プリントネット[7805]:IPO上場情報と初値予想

IPO「プリントネット」(7805)

プリントネット

プリントネットは インターネットを用いた写真などの印刷物の受注販売を行っている企業です。

ネット印刷通信販売は、顧客からの受注を受け、また同時に印刷用データを受取り、国内工場にて印刷・加工を行い、工場より顧客に向けて発送しています。

同業他社が多い事業ですが、同社の特徴は主に下記になります。

  • 印刷業者、デザイン業者からの業務受託の占める割合が多く、平成27年10月期、平成28年10月期及び平成29年10月期の発送代行サービスの売上高に対する利用割合は62.3%、66.5%及び71.0%と上昇。
    受注は全て同社Webサイト(システム連携による受注を含む)を通して行われ、一般の印刷会社が行うような、営業職員による受発注作業及び営業活動は行っていません。
  • 東京都23区内では最短で当日お届け可能な体制を構築。
  • プリントネット」は、自社コールセンターでの電話サポート等の充実したサービスが特長。
  • プリントプロ」は、印刷品質を維持したままサービスを簡素化することで低価格を実現。

先日 上場を果たした「ラクスル」と業務提携を平成24年に行っています。

ラクスル経由の販売高が第32期の実績で28.7%と約3割になります。

設立は昭和62年7月です。
従業員数は平成30年8月末で230名、平均年齢は33.7歳、平均勤続年数は4.8年、平均年間給与は401万円です。


プリントネットの上場日

B
  • 業績:好調
  • 公開比率:高い
  • 調達金額:大きい

上場日 2018/10/18 (木) 証券コード 7805
市場 JASDAQ スタンダード 業種 その他製品
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
プリントネット(7805)

プリントネットのブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/10/1 (月) ~ 10/5 (金)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 1,360円~1,400円 (抽選資金:13.6万円 ~ 14万円)
当選口数 16,061口
公募株数 750,000株 売出株数 856,100株
吸収金額 25.8億円 O.A分 240,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

プリントネットの公募価格と初値

公募価格 1,400円 初値 2,041円
騰落率 45.79%  倍率  1.46倍
初値売りでの損益 64,100円(2,041円 - 1,400円)× 100株

プリントネットの初値予想と予想利益

プリントネットの初値予想と予想利益です。(予想利益は上限で計算)

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

プリントネットの主幹事証券と引受幹事証券

プリントネットのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人がおすすめする証券会社です。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や 抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

現在、現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

落選しても次回の当選に活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券現金4千円がもらえる当サイト限定のお得な口座開設キャンペーンを行っています♪(タイアップ詳細
特にSBI証券は、幹事証券の機会が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

プリントネットの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年10月 2016年10月 2017年10月
売上高 4,786,502 5,858,142 6,848,390
経常利益 257,868 523,029 657,429
当期利益 200,400 386,717 408,860
純資産 374,880 908,478 1,486,783
配当金
EPS 5,010.00 96.57 92.42
BPS 9,372.02 214.26 332.58
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

プリントネットと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:JASDAQ スタンダード」かつ「業種:その他製品」のIPO結果です。

  • 2017/11/28 幸和製作所
    初値売りによる損益:446,000円
    (騰落率:126.70%、倍率:2.27倍)
  • 2017/11/15 シー・エス・ランバー
    初値売りによる損益:124,400円
    (騰落率:84.05%、倍率:1.84倍)
  • 2017/09/26 壽屋
    初値売りによる損益:65,000円
    (騰落率:32.50%、倍率:1.33倍)
  • 2017/07/20 クロスフォー
    初値売りによる損益:32,100円
    (騰落率:43.97%、倍率:1.44倍)
  • 2015/07/08 クレステック
    初値売りによる損益:79,100円
    (騰落率:82.40%、倍率:1.82倍)

IPOのポイント

プリントネットのIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

同業者は多いですが、売上は堅調に推移しています。
上場により「上場会社」という安心感がプラスされ、他社より優位に立てそうです。

参考までに

国内のインターネット印刷通販市場は平成25年度543億円、平成26年度590億円、平成27年度645億円、平成28年度720億円、平成29年度810億円となる見込みであり、平成30年度には920億円に達すると予測されています。(「2013年版印刷通販市場の展望と戦略」by 矢野経済研究所

業績好調ですが、設備投資に資金を宛て、配当金は予定していないようです。
この点は中長期投資ではマイナス点になります。

また、業務提携を行っている「ラクスル」経由の販売実績が約3割あるのも環境が変わった際の懸念事項となります。

業務内容やIPOの市況を考慮すると、市場人気度は「B」か「C」あたりになる事が予想されます。

参考までに

2018.9.18 追記。市場注目度は 「B」となりました。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「1,260円 ~ 1,460円」。 想定の初値予想は「1,800円 ~ 2,100円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると6.4万円の利益になりそうです。

管理人は同業他社のネットプリントサービスを利用しています。
何故なら、店頭に持ち込むタイプに比べて料金が格安になりますので。

今や、よほど急いでいない限り 店頭で写真をお願いする必要性を感じません。
一昔前は店員さんが写真の補正やホコリの除去などをしていましたが、今や店頭の写真屋さんも機械で自動プリントしています。(色や明るさなどの自動補正が優れている)

つまり、品質に差がありませんので値段が安いネットプリントサービスを利用しています。

「プリントネット」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

11/30(金)まで!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。

12/31(月)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。


IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ