブランドや商品・製品について、自発的に満足を伝えたり推奨をする存在であり、そのクチコミが届く対象はアンバサダーの「身近な友人や知人」になります。

クライアント企業の商品や製品・サービスのファンを対象にクチコミの活性化や購買の促進を支援する様々なサービスを提供しています。

アンバサダー事業で提供する3つのサービス。

  • アンバサダープログラム
    アンバサダーの発見/登録/分析/抽出/連絡に使用する基幹システム「アンバサダープラットフォーム」を基盤に、プログラム運用支援やクチコミの促進するための施策の企画・運営支援など、様々なサービスを提供。
    主に大手メーカーやサービス提供事業者に対して、一定期間ごとに契約を更新する形態で、中長期の取り組みを支援するサービスとして提供。
  • レビューズ
    アジャイルメディア・ネットワークが提供する情報発信者と、商品の魅力を伝えたい企業をマッチングするサービス。
    企業の商品訴求やイベントへの参加、コンテンツ制作といった要望に対して、情報発信者それぞれの得意分野から適切な発信者を選定、企業と情報発信者のやり取りを代行し、ブログ記事やSNS投稿の生成から効果測定を支援。
  • アライアンスサービス
    アジャイルメディア・ネットワークのクチコミ分析機能とファン活性化のノウハウを活用し、協業先の企業がもつ会員資産やデータと組み合わせることで付加価値の高いサービスの提供。

ASPサービス「アンバサダープラットフォーム」は、アンバサダープログラムにおけるアンバサダーの発見/登録/分析/抽出/連絡を可能にする基幹システムです。

同システムでは、ソーシャルメディア(SNSやブログ)の情報を対象に、アンバサダー1人ひとりの「影響力の測定」、「クチコミによる貢献度」の把握することが可能です。SNSやブログを通じて発信されるアンバサダーのクチコミを収集・分析することができます。

1人ひとりの情報発信力や企業や製品に対しての興味度合いを分析する「テクノロジー」と、「アンバサダーを活性化するためのノウハウ」によって差別化が図られています。

熱量や貢献度の高いアンバサダーの「発見」、アンバサダーによるクチコミの「活性化」、クチコミの成果を把握する「効果測定」において、独自の企画・運営ノウハウと登録・管理・分析が可能なテクノロジーにより、クライアント企業に今後のマーケティング活動に有用な情報を提供しています。

これら一連のサービスをネット上の参加企画である「オンライン施策(ネット)」だけでなく、イベントや商品開発プロジェクトなど「オフライン施策(リアル)」までワンストップで提供することができる点が同社の強みとなっています。

「アンバサダープログラム」は大手企業を中心に導入を拡大しており、同一企業での複数プログラムの導入や、中小企業、自治体での導入、海外言語での導入など領域を拡大しております。

設立は平成19年2月です。
従業員数は平成30年1月末で49名、平均年齢は35.5歳、平均勤続年数は3.3年、平均年間給与は494.4万円です。


アジャイルメディア・ネットワークの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

アジャイルメディア・ネットワークの上場日

S
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:やや低い
  • 当選口数:少ない
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/3/28 (水) 証券コード 6573
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
アジャイルメディア・ネットワーク(6573)

アジャイルメディア・ネットワークのブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/3/9 (金) ~ 3/15 (木)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 2,800円~3,000円 (抽選資金:28万円 ~ 30万円)
当選口数 1,240口
公募株数 70,000株 売出株数 54,000株
吸収金額 4.2億円 O.A分 18,600株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

アジャイルメディア・ネットワークの公募価格と初値

仮条件 2,800円~3,000円
公募価格 3,000円 初値 15,470円
騰落率 415.67%  倍率  5.16倍
初値売りでの損益 1,247,000円(15,470円 - 3,000円)× 100株

アジャイルメディア・ネットワークの初値予想と予想利益

アジャイルメディア・ネットワークの初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 2,800円 ~ 3,000円 ※抽選資金:28万円 ~ 30万円
初値の想定価格 6,000円 ~ 6,900円※3/9 修正
想定条件での予想利益 300,000円~390,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 2,640円 ~ 2,740円 ※抽選資金:26.4万円 ~ 27.4万円
初値の想定価格 5,500円 ~ 6,300円
想定条件での予想利益 276,000円~356,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

アジャイルメディア・ネットワークの主幹事証券と引受幹事証券

アジャイルメディア・ネットワークのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

当選口数が少なく、公募割れリスクも低いと想定されますので積極的に応募していきましょう。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

現在、現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

落選しても次回の当選に活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。
特にSBI証券は、幹事になる機会が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。
割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
みずほ証券
68.43% 47,900株 4,700株
岡三証券 14.14% 9,900株 900株
SBI証券 12.29% 8,600株 6,000株
SMBC日興証券 3.43% 2,400株 200株
エース証券 0.86% 600株 0株
極東証券 0.86% 600株 0株

委託幹事であるマネックス証券岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

ネット抽選分は各証券会社により割当率が違います。(一部の証券会社はネットなし)
たとえば マネックス証券は割当数のほぼ100%がネット抽選に、SMBC日興証券は割当数の約10%がネット抽選に回ります。
SBI証券はネット抽選分を70%に設定しています。(個人配分率は公表されていません)

確定した正確な割当数を知りたい人は、証券会社ごとの当選確率はわかる?をご覧ください。

アジャイルメディア・ネットワークの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2014年12月 2015年12月 2016年12月
売上高 489,210 498,617 554,679
経常利益 34,354 32,865 20,903
当期利益 31,281 45,623 11,232
純資産 206,122 251,745 282,978
配当金
EPS 3,128.11 228.11 52.22
BPS -21,391.96 -841.48 -623.01
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

アジャイルメディア・ネットワークと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2018/03/27 RPA HD
    初値売りによる損益:1,071,000円
    (騰落率:300%、倍率:4.00倍)
  • 2018/03/15 神戸天然物化学
    初値売りによる損益:132,500円
    (騰落率:56.62%、倍率:1.57倍)
  • 2018/03/02 SERIO HD
    初値売りによる損益:232,000円
    (騰落率:130.34%、倍率:2.30倍)
  • 2017/12/19 みらいワークス
    初値売りによる損益:424,000円
    (騰落率:230.43%、倍率:3.30倍)
  • 2017/12/18 ジーニー
    初値売りによる損益:132,400円
    (騰落率:98.07%、倍率:1.98倍)

IPOのポイント

アジャイルメディア・ネットワークのIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

クライアント企業における「アンバサダープログラム」導入のメリットは3つです。

  1. ファン/満足/需要の可視化
    「アンバサダープログラム」を通じてファンによる商品やサービスのクチコミを活性化することで、3つの可視化(ファン/満足/需要)を行っています。
  2. 顧客生涯価値の向上
    「アンバサダープログラム」への参加を通じて、商品選択への信頼・納得や企業への親近感を向上させることで、顧客(アンバサダーやファン)が他の競合商品への流出を軽減できるメリットがあります。
    これにより、継続した購買が見込まれ、顧客生涯価値を高めることが可能です。
  3. キャンペーンの課題/商品開発におけるアイデアや改善点の抽出
    従来企業単独で実施していた「商品開発」や「改善」への取り組みをアンバサダーと共に推進することで、より利用者視点での商品/サービス開発に繋げることができます。

専門性の高い事業内容はIPOの中でも特に人気があります。

IPOの騰落率は人気に左右されますので、人気があるかどうかはとっても大事な要素になります。
大手の予想待ちですが、評価は高くなるんじゃないでしょうか。

さらに、市場からの調達金額が 3.7億円程度人気化しやすい小型案件である事から 初値にも大きな期待が出来そうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

ワンポイント

主幹事の「みずほ証券」で100株 当選を果たしました!(ブログ

2018年のIPO当選は早くも 4社/700株の当選になります!

参考までに

2018.3.9 追記。仮条件は「2,800円~3,000円」に決まりました。
仮条件の決定に伴い、想定の初値予想は「6,000円 ~ 6,900円」に修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると39万円の利益になりそうです。

2018.2.26 追記。評価は 最も高い「S」となりました。
公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「2,640円 ~ 2,740円」。想定の初値予想は「5,500円 ~ 6,300円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると35.6万円の利益になりそうです。

ワンポイント

引受幹事証券の一つであるマネックス証券」や「SMBC日興証券は資金量に左右されない「公平抽選」を採用していますので、1口応募しても100口応募しても 当選確率は一緒です。

人気化しそうなIPOの割に、当選口数は1,240口とかなり少ないのでプラチナチケット化しそうです。
公平抽選の証券会社で運試しといきたいところです。

庶民の管理人も「マネックス証券」と「SMBC日興証券」で15度 IPOに当選をしております。(IPO実績

他にも 抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に運だめしで参加しましょう~。

現在、現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

上場後の補足

上場日 初日は買い注文が集まり 2営業日も初値がつかず・・・
3営業日目で初値がつきました。

初日の28日は18万9,800株の買い越し、翌営業日は3万6,500株の買い越し(即金規制)となり3日目を迎えました。

3営業日目まで初値がつかないIPOを久しぶりに見ました!

2017年11月29日に上場を果たした「トレードワークス」以来となります。
その前は2015年11月19日に上場を果たした「ロゼッタ」になります。

参考までに

大手の想定をはるかに超える初値となっておりましたので、当選IPOは初値売りをしました。(ブログ

先日の「RPA HD」当選に引き続き、約125万円の大きな利益となりました!

2018年のIPO当選数は4社 700株、当選IPOで得た利益は約574万円になっています!(IPO当選実績

  • 公募価格:ブックビルディングに当選し購入する株価。
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価。
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手し初値で売却した際の利益。

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

アジャイルメディア・ネットワークに関するつぶやき

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに65回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「アジャイルメディア・ネットワーク」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定のタイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

お得なタイアップ企画

4/30(火)まで!

お得なタイアップ企画

ライブスター証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。

実施中!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。


IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ