IPO「幸和製作所」(7807)

幸和製作所

幸和製作所」は 福祉用具の製造・販売を行っている企業です。

グループは、連結子会社の幸和(香港)有限公司、東莞幸和家庭日用品有限公司の計3社で構成。

主要な製品は、シルバーカー、歩行車および杖など歩行補助を目的とした福祉用具であり、これらの製品は、自立歩行の可否および歩行支援の程度によって用途が分類されています。

成27年10月に電動アシスト機能付き歩行車「リトルキーパス」の発売を開始し、平成28年4月には、軽量コンパクトで人気の機種「テイコブリトルスリム」に電動アシスト機能を搭載した「リトルキーパスS」の発売を開始してます。

設立は昭和62年10月です。
従業員数は平成29年9月末で107名、平均年齢は39.5歳、平均勤続年数は5.2年、平均年間給与は495.5万円です。


IPO「幸和製作所」の上場日

A
  • 公開比率:やや低い
  • 当選口数:少ない
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2017/11/28 (火) 証券コード 7807
市場 JASDAQ スタンダード 業種 その他製品
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
幸和製作所(7807)

IPO「幸和製作所」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/11/10 (金) ~ 2017/11/16 (木)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 3,220円~3,520円 (抽選資金:32.2万円 ~ 35.2万円)
当選口数 2,582口
公募株数 150,000株 売出株数 108,200株
吸収金額 10.4億円 O.A分 38,700株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「幸和製作所」の公募価格と初値

公募価格 3,520円 初値 7,980円
騰落率 126.70%  倍率  2.27倍
初値売りでの損益 446,000円(7,980円 - 3,520円)× 100株

幸和製作所の「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「幸和製作所」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「幸和製作所」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

主幹事は1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券になります。
主幹事は、そのIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの割当数も主幹事が一番多いです。(当選口数が一番多い

他にも、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に運だめしで参加しましょう~。

IPO「幸和製作所」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年2月 2016年2月 2017年2月
売上高 3,152,826 3,599,195 3,595,827
経常利益 77,869 61,361 274,890
当期利益 -51,919 99,528 238,210
純資産 153,069 225,098 475,241
配当金 522.07
EPS -496.39 87.65 209.78
BPS 1,348.03 198.24 418.53
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年2月 2017年2月
売上高 4,884,862 4,567,943
経常利益 217,676 303,697
当期利益 216,119 210,475
純資産 555,263 705,804
EPS 190.33 185.36
BPS 489.00 621.58
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「幸和製作所」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:JASDAQ スタンダード」かつ「業種:その他製品」のIPO結果です。

  • 2017/11/15 上場シー・エス・ランバー… 初値売りによる損益:124,400円(騰落率:84.05%、倍率:1.84倍)
  • 2017/09/26 上場壽屋… 初値売りによる損益:65,000円(騰落率:32.50%、倍率:1.33倍)
  • 2017/07/20 上場クロスフォー… 初値売りによる損益:32,100円(騰落率:43.97%、倍率:1.44倍)
  • 2015/07/08 上場クレステック… 初値売りによる損益:79,100円(騰落率:82.40%、倍率:1.82倍)
  • 2010/10/12 上場トランザクション… 初値売りによる損益:-10,500円(騰落率:-7.50%、倍率:0.93倍)

管理人のコメントby 幸和製作所

上場前

今回の上場により、認知度の低い「電動アシスト機能付歩行車」の認知度が上がり取扱い数が増えるかが介護ロボット事業化のカギになりそうです。

また、今後訪れる超高齢化社会を見据えた デザイン性の高いブランド戦略も必要になりそうです。

2017.11.10 追記。
初値予想は「5,300円 ~ 6,000円」へ上方修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると24.8万円の利益になりそうです。

2017.10.29 追記。市場注目度は 高い「A」となりました。
公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「3,120円 ~ 3,320円」。想定の初値予想は「5,000円 ~ 5,600円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると22.8万円の利益になりそうです。

主幹事証券はSMBC日興証券

主幹事証券は割当数が多いので、当選口数も多くなります。
また、SMBC日興証券は資金量に左右されない「公平抽選」を採用していますので、1口応募しても100口応募しても 当選確率は一緒です。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に運だめしで参加しましょう~。

現在、現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

IPO「幸和製作所」に関するつぶやき