関通(9326):IPO上場情報

関通

関通は、主にEコマースおよび通信販売事業を営む企業向けの配送センター代行サービス「EC・通販物流支援サービス」を行っている企業です。

同社の強みは、2000年頃のインターネット通販の黎明期から培ってきたセンター運営のノウハウ。

  • EC・通販物流支援サービス
    • 4,840,348(千円)(売上高の91%)
    Eコマースおよび通信販売事業を展開するお客様の販売商品の入庫、在庫管理および出庫等の配送センター業務を顧客から受託。
    自社開発の倉庫管理システム「クラウドトーマス」を活用することで品質維持・改善を図る。
    現場の個別作業においては、チェックリストシステム「アニー」を活用して、作業ごとに手順をチェックリスト形式で作成。
    マニュアルとして利用することで、品質の平準化を図るとともに、作業の標準化及び効率化を図り、作業ミスの予防に。
    EC・通販物流支援サービス
  • 受注管理業務代行サービス
    • 77,893(千円)(売上高の1.5%)
    Eコマースにおけるご購入者様の注文内容を確認し、電子メール対応や入金確認、出荷指示データ作成等の業務を顧客から受託。
    RPAの活用による自動化を推進。
  • ソフトウエア販売・利用サービス
    • 153,435千円(売上高の2.9%)
    同社で開発して利用し、成果につながったソフトウエアを顧客に提供。

2019年2月期 セグメント別業績。

2019年2月に楽天と資本・業務提携。
楽天市場の出店者向けに提供する物流サービスである「楽天スーパーロジスティクス」の業務を受託しています。

事業内容

設立は1983年7月。
従業員数は2020年1月末で229名、平均年齢は30.6歳、平均勤続年数は4年、平均年間給与は339.3万円。


関通の詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

関通の上場日

B
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:高い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい

上場日 2020/3/19 (木) 証券コード 9326
市場 東証マザーズ 業種 倉庫・運輸関連業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
関通(9326)
時価総額 2,967百万円(初値で計算)

関通のブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/3/3 (火) ~ 3/9 (月)

仮条件 470円~490円 (抽選資金:4.7万円 ~ 4.9万円)
当選口数 9,775口
発行済株式数 2,875,000株 オファリングレシオ 34%
公募株数 600,000株 売出株数 250,000株
吸収金額 4.7億円 O.A分 127,500株
仮条件決定日 3/2 (月) 公募価格決定日 3/10 (火)
購入期間 3/11 (水) ~ 3/16 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

関通の公募価格と初値

仮条件 470円~490円
公募価格 490円 初値 1,032円
騰落率 110.61%  倍率  2.11倍
初値売り損益 54,200円(1,032円 - 490円)× 100株

関通の初値予想と予想利益

関通の初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

470円 ~ 490円 ※抽選資金:4.7万円 ~ 4.9万円
上限は4.3%上ブレ↑

初値予想 590円 ~ 690円※2/28 修正
予想利益 1万円~2万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 470円あたり ※抽選資金:4.7万円あたり
初値予想 570円 ~ 660円
予想利益 1万円~1.9万円
送信中...

初値予想アンケート

関通(9326)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(470円)を基準価格としています。

有効回答:135   投票期限:2020/3/18 (水) 23:59まで
3倍以上(1,410円以上)
62票  46%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(1,175円以上~1,410円未満)
6票  4%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(940円以上~1,175円未満)
10票  7%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(705円以上~940円未満)
9票  7%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(564円以上~705円未満)
23票  17%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(470円以上~564円未満)
11票  8%
投票済み

公募割れ(470円未満)
14票  10%
投票済み

関通の主幹事と幹事証券

関通のIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
みずほ証券
91.30% 892,500株 892口
SBI証券 1.74% 17,000株 119口
SMBC日興証券 1.74% 17,000株 17口
マネックス証券 0.87% 8,500株 85口
岩井コスモ証券 0.87% 8,500株 8口
岡三証券 0.87% 8,500株 8口
むさし証券 0.87% 8,500株 8口
エース証券 0.87% 8,500株 0口
極東証券 0.87% 8,500株 0口

委託幹事である岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


関通の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年2月 2018年2月 2017年2月
売上高 6,468,296 5,254,794 4,263,414
経常利益 103,944 139,563 30,776
当期利益 78,583 55,980 -25,344
純資産 466,788 202,334 130,829
配当金
EPS 38.88 27.99 -633.62
BPS 205.18 101.17 3,270.75
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

関通の上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
ロジ・エステート(株) 50.72% 180日間
達城 久裕 20.29% 180日間
楽天(株) 9.13%
達城 利卓 2.33% 180日間
達城 利元 2.23% 180日間
達城 裕佳 2.23% 180日間
達城 太貴 2.13% 180日間
朝倉 寛士 2.03% 180日間
松岡 正剛 2.03% 180日間
(株)紀陽銀行 1.42%

直近の類似IPOの上場結果

関通と市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:倉庫・運輸関連業」のIPO結果です。

  • 2017/03/15 ファイズ
    初値売りによる損益:276,000円
    (騰落率:220.80%、倍率:3.21倍)
  • 2007/03/15 エーアイテイー
    初値売りによる損益:141,000円
    (騰落率:117.50%、倍率:2.18倍)

IPOのポイント

平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備報告書(経済産業省)」によると、2018年の消費者向け電子商取引の市場規模は、18兆円(前年16.5兆円、前年比8.96%増)、EC化率は消費者向け電子商取引で6.22%(前年比0.43ポイント増)となっており、物販系分野におけるBtoCのEC市場規模は2017年の8.6兆円から2018年には9.2兆円(伸び率8.12%)と推移しており、国内GDPの実質成長率を上回る伸び率となっています。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 業績が好調。(決算情報
  • 人手不足を解消する事業はIPOで人気あり。
  • 市場からの吸収金額が4.5億円と小さい。吸収金額による実績
  • 購入単価が低い(5万円)。
  • 同日に3社が上場。
  • 3月はIPOが多く、選別される可能性あり。

2.28追記。仮条件が想定発行価格(470円)より上振れ決定(470円~490円)したので、初値予想を590円 ~ 690円に修正。予想利益は1万円~2万円です。

目論見書の想定仮条件は470円。初値予想は570円 ~ 660円としました。
予想利益は1万円~1.9万円になります。

カブスルは幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

カブスルは目論見書をみてピンときませんでしたが、物流・運輸業の業界動向をチェックしている しみずさんのお話では、事業内容は魅力的だそうです。(詳しい方のお話は参考になります)

仮条件が上ブレるようだと、機関投資家の評判も良いということなので要チェックですね。(仮条件は3/2に決定)

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの3社だけでIPOに52回当選しています。

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。
抽選時に資金が必要ない証券会社です。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っています。

  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。

口座開設を行っていない方はお得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

上場後の補足

3社の同日上場でしたが、前日のNYダウが節目の2万ドル割れとなりました。(前日比-6.3%)

日本株、米国株ともに相場は軟調でした、同社は騰落率を久しぶりに100%(2倍)を超える勢いのある初値となりました。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。