公平抽選の証券会社のIPO申し込みは100株でOK!200株以上は当たりません

公平抽選の証券会社でIPOは200株以上当選する?

Q 質問

公平抽選の証券会社で、IPOに200株以上 当選したことはありますか?

また、200株以上を申し込む場合がありますか?

A 回答

公平抽選の証券会社で、200株以上 申し込んだことはありません

よって、公平抽選の証券会社で200株以上 当選したこともありません。

また、基本的に公平抽選では100株しか当選しません
200株以上申し込むのは、抽選資金のムダになります。

公平抽選の証券会社でIPOの複数当選はありえない

ちょっと強めの見出しですが、公平抽選の証券会社で複数当選はありえないと思います。

IPOの公平抽選の証券会社の抽選ルールは主に下記のとおりです。
※中には違う証券会社もあるかもしれませんので、各証券会社のHPにてご確認ください。

ワンポイント

1. 申し込み者数が当選数よりも多い場合← IPOの99%~100%はこちら

(例)申し込み者数 100人、当選数50口(5,000株)の場合。

  1. 顧客ごとに抽選券を付与。(100口)
  2. 100株単位の当選なので、5,000株の当選口数は50口
  3. 50人に抽選で100株ずつ当選。50人は落選。

2. 申し込み者数が当選数よりも少ない場合

(例)申し込み者数 40人、当選数50口(5,000株)の場合。

  1. 顧客ごとに抽選券を付与。(40口)
  2. 100株単位の当選なので、5,000株の当選口数は50口
  3. 40人全員が100株ずつ当選。
  4. 残りの10口は、200株以上申し込んだ人を対象に抽選。

IPOはとても人気が高いので、申し込み者数が当選数を下回ることは ほぼありません

あるとしたら、日本郵政3社やソフトバンクのような当選数がケタ外れに多いIPOになります。

つまり、かなりレアなケースの場合のみ複数当選が見込めます。

各証券会社の抽選方法の説明を抜粋

各証券会社の公平抽選の説明部分をスクリーンショット(画像)にしてみました。

こちらは2019年1月13日時点の画像になります。
最新情報は各証券会社の説明ページでご確認ください。

マネックス証券では 2単元以上当選しないとハッキリと明記されています。

マネックス証券のIPOの抽選方法

SMBC日興証券では 可能な限り多数のお客様へ配分する為と明記されています。

SMBC日興証券のIPOの抽選方法

岡三オンライン証券では 1単位ずつ配分と明記されています。
また、ステージ制ですので複数当選する可能性もありますが、その際も当選数は1単元とすると明記されています。

岡三オンライン証券のIPOの抽選方法

カブドットコム証券では 1単位ずつ配分と明記されています。

カブドットコム証券のIPOの抽選方法

以上、代表的な公平抽選の抽選方法を再確認してみました。
ご要望があれば他の証券会社も確認して載せたいと思います。

IPOの抽選の申し込みは100株でOK!

以上の事から、公平抽選を採用している証券会社では、IPOのブックビルディングの申し込みは100株でOKです。

もちろん、200株以上申し込んでも良いですが、上記で説明したとおり複数当選は見込めません。

また、抽選資金の拘束は「抽選に申し込んだ株数分」拘束される証券会社がほとんどですので、余計な抽選資金を発生させない為にも、通常のIPOにおいては100株の申し込みだけでよいと思います。

参考までに

岡三オンライン証券は当選時に購入資金を用意するわけですが、その購入資金は「当選した株数分の資金」ではなく、「IPOに申し込んだ株数分の資金」になります。

つまり、当選が100株でも申し込み時に500株申し込んでいれば、用意する資金は500株分となります。(2019.2.13時点)

(例外)申し込み数の最低単位が複数株の場合がある

例外として、IPOの申し込み時点で200株以上の申し込みが最低単位になる場合があります。

たとえば、野村證券では下記が明記されています。(2018.7.13時点)

野村證券のIPOの抽選方法

IPOの中には抽選資金が5万円未満のIPOもありますので、その場合には最低申し込み株数が200株以上になります。

つまり、管理人もこれまで公平抽選の証券会社で200株以上当選したことはありませんが、上記のルールが適用された場合は、公平抽選の証券会社でも200株以上 当選する可能性があります。

(例外)岩井コスモ証券は複数当選の可能性がある

岩井コスモ証券では できるだけ多くのお客様~と書かれていますが、その上限は10単位と明記されています。(2018.7.13時点)

岩井コスモ証券のIPOの抽選方法

もしかしたら複数当選もあるのかもしれません。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに63回当選。長年の経験と実績による内容です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。