ディ・アイ・システム(4421):IPO上場情報と初値予想

ディ・アイ・システム

ディ・アイ・システムはシステムインテグレーション事業及び教育サービス事業を行っている企業です。

システムインテグレーションとは、企業の情報システムの構築を請け負うITサービスのこと。

  • システムインテグレーション事業売上高の92.1%
    エンドユーザ、エンドユーザの情報システム子会社、通信事業者、同社と同業となるシステムインテグレーション事業者に対して、IT通信業・金融業・流通業・医療・官公庁等の幅広い業種に対応した業務用アプリケーションの設計開発業務、インフラシステムの設計構築業務、業務用アプリケーション・インフラシステムの運用保守業務を中心に行っています。
    • 業務用アプリケーションの設計開発業務
      売上管理、顧客管理、購買管理、生産管理等の顧客業務を効率化するための業務用アプリケーションの設計開発業務。
    • インフラシステムの設計構築業務
      IT基盤において、「想定されたユーザが確実にシステムを使用できること」に加えて、「想定されたユーザ以外は、システムを使用できない」ことを達成するために必要となる情報を管理する各種サーバ、ネットワーク、ストレージ等で構築するインフラシステムの設計提案業務。
    • 業務用アプリケーション・インフラシステムの運用保守業務
      上記で納品した2つのサービスの運用保守業務の提案・対応。
  • 教育サービス事業売上高の7.9%
    エンドユーザ(ITエンジニアに育成することを前提に人材採用をした企業)、エンドユーザの情報システム子会社、エンドユーザの教育サービス子会社、同社グループと同業となる教育ベンダに対して、コンピュータ言語、データベース、サーバ、ネットワーク等の教育業務を行っています。

売上高の集計期間は平成28年10月1日~平成29年9月30日。

教育ベンダとは、教育研修サービスの企画、環境設計、環境構築、教育実施業務を行う事業者のこと。

グループは同社と連結子会社1社により構成。

設立は平成9年11月です。
従業員数は平成30年8月末で392名、平均年齢は29.6歳、平均勤続年数は4.8年、平均年間給与は406.1万円です。


ディ・アイ・システムの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

ディ・アイ・システムの上場日

S
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:高い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2018/10/19 (金) 証券コード 4421
市場 JASDAQ スタンダード 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ディ・アイ・システム(4421)

ディ・アイ・システムのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2018/10/3 (水) ~ 10/10 (水)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 1,220円~1,280円 (抽選資金:12.2万円 ~ 12.8万円)
当選口数 5,209口
公募株数 300,000株 売出株数 153,000株
吸収金額 6.6億円 O.A分 67,900株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ディ・アイ・システムの公募価格と初値

仮条件 1,220円~1,280円
公募価格 1,280円 初値 3,300円
騰落率 157.81%  倍率  2.58倍
初値売りでの損益 202,000円(3,300円 - 1,280円)× 100株

ディ・アイ・システムの初値予想と予想利益

ディ・アイ・システムの初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 1,220円 ~ 1,280円 ※抽選資金:12.2万円 ~ 12.8万円
初値の想定価格 2,600円 ~ 3,000円
想定条件での予想利益 132,000円~172,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 1,120円 ~ 1,320円 ※抽選資金:11.2万円 ~ 13.2万円
初値の想定価格 2,600円 ~ 3,000円 ※10/1 修正
想定条件での予想利益 128,000円~168,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選で必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ディ・アイ・システムの主幹事と引受幹事

ディ・アイ・システムのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
おすすめ のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事は1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券になります。
IPOの割当数(当選口数)も主幹事が一番多いです。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

ディ・アイ・システムの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年9月 2016年9月 2017年9月
売上高 2,092,804 2,506,042 2,887,703
経常利益 1,626 20,597 142,387
当期利益 -5,412 12,224 91,392
純資産 115,318 124,703 225,028
配当金 250.00 270.00 1,600.00
EPS -532.12 10.76 80.09
BPS 10,151.30 109.77 195.50
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年9月 2017年9月
売上高 2,543,697 2,940,392
経常利益 24,275 145,512
当期利益 17,236 92,267
純資産 119,811 222,932
EPS 15.17 80.86
BPS 105.46 193.68
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

ディ・アイ・システムと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:JASDAQ スタンダード」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2018/09/26 ブロードバンドセキュリティ
    初値売りによる損益:125,100円
    (騰落率:166.80%、倍率:2.67倍)
  • 2018/06/21 SIG
    初値売りによる損益:266,500円
    (騰落率:133.25%、倍率:2.33倍)
  • 2017/11/29 トレードワークス
    初値売りによる損益:1,140,000円
    (騰落率:518.18%、倍率:6.18倍)
  • 2017/09/20 ニーズウェル
    初値売りによる損益:218,000円
    (騰落率:130.54%、倍率:2.31倍)
  • 2017/06/30 SYS HD
    初値売りによる損益:297,000円
    (騰落率:116.02%、倍率:2.16倍)

IPOのポイント

ディ・アイ・システムのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

IPOで人気のあるIT関連企業です。

市場からの調達金額が 6.3億円程度人気化しやすい小型案件である事から 初値にも大きな期待が出来そうです。

同社グループでは、NTTコミュニケーションズグループに対する売上高が総売上高に対する割合は高い状況となっており、平成29年9月期において15.1%、平成30年9月期第3四半期連結累計期間において16.3%となっています。

参考までに

10.1 追記。最近の株式市況の好調も受け想定の初値予想は「2,600円 ~ 3,000円」に上方修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると16.8万円の利益になりそうです。

2018.9.18 追記。評価は 最も高い「S」となりました。

想定の仮条件は「1,120円 ~ 1,320円」。 想定の初値予想は「2,300円 ~ 2,700円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると13.8万円の利益になりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選口数(割当数)も主幹事が一番多いです。

また、SMBC日興証券は資金量に左右されない「公平抽選」を採用していますので、1口応募しても100口応募しても 当選確率は一緒です。

庶民の管理人は過去に16度 IPOに当選をしております。(IPO実績

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに66回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

ディ・アイ・システムのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。