ニッソウ(1444):IPO上場情報

ニッソウ

ニッソウは、首都圏を中心に不動産物件のリフォーム工事を行っている企業です。

顧客は主に中小規模の不動産会社で、個人ではなく法人に特化。

経年劣化した建物や部屋を新築に近い状態に戻す原状回復工事を主力としており、主に賃貸物件での入居者入替時に古くなった内外装の補修及び水回りの改修といった工事を行っています。

その他に、次の入居者を募集するためのハウスクリーニングや入居中における蛇口からの水漏れやエアコンの故障等、日常発生する不具合を修繕する入居中メンテナンス等のリフォーム工事も行っています。

設立は1987年1月。
従業員数は2020年1月末で45名、平均年齢は40.9歳、平均勤続年数は5年、平均年間給与は589.5万円。


ニッソウの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ニッソウの上場日

D
  • 業績:好調
  • IPO人気:なし
  • 公募多い

上場日 2020/3/30 (月) 証券コード 1444
市場 名証セントレックス 業種 建設業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ニッソウ(1444)

ニッソウのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/3/12 (木) ~ 3/18 (水)

仮条件 3,400円~3,750円 (抽選資金:34万円 ~ 37.5万円)
当選口数 862口
発行済株式数 400,000株 オファリングレシオ 21.5%
公募株数 60,000株 売出株数 15,000株
吸収金額 3.2億円 O.A分 11,200株
仮条件決定日 3/10 (火) 公募価格決定日 3/19 (木)
購入期間 3/23 (月) ~ 3/26 (木)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ニッソウの公募価格と初値

仮条件 3,400円~3,750円
公募価格 3,750円 初値 2,800円
騰落率 -25.33%  倍率  0.75倍
初値売り損益 -95,000円(2,800円 - 3,750円)× 100株

ニッソウの初値予想と予想利益

ニッソウの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

3,400円 ~ 3,750円 ※抽選資金:34万円 ~ 37.5万円

予想利益 0円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 3,750円あたり ※抽選資金:37.5万円あたり
予想利益 0円
送信中...

初値予想アンケート

ニッソウ(1444)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(3,750円)を基準価格としています。

有効回答:76   投票期限:2020/3/29 (日) 23:59まで
3倍以上(11,250円以上)
28票  37%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(9,375円以上~11,250円未満)
2票  3%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(7,500円以上~9,375円未満)
2票  3%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(5,625円以上~7,500円未満)
1票  1%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(4,500円以上~5,625円未満)
7票  9%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(3,750円以上~4,500円未満)
11票  14%
投票済み

公募割れ(3,750円未満)
25票  33%
投票済み

ニッソウの主幹事と幹事証券

ニッソウのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
岡三証券
91.53% 78,900株 78口
SBI証券 2.55% 2,200株 15口
アイザワ証券 1.74% 1,500株 1口
むさし証券 1.74% 1,500株 1口
エイチ・エス証券 0.81% 700株 0口
エース証券 0.81% 700株 0口
水戸証券 0.81% 700株 0口

委託幹事である岡三オンライン証券DMM.com証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


上位株主とロックアップ情報

ニッソウの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
前田 浩 86.45% 180日間
前田 供子 13.50% 180日間
(株)丸美 0.05% 180日間

IPOのポイント

ニッソウのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

3.16追記。米国において新型コロナウィルスの危機感が高まっている一方、日本は具体的な案が政府より発表されず、市場への不安が日々高まっています。

ニッソウはTOKYOPROMarketからセントレックスへの鞍替えで、これまで鞍替え案件は初値が好調でした。

評価は「C」としていましたが、景気に左右される事業内容かつ地方上場ということで、一段評価を下げて「D」に変更させて頂きました。ブックビルディングの判断は慎重にお願いします。

2018年2月26日付でTOKYOPROMarketに上場。
セントレックス上場日の前日(3月29日)付で、TOKYOPROMarketは上場廃止となる予定です。

名証セントレックスの上場は、2019年12月に上場した名南M&A(7076)以来です。

3.12追記。コロナショックにより、株式市場は低迷しています。
評価Cの公募割れリスクはさらに高まり、評価「B」でも公募割れのリスクが高まっています。

ブックビルディングの参加、または当選後の購入は慎重にどうぞ。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

  • 業績が好調。
  • TOKYO PRO Market市場からの鞍替え。
  • IPOで人気の低い地方上場。
  • IPOで人気のない業種。
  • 配当実績なし。(設立は1987年1月)
  • 同日に3社が上場。

3.10追記。仮条件が他のIPOと比べてやや弱く決定しました。想定価格:3,750円、仮条件:3,400円 ~ 3,750円。
これに伴い、初値予想を3,680円 ~ 3,850円に修正。
予想利益は-7,000円~1万円と、ややマイナス方向に修正しました。

目論見書の想定仮条件は3,750円。初値予想は3,680円 ~ 3,950円としました。
予想利益は-7,000円~2万円で、公募割れのリスクがあるIPOになります。

参考までに、これまでTOKYO PRO Market市場からマザーズ市場へ鞍替えしたIPOたち。

IPOの内容がよくないのでどちらも「D」評価にしたんですが、結果は予想と反して良かったです。

IPO 騰落率
2019/12/23上場
global bridge HD
49.44%
2017/12/18上場
歯愛メディカル
22.12%

今回はTOKYO PRO Market市場から名証セントレックスへ。
初のパターンでなおさらデータがなく読めません。

業績

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。