ソネット・メディア・ネットワークス[6185]:IPO上場情報と初値予想

IPO「ソネット・メディア・ネットワークス」(6185)

ソネット・メディア・ネットワークス

ソネット・メディア・ネットワークス」は、ビッグデータ処理、人工知能、金融工学の3つのコアテクノロジーを軸にマーケティング・テクノロジー事業を展開する事業会社です。

DSP「Logicad(ロジカド)」を中心とするマーケティングテクノロジー事業


IPO「ソネット・メディア・ネットワークス」の上場日

A
  • 公募多い

上場日 2015/12/22 (火) 証券コード 6185
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ソネット・メディア・ネットワークス(6185)

IPO「ソネット・メディア・ネットワークス」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2015/12/7 (月) ~ 12/11 (金)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 2,150円~2,300円 (抽選資金:21.5万円 ~ 23万円)
当選口数 6,000口
公募株数 600,000株 売出株数 0株
吸収金額 15.8億円 O.A分 90,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「ソネット・メディア・ネットワークス」の公募価格と初値

公募価格 2,300円 初値 5,500円
騰落率 139.13%  倍率  2.39倍
初値売りでの損益 320,000円(5,500円 - 2,300円)× 100株

ソネット・メディア・ネットワークスの「想定仮条件」と「予想利益」

参考までにIPO「ソネット・メディア・ネットワークス」の「想定仮条件」と「想定初値」による「予想利益」です。
(予想利益は各上限で計算しております。)

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「ソネット・メディア・ネットワークス」の主幹事証券と引受幹事証券

「ソネット・メディア・ネットワークス」のIPOを取り扱っている証券会社です。(申込みが可能)
のマークがついている証券会社は特に管理人がおすすめする証券会社です。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制で「公平抽選」の「マネックス証券」や「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

また、穴場である「丸三証券」も要チェックです。

「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」と同グループの「カブドットコム証券」も委託幹事になりました。

抽選に外れても次回のチャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが貯まる「SBI証券」、申込み時の抽選資金が不要で庶民に優しい「ライブスター証券」と「岡三オンライン証券」。
現金2,000円 ~ 現金4,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを期間限定で行っています♪(タイアップ詳細
特に「SBI証券」と「岡三オンライン証券」は取扱うIPOの数が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

IPO「ソネット・メディア・ネットワークス」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2013年3月 2014年3月 2015年3月
売上高 1,845,157 2,314,850 3,712,905
経常利益 -349,312 65,661 169,301
当期利益 -710,969 61,931 207,922
純資産 435,238 509,090 717,120
配当金 - - -
EPS -54,210.40 30.69 101.13
BPS 21,981.75 247.62 348.79
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までに、IPO「ソネット・メディア・ネットワークス」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2015/12/04 上場鎌倉新書
    初値売りによる損益:180,600円
    (騰落率:180.60%、倍率:2.81倍)
  • 2015/11/19 上場ロゼッタ
    初値売りによる損益:301,000円
    (騰落率:433.09%、倍率:5.33倍)
  • 2015/10/27 上場パートナーエージェント
    初値売りによる損益:274,000円
    (騰落率:217.46%、倍率:3.17倍)
  • 2015/10/23 上場GMOメディア
    初値売りによる損益:277,000円
    (騰落率:101.09%、倍率:2.01倍)
  • 2015/10/15 上場AppBank
    初値売りによる損益:55,000円
    (騰落率:45.83%、倍率:1.46倍)

IPOのポイントby ソネット・メディア・ネットワークス

上場前

市場注目度は「低いC」となりましたが、IPOで人気が集まりそうな「人工知能関連銘柄」として注目を集めるかもしれない銘柄です。

2015.12.7 追記
初値予想は「2,500円 ~ 2,800円」から「2,700円 ~ 3,000円」へ上方修正されました。

2015.12.10 追記
市場注目度は「C」から「A」に、初値予想は「3,000円 ~ 3,400円」へ再度 上方修正されました。
予想上限で初値売りをすると11万円の利益になりそうです。

上場後

公募価格2,300円に対して初値は5,500円
騰落率:139.13%、倍率は2.39倍になりました。

初値売りによる利益額は32万円になりました (  ̄∇ ̄)

上場日の22日に初値はつかず、21万9,900株の買い越しにて初日を終えました。


サイト内検索 powered by Google
スポンサードリンク

「ソネット・メディア・ネットワークス」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

5/31(木)まで!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

6/30(土)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


6/30(土)まで!
岡三オンライン証券」さんと「現金 3,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

お得なタイアップキャンペーン

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ