松井証券の未成年口座の開設方法

松井証券未成年口座の開設方法です。

未成年口座開設の必要書類と共に、注意点も説明したいと思います。

松井証券の特徴

  • IPO申込み時の抽選資金が不要で気軽に参加。
  • 幹事数が全体の10%~20%とやや多い。
  • ネット分は公平抽選。(配分の7割)
  • 1日の約定代金50万円以下の取引手数料が無料。

松井証券と取引手数料が最大で5,000円キャッシュバックになる企画を行っています。
お得なタイアップ企画

松井証券
松井証券

未成年口座 開設前の確認事項

未成年口座(20歳未満)を開設する前に、確認しておきたい事項です。

  1. 親権者が口座を開設していること。
  2. 親権者の同意が必要。

1. 親権者が先に口座を開設

親権者が、松井証券口座を開設している必要があります。

口座を開設されていない方は、先に親権者(親など)が口座開設しましょう。
そのあとに お子さんの未成年口座を開設しましょう。

参考までに

こちらで紹介しているのは「未成年の口座開設 方法」です。
「親権者」が先に口座開設する場合は下記の記入例を参考にしてください。

2. 親権者の同意が必要

未成年口座の開設を申込むと、郵送で「親権者の同意書」が送られてきます。

親権者の同意書
【クリックで拡大】

同意事項を確認して、サインし返送します。

内容としては、親権者として未成年口座を取引し、成人になったら移管するという内容です。

松井証券の未成年口座開設へ!

松井証券の未成年口座を開設しましょう!

生年月日により年齢を判断して、入力項目が変わるようです。

上記をクリックすると、松井証券の説明ページへ移動します。

記入で迷いそうなポイントのみを紹介しております。
ご不明な点はお気軽に「お問い合わせ」までご連絡ください。

1. 未成年者の生年月日を入力

氏名や生年月日は未成年者のものを入力します。

未成年者の生年月日を入力

生年月日により年齢を判定し、未成年口座の開設申込みとなります。

2. 親権者IDの入力

親権者の氏名とIDを入力します。

親権者IDの入力

親権者IDとは、松井証券にログインする際のログインIDのことです。

3. 職業、勤務先情報の入力

未成年者なので「無職」または「学生」になります。

職業、勤務先情報の入力

4.入金先金融機関

入金先金融機関を選択します。
新しく証券会社側で口座を作ります。

入金先金融機関

証券会社への入金先金融機関(いわば振込先)なので、どこでもよいと思います。

出金先金融機関(自分の受取先)の銀行は、後ほど設定できます。

5.特定口座の選択

特定口座の開設を選択します。

特定口座の選択

記入項目で一番悩むのが、「特定口座 源泉徴収あり/なし」と「一般口座」の選択です。

特定口座とは

初心者の方は、一番上の「源泉徴収ありで開設する」をお勧めします。
ちなみに私も選択しています (  ̄∇ ̄)

「特定口座/源泉徴収あり」を、ごく簡単に説明すると確定申告をする必要がありません。また、配偶者控除や国民健康保険料にも影響しません。

6. 投資方針の入力

口座開設者(未成年)に関する、アンケート的な内容になります。

投資方針の入力

未成年なので、投資経験はほぼないと思います。

あまり深く考えず、未成年に該当するものをお選びください。

7.同時口座開設のお申込み

ジュニアNISAを口座開設する場合は、開設するをチェックします。

同時口座開設のお申込み

他の証券会社等にてジュニアNISA口座を開設する場合や、ジュニアNISAの制度を良く理解していない場合はチェックを外しておきましょう。(後からでもジュニアNISAの口座開設は可能です)

ジュニアNISAは、金融機関の変更ができません。
つまり、一度 決めてしまうと その後に金融機関を変更することができなくなります。

また、ジュニアNISAは2023年に制度が終了します。

後日、未成年口座の開設用紙が送られてくる

後日 松井証券より、未成年口座の開設に必要な書類が郵送されてきます。

  • 口座開設申込書
  • 親権者の同意書

必要な返信書類は下記になります。

- 親権者側 -

  1. 親権者と未成年者の関係を証明できる書類
  2. 親権者の本人確認書類

- 未成年側 -

  1. 未成年者のマイナンバー
  2. 未成年者の本人確認書

郵送物が届くまでに用意しておきたい書類は、親権者と未成年者の関係を証明する書類になります。

カブスルは、世帯全員が掲載されている「住民票(世帯票)」を用意しました。

必要書類を返送すると、未成年口座が開設されます。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要の松井証券ライブスター証券現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。