トビラシステムズ(4441):IPO上場情報

トビラシステムズ

トビラシステムズは、モバイル、固定電話及びビジネス向け迷惑情報フィルタシステムの開発及び提供などを行っている企業です。

利用者が特段意識することなく、犯罪や安心・安全な生活を脅かす脅威から守られるセキュリティ製品・サービスを提供しています。

日本全国の迷惑電話番号などに関する情報を網羅的に収集しています。

迷惑情報フィルタ

迷惑電話番号に関する情報30,000件以上がデータベース化されています。(2018年10月末現在)

データベースを用いた、独自の迷惑電話番号抽出技術により生成された迷惑電話番号リストを日々更新、高品質なデータベースが維持されています。

警察などの公的機関による情報提供、利用者からの着信拒否、許可といったフィードバック情報や、同社による独自の調査活動を通じて、電話番号ごとに迷惑度合いの点数化を行い、データベースに蓄積しています。

セキュリティシステム

このデータベースに蓄積された情報から、特殊詐欺など犯罪に利用された電話番号やしつこいセールスの電話番号など、迷惑電話をかける可能性のある番号を、統計や機械学習を用いた同社独自のアルゴリズムにより自動的に迷惑電話番号候補として抽出し、同社技術者が迷惑電話番号リストへの登録要否を最終判断することをもって、迷惑電話番号リストを作成・更新しています。

同社はこの迷惑電話番号リストを参照して迷惑電話への該当有無を自動的に判別し、特殊詐欺等の被害を防止するためのセキュリティ製品及びサービスを独自開発し、提供しています。

ソフトバンク株式会社、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社といった国内の主な通信キャリアと提携し、各通信キャリアが提供するオプションパックに含まれる複数のサービスの1つとして、同社の迷惑情報フィルタアプリを各通信キャリアのアプリという形で、エンドユーザーに提供しています。

モバイル向けフィルタサービス

わたしたちは普段、意識していませんが、こういったサービスにより悪質な電話などの脅威から守られています。

設立は2006年12月です。
従業員数は平成31年2月末で43名、平均年齢は33.1歳、平均勤続年数は2.9年、平均年間給与は497.4万円です。


トビラシステムズのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

トビラシステムズの上場日

B
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2019/4/25 (木) 証券コード 4441
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス トビラシステムズ(4441)
時価総額
7,716百万円(公開価格で計算)
17,425百万円(初値で計算)

トビラシステムズのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/4/9 (火) ~ 4/15 (月)

仮条件 2,100円~2,400円 (抽選資金:21万円 ~ 24万円)
当選口数 9,016口
発行済株式数 3,215,000株 オファリングレシオ 28%
公募株数 95,000株 売出株数 689,000株
吸収金額 21.6億円 O.A分 117,600株
仮条件決定日 4/5 (金) 公開価格決定日 4/16 (火)
購入期間 4/18 (木) ~ 4/23 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

トビラシステムズの公開価格と初値

仮条件 2,100円~2,400円
公開価格 2,400円 初値 5,420円
騰落率 125.83%  倍率  2.26倍
初値売り損益 302,000円(5,420円 - 2,400円)× 100株

トビラシステムズの初値予想と予想利益

トビラシステムズの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 2,100円 ~ 2,400円 ※抽選資金:21万円 ~ 24万円
上限は17.6%上ブレ↑
初値予想 2,880円 ~ 3,300円※4/9 修正
(1.2倍~1.4倍)
予想利益 4.8万円~9万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,040円あたり ※抽選資金:20.4万円あたり
初値予想 2,450円 ~ 2,800円 (1.2倍~1.4倍)
予想利益 4.1万円~7.6万円

トビラシステムズの主幹事と幹事証券

トビラシステムズのIPOを取り扱っている証券会社です。

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

一人一票の公平抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

管理人はこちらの3社だけでIPOに49回当選しています。(全当選数の75.4%

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

トビラシステムズの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
大和証券
87.06% 784,900株 1,962口
SMBC日興証券 2.60% 23,400株 23口
みずほ証券 2.60% 23,400株 23口
SBI証券 1.73% 15,600株 109口
東海東京証券 1.73% 15,600株 15口
いちよし証券 1.73% 15,600株 1口
マネックス証券 0.85% 7,700株 77口
岡三証券 0.85% 7,700株 7口
エース証券 0.85% 7,700株 0口

委託幹事である岡三オンラインは、委託数が公表されていません。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


トビラシステムズの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2018年10月 2017年10月 2016年10月
売上高 842,458 591,984 275,460
経常利益 222,748 192,225 11,695
当期利益 147,942 109,416 17,298
純資産 270,864 119,722 46,865
配当金
EPS 47.75 36.36 25,855.91
BPS 86.82 37.07 18,608.45
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

トビラシステムズと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2019/04/08 ヴィッツ初値売り損益:345,000円
    (騰落率:130.19%、倍率:2.30倍)
  • 2019/04/03 東名初値売り損益:91,500円
    (騰落率:27.81%、倍率:1.28倍)
  • 2019/03/29 Welby初値売り損益:1,283,000円
    (騰落率:246.73%、倍率:3.47倍)
  • 2019/03/25 gooddays HD初値売り損益:292,000円
    (騰落率:128.07%、倍率:2.28倍)
  • 2019/03/19 ミンカブ・ジ・インフォノイド初値売り損益:35,000円
    (騰落率:33.33%、倍率:1.33倍)

IPOのポイント

セキュリティサービスの月間利用者は堅調に推移しています。

アポ電強盗という凶悪な犯罪で被害に遭われている方が増えたことにより、報道でも同社のサービスを取り上げられる機会が増えました。

事業内容は社会的意義も高く、期待ができます。

IPO的にチョット読めないのが、今回の売出者の上位株主が同社の代表取締役(595,000株)と代表取締副社長(94,000株)であることです。

ロックアップがあり、90日間は売却できません。
ただし、株価が売出価格の1.5倍になれば売却できます。

参考までに、売出株で得た利益は売出者(個人)に入り、公募株で得た利益は会社に入ります。

個人の利益で考えると、ロックアップが外れた際に少しは売却して利益を得たいところですが、会社の株価を考えると保有になります。
(自社の株式を売るということは、自社の株価上昇に自信がないと言っているようなもの)

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

事業内容を見て「A」にしようと思ったんですが、IPOの内容を見て「B」にしました。
つまり、Aに近いBという評価になります。

  • 売上高も経常利益も右肩上がり。
  • 電話関連のセキュリティサービスは社会的意義が高く、利用者増が見込める。(オレオレ詐欺、アポ電強盗など)
  • 売出しが多い。(売出し比率:88%)
  • 市場からの調達金額が18.3億円と大きい。(参考:吸収金額による実績)
  • 同日にグッドスピードが上場。(資金分散)

4.9 追記。仮条件が想定の2,040円より上振れして決定(2,100円 ~ 2,400円)しました。
機関投資家からの買い需要が高いと思われます。
初値予想を2,880円 ~ 3,300円に修正し、予想利益は48,000円~90,000円としました。
市況が良ければさらに上値を追えそうです。

なお、平成最後のIPOとなりました。

目論見書の想定仮条件は2,040円。初値予想は2,450円 ~ 2,800円としました。
予想利益は41,000円~76,000円です。

公募割れリスクは低くなりそうです。
幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いましょう。

管理人も積極的にIPOに参加します。

ワンポイント

1人1票の公平抽選で 資金力にかかわらず当選が期待できるマネックス証券やSMBC日興証券や、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

管理人はこちらの3社だけでIPOに49回当選しています。(全当選数の75.4%)

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に運だめしで参加しましょう~。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。