IPO「ジェイ・エス・ビー」(3480)

ジェイ・エス・ビー

ジェイ・エス・ビー」は、不動産賃貸管理事業、不動産販売事業、高齢者住宅事業及びその他事業を営んでいる企業です。

前身は、昭和51年12月に京都市上京区において設立された株式会社京都学生情報センター。
学生を主な対象とした物件の仲介業を開始したことに始まります。

売上の大半は不動産賃貸管理事業(学生マンション)となっています。

  • 不動産賃貸管理事業
    主に学生を対象としたマンションの企画提案、竣工後の建物の賃貸運営及び管理業務。
    具体的には、オリジナル仕様の学生マンション等を不動産オーナーに企画提案し、建物が竣工した後は一括借上を行い、オーナーに対する家賃保証を行った上で、学生等の入居者に転貸。
  • 不動産販売事業
    販売用不動産として取得した土地、マンションや商業ビル等の不動産について、売主として第三者へ売却。
  • 高齢者住宅事業
    不動産オーナーに対して主としてサービス付き高齢者向け住宅による不動産の活用を企画提案し、竣工後の運営業務を受託。
    運営を受託した物件については、一括借上を行い、借主に転貸する方式。

IPO的には人気のない東証二部 市場です。
直近の類似IPOの上場結果」を見ても、東証二部市場はIPO的に苦戦しております。


IPO「ジェイ・エス・ビー」の上場日

C
  • 業績:好調
  • 公開比率:低い
  • 売出比率:低い
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2017/7/20 (木) 証券コード 3480
市場 東証二部 業種 不動産業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ジェイ・エス・ビー(3480)

IPO「ジェイ・エス・ビー」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/6/30 (金) ~ 2017/7/6 (木)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 3,100円~3,200円 (抽選資金:31万円 ~ 32万円)
当選口数 4,507口
公募株数 333,500株 売出株数 117,200株
吸収金額 16.5億円 O.A分 67,600株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「ジェイ・エス・ビー」の公募価格と初値

公募価格 3,200円 初値 4,280円
騰落率 33.75%  倍率  1.34倍
初値売りでの損益 108,000円(4,280円 - 3,200円)× 100株

ジェイ・エス・ビーの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「ジェイ・エス・ビー」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「ジェイ・エス・ビー」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
(委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

ライブスター証券」はブックビルディングの際に、抽選資金が必要ありません
当選してから入金すれば良いシステムです。

IPO「ジェイ・エス・ビー」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2014年10月 2015年10月 2016年10月
売上高 28,204,299 28,436,436 29,588,885
経常利益 881,921 1,392,765 1,528,523
当期利益 320,815 803,348 904,792
純資産 4,375,754 5,040,540 5,850,213
配当金 1,625.00 1,625.00 1,625.00
EPS 4,066.10 199.58 224.94
BPS 55,459.50 1,248.59 1,456.00
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年10月 2016年10月
売上高 32,058,755 34,063,698
経常利益 1,419,408 2,063,834
当期利益 811,629 1,187,197
純資産 5,432,240 6,483,819
EPS 201.64 295.15
BPS 1,345.61 1,613.69
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「ジェイ・エス・ビー」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証二部」かつ「業種:不動産業」のIPO結果です。

  • 2015/12/24 上場ケイアイスター不動産… 初値売りによる損益:8,200円(騰落率:6.83%、倍率:1.07倍)
  • 2015/04/21 上場シーアールイー… 初値売りによる損益:-26,500円(騰落率:-7.32%、倍率:0.93倍)
  • 2009/06/23 上場常和ホールディングス… 初値売りによる損益:4,000円(騰落率:2.33%、倍率:1.02倍)
  • 2008/02/27 上場モリモト… 初値売りによる損益:-19,000円(騰落率:-5.59%、倍率:0.94倍)
  • 2007/12/20 上場プレサンスコーポレーション… 初値売りによる損益:-9,000円(騰落率:-5.63%、倍率:0.94倍)

管理人のコメントby ジェイ・エス・ビー

上場前

売上高・経常利益 共に堅調な「安定企業」です。
ただし、IPOは安定企業よりは「成長性」や「将来性」がテーマの企業に人気があります。

業務内容や市場からの調達金額の大きさを考えると、市場人気度は低くなる事が予想されます。

また、東証二部に上場する銘柄はIPOでは人気がありません
IPO市況は良さそうですが、上場日付近の市況により初値がどうなるか決まりそうです。

市場注目度は やや低い「C」となりました。
公募割れのリスクもありますのでブックビルディングは慎重にいきましょう。

管理人はIPO市況は悪くないので参加することにしました。