グッドパッチ(7351):IPO上場情報と初値予想

グッドパッチ

グッドパッチは、UI/UX デザイン支援事業を行っている企業です。

Web・スマートフォンサービスなどのデジタルプロダクトに関わる様々なデザインについて、顧客企業にサービスを提供。

  • UIとは、ユーザーインターフェイスのこと。
    パソコンやスマホの画面にうつるWebサイトのデザインや空白、フォントなど。
  • UXとは、ユーザーエクスペリエンスのこと。
    Webサイトを見たときに得られる体験や経験。感想。

カンタンに事業を説明すると、見やすく・使いやすいをテーマに、Webサイトやスマートフォンアプリのデザイン・設計をしています。

実績として、宅配の出前館や、ネット印刷のラクスルなど。

  • デザインパートナー事業
    • 1,323,753(千円)(売上高の78.6%)
    主にWebサイトやスマートフォンアプリケーションなどのデジタルプロダクトのデザイン開発を進めたい顧客企業に対し、同社のUXデザイナー及びUIデザイナーがデザインプロジェクトをリードしながらデザインプロセスを遂行し、顧客企業が真に必要とするUI/UXデザインの実現を支援し、顧客企業の成長にデザインで貢献。
  • デザインプラットフォーム事業
    • 359,515千円(売上高の21.4%)
    デザインパートナー事業によって行われるUI/UXデザイン支援を様々な側面からバックアップ。
    リモートコラボレーションの可能性を広げるクラウドワークスペース「Strap」など。

売上高の集計期間は2018年9月1日~2019年8月31日。

デザインプラットフォーム事業にある「Strap」は、ホワイトボードを見ながらチーム全員で情報を共有し作業するような空間をオンラインで実現します。

グループは同社と連結子会社2社で構成。

設立は2011年9月。
従業員数は2020年4月末で174名、平均年齢は32.1歳、平均勤続年数は1.8年、平均年間給与は562.7万円。


グッドパッチの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

グッドパッチの上場日

A
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:低い
  • 調達金額:小さい

上場日 2020/6/30 (火) 証券コード 7351
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
グッドパッチ(7351)

グッドパッチのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/6/15 (月) ~ 6/19 (金)

仮条件 610円~690円 (抽選資金:6.1万円 ~ 6.9万円)
当選口数 7,587口
発行済株式数 7,173,260株 オファリングレシオ 10.5%
公募株数 308,900株 売出株数 350,900株
吸収金額 5.2億円 O.A分 98,900株
仮条件決定日 6/11 (木) 公募価格決定日 6/22 (月)
購入期間 6/23 (火) ~ 6/26 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

グッドパッチの公募価格と初値

仮条件 610円~690円
公募価格 690円 初値 2,757円
騰落率 299.57%  倍率  4.00倍
初値売り損益 206,700円(2,757円 - 690円)× 100株

グッドパッチの初値予想と予想利益

グッドパッチの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

610円 ~ 690円 ※抽選資金:6.1万円 ~ 6.9万円
上限は13.1%上ブレ↑

初値予想 1,040円 ~ 1,400円※6/11 修正
予想利益 3.5万円~7.1万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 610円あたり ※抽選資金:6.1万円あたり
初値予想 920円 ~ 1,220円
予想利益 3.1万円~6.1万円
送信中...

初値予想アンケート

グッドパッチ(7351)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(610円)を基準価格としています。

有効回答:285   投票期限:2020/6/29 (月) 23:59まで
3倍以上(1,830円以上)
97票  34%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(1,525円以上~1,830円未満)
16票  6%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(1,220円以上~1,525円未満)
61票  21%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(915円以上~1,220円未満)
57票  20%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(732円以上~915円未満)
22票  8%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(610円以上~732円未満)
11票  4%
投票済み

公募割れ(610円未満)
21票  7%
投票済み

グッドパッチの主幹事と幹事証券

グッドパッチのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
大和証券
91.33% 692,900株 1,732口
SBI証券 8.67% 65,800株 460口

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


グッドパッチの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年8月 2018年8月 2017年8月
売上高 1,401,731 1,163,040 643,694
経常利益 93,693 -40,072 -257,912
当期利益 68,507 -50,528 -275,284
純資産 483,397 414,889 465,418
配当金
EPS 9.98 -7.36 -2,229.61
BPS 70.42 60.44 -3,265.22
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年8月 2018年8月
売上高 1,683,269 1,371,260
経常利益 83,678 -11,726
当期利益 57,389 -22,219
純資産 463,396 411,024
EPS 8.36 -3.24
BPS 67.51 59.88
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

グッドパッチの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
土屋 尚史 42.43% 180日間
DG Lab 1号投資事業有限責任組合 10.57% 90日間 / 1.5倍
(株)DGベンチャーズ 10.57% 90日間 / 1.5倍
(株)ブルーローズ 8.24% 180日間
FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合 7.93% 90日間 / 1.5倍
SalesforceVentues LLC 3.08% 90日間 / 1.5倍
MSIVC2016V投資事業有限責任組合 2.64% 90日間 / 1.5倍
實方 ボリス 2.14% 180日間
SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合 1.62% 90日間 / 1.5倍
松岡 毅 0.92% 180日間

直近の類似IPOの上場結果

グッドパッチと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2020/03/31 Macbee Planet
    初値売りによる損益:51,800円
    (騰落率:28.31%、倍率:1.28倍)
  • 2020/03/30 NexTone
    初値売りによる損益:-4,000円
    (騰落率:-2.35%、倍率:0.98倍)
  • 2020/03/26 アディッシュ
    初値売りによる損益:87,100円
    (騰落率:70.81%、倍率:1.71倍)
  • 2020/03/17 リビングプラットフォーム
    初値売りによる損益:-35,000円
    (騰落率:-8.97%、倍率:0.91倍)
  • 2020/03/13 フォースタートアップス
    初値売りによる損益:-14,200円
    (騰落率:-8.02%、倍率:0.92倍)

IPOのポイント

グッドパッチのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

売上の7割はデザインパートナー事業(受託事業)。

UI/UXは、いまや事業にとって気を遣うべき大切なポイント。
使い勝手が悪く、見づらければ消費者は再利用しません。

実績をみると、出前館のUI/UXの改良も行っているようです。
一覧のUIが変更されていますが、使い勝手向上って大事ですよね。

出前館のUI/UL
グッドパッチのHPより)

売上高は右肩上がりで、経常利益は2019年(第8期)から黒字転換しています。

主力のデザインパートナー事業は、ヨーロッパ全土でのビジネス展開のために、ドイツに連結子会社であるGoodpatchGmbHを事業拠点があります。

デザインプラットフォーム事業にある「Strap」は、ホワイトボードを見ながらチーム全員で情報を共有し作業するような空間をオンラインで実現します。コロナ禍の上場において認知度の高まりも期待されます。

IT専門の調査会社のIDCによる調査結果によると、UI/UXデザイン支援に関連した領域(UI/UXデザイン市場)については年平均成長率14.4%、市場規模では484億USドル(2018年)から950億USドル(2023年)に拡大すると予測されています。

新型コロナウイルス感染症が及ぼす影響について、同社の認識は次の通りです。(太字はカブスルにて強調)

デザインプロジェクトのリモートワークによる実施(在宅勤務)の原則化やセミナー等のイベントのオンライン実施のほか、フルリモートによるデザイン支援「GoodpatchAnywhere」のさらなる推進、並びに新SaaSオンラインコラボレーションソフトウェアの開発等による対策を講じており、事業の運営を見直すべき事象は現時点において認識しておりません

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

コロナ禍の影響がどこまで続くのか見えず、やや弱気の評価と予想です。(例年ならS評価)

  • 業績が好調で黒字転換。(決算情報
  • 市場からの吸収金額が4.6億円と小さい。吸収金額による実績
  • コロナ禍でプラスに働く事業内容。(EC事業の人気化)
  • 購入単価が低い(6万円)。
  • UX/UI事業はグローバル競争に必須。
  • ベンチャーキャピタルも投資しているが、上場時の売出し少ない。(上昇を見込んでいる?)
  • 主力の受託事業は業績がブレやすい。
  • 海外展開に期待。
  • 新型コロナウィルスの収束が未定。

6.11 追記。仮条件が610円 ~ 690円に決定。(想定価610円より13%上ブレ↑)
初値予想を1,040円 ~ 1,400円に修正。予想利益は3.5万円~7.1万円です。

やや懸念事項としては、現在、株価の上昇の勢いが強いこと。
上場日に相場が反転するとIPOにとっては悪影響がでます。

目論見書の想定仮条件は610円。初値予想は920円 ~ 1,220円としました。
予想利益は3.1万円~6.1万円です。

公募割れリスクは低いと思われます。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

SBI証券は現在、現金2千円がもらえるお得なタイアップ企画も行っています。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。