IPOに参加するのにNISA口座は開設した方がよい?

IPOに参加するのにNISA口座は開設した方がよい?

Q 質問

IPOに参加するのにNISA口座は開設した方がよい?

A 回答

最終的には「NISA口座も開設した方が良い」ですが、
急いでNISA口座を開設する必要はありません

なぜなら・・・混乱するから(苦笑)

IPOにまずは慣れましょう!

IPOをはじめる際に 初めて証券会社に口座を開設される方も多いと思います。

初心者にとっては証券会社の口座開設とIPOのブックビルディングの手順を覚えるまで大変です。
(実際はカンタンなのですが、慣れない初心者には大変です)

その上、「NISA口座」という期間限定の新しい仕組みを覚えるのは大変です。

NISA口座は後からでも口座開設ができるので、はじめから慌ててNISA口座を開設する必要はありません!

参考までに

NISAの制度に関しては、詳しく解説している姉妹サイト「NISAのはじめ方」をご覧ください。

IPOに慣れたらNISA口座の開設を検討!

NISA口座はIPOと相性が良い制度です。
NISAをまったく利用していないのであれば、IPOに利用した方が良いです。

NISA口座では売却益に対して税金が発生しないのが最大の魅力です!

参考までに

売却益にかかる税金は20.315%になります。
これがNISA口座では非課税になります。(税金0円)

  • 売却益20万円 → 税金 40,630円が非課税に。
  • 売却益50万円 → 税金 101,575円が非課税に。
  • 売却益100万円 → 税金 203,150円が非課税に。

大きな利益ほど非課税の恩恵は大きくなります。

人気IPOは数十万円から100万円など大きな利益が出やすいので、相性はとてもよいと思います。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに63回当選。長年の経験と実績による内容です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。