HPCシステムズ(6597):IPO上場情報と初値予想

HPCシステムズ

HPCシステムズは、専門的な知見を求められる科学技術計算用コンピュータ事業(HPC事業)と、安定的で信頼性の高い製品供給を求められる産業用コンピュータ事業(CTO事業)の2つの事業を展開している企業です。

HPCとは、一般にスーパーコンピュータ又はスパコンと呼ばれる超高速演算用コンピュータによる計算処理環境(計算処理技術)のこと。
High Performance Computer 又は High Performance Computing の略

CTOとは、顧客の注文する仕様に合わせた特殊なコンピュータ製品を開発・製造する受注仕様生産方式のこと。

社名通り、主力事業はHPC事業になります。

HPC事業
  • HPC事業
    • 2,648,451(千円)(売上高の65.3%)
    科学技術計算用コンピュータに関連するソリューションの提供。
    高性能コンピュータを駆使して科学技術における問題を、計算によって解決する計算科学という分野で使用。
    従来のITシステムインテグレーションとは一線を画し、モノ作りにおける流体構造シミュレーション、創薬や材料開発に必要な計算科学、機械学習や人工知能解析、ビッグデータ解析用の専門的な知見を必要とするシステムインテグレーションサービスを提供しています。
    システムインテグレーションサービス
  • CTO事業
    • 1,404,637(千円)(売上高の34.7%)
    顧客企業の注文仕様に応じた産業用コンピュータの開発、製造及び販売。
    組込コンピュータ(エンベデッド・コンピュータ)として、各種製造装置や工作機械、計測装置や検査装置の他、インフラシステムにおける監視制御、医療機器、デジタルサイネージなどに搭載され、さまざまな産業分野において活用されています。

売上高の集計期間は2017年7月1日~2018年6月30日。

同社は、計算科学の手法を用いて「理論化学」の問題を取り扱う「計算化学」という分野に強みを持っています。

中でもライフサイエンス(生命科学)とマテリアルサイエンス(材料科学)分野を重点事業領域と位置づけ、コンピュータ上で高精度に計算した材料データベースやAIなどを活用して、材料開発を行うマテリアルズ・インフォマティクスのアプリケーション開発に力を入れています。

最近では、HPCとビッグデータやAIが融合し、理論計算からデータ分析、機械学習、そして理論計算といった機能を実現できるシステムの導入が進んでおり、さまざまな分野でAI技術の応用が進められております。

同社も重要な社会インフラへのHPCの適用事例となる5G技術、及び「コネクテッドカー」 に係る研究開発活動のニーズを支える技術者集団として参画しています。

HPC事業ワンストップサービスの概念図

目論見書には、AIやら5GやらIPOで人気のあるキーワードが多く掲載されていますが、要はそれらの研究開発支援を行っている企業です。

設立は2006年3月。
従業員数は2019年7月末で86名、平均年齢は43.6歳、平均勤続年数は7.7年、平均年間給与は547.1万円。


HPCシステムズの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

HPCシステムズの上場日

C
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:高い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2019/9/26 (木) 証券コード 6597
市場 東証マザーズ 業種 電気機器
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
HPCシステムズ(6597)

HPCシステムズのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/9/9 (月) ~ 9/13 (金)

仮条件 1,930円~1,990円 (抽選資金:19.3万円 ~ 19.9万円)
当選口数 31,985口
公募株数 50,000株 売出株数 2,731,400株
吸収金額 63.6億円 O.A分 417,100株
仮条件決定日 9/6 (金) 公募価格決定日 9/17 (火)
購入期間 9/18 (水) ~ 9/24 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

HPCシステムズの公募価格と初値

仮条件 1,930円~1,990円
公募価格 1,990円 初値 (初値予想)1,900円 ~ 2,150円※9/17 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)-9,000円~16,000円※9/17 修正

HPCシステムズの初値予想と予想利益

HPCシステムズの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 1,930円 ~ 1,990円 ※抽選資金:19.3万円 ~ 19.9万円
初値予想 1,900円 ~ 2,150円※9/17 修正
予想利益 -9,000円~16,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 1,930円あたり ※抽選資金:19.3万円あたり
初値予想 2,300円 ~ 2,730円
予想利益 37,000円~80,000円
送信中...

初値予想アンケート

HPCシステムズ(6597)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,930円)を基準価格としています。

有効回答:246   投票期限:2019/9/25 (水) 23:59まで
5,790円以上(3倍以上)
12票  5%
投票済み

4,825円以上~5,790円未満(2.5倍以上~3倍未満)
7票  3%
投票済み

3,860円以上~4,825円未満(2倍以上~2.5倍未満)
29票  12%
投票済み

2,895円以上~3,860円未満(1.5倍以上~2倍未満)
96票  39%
投票済み

2,316円以上~2,895円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
65票  26%
投票済み

1,930円以上~2,316円未満(1倍以上~1.2倍未満)
27票  11%
投票済み

1,930円未満(公募割れ)
10票  4%
投票済み

HPCシステムズの主幹事と幹事証券

HPCシステムズのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事は1人1票の平等抽選で、資金力にかかわらず当選が期待できるSMBC日興証券です。
IPOの割当数(当選数)は主幹事が一番多いです。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SMBC日興証券
91.51% 2,588,900株 258,800株
SBI証券 2.55% 72,100株 50,400株
みずほ証券 2.55% 72,100株 7,200株
東海東京証券 1.70% 48,000株 4,800株
むさし証券 0.85% 24,000株 2,400株
岩井コスモ証券 0.85% 24,000株 2,400株

HPCシステムズの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年6月 2017年6月 2018年6月
売上高 2,895,869 3,900,793 4,053,088
経常利益 75,156 254,234 291,743
当期利益 38,994 162,961 189,852
純資産 479,822 642,784 832,636
配当金
EPS 4,826.11 40.34 46.99
BPS 59,383.97 159.11 206.10
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

上位株主とロックアップ情報

HPCシステムズの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
TKTH投資事業有限責任組合 70.10% 180日間
菱洋エレクトロ(株) 10.34% 180日間
ナラサキ産業(株) 6.41% 180日間
小野 鉄平 3.06% 180日間
椎名 訓子 1.03%
(株)ハイアテック 0.92%
長谷川 真樹 0.69% 180日間
関 浩行 0.65% 180日間
齋藤 正保 0.65% 180日間
廣石 昭彦 0.59%

直近の類似IPOの上場結果

HPCシステムズと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:電気機器」のIPO結果です。

  • 2017/09/29 テックポイント・インク
    初値売りによる損益:42,200円
    (騰落率:64.92%、倍率:1.65倍)
  • 2017/08/09 トランザス
    初値売りによる損益:221,000円
    (騰落率:170%、倍率:2.70倍)
  • 2012/06/22 大泉製作所
    初値売りによる損益:5,000円
    (騰落率:14.29%、倍率:1.14倍)
  • 2011/12/16 ダブル・スコープ
    初値売りによる損益:-20,000円
    (騰落率:-8%、倍率:0.92倍)
  • 2010/12/16 (株)テラプローブ
    初値売りによる損益:-22,500円
    (騰落率:-7.50%、倍率:0.93倍)

IPOのポイント

HPCシステムズのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

売上高、経常利益ともに好調です。

業績

販売動向には、季節変動があります。

科学技術計算用コンピュータの主要顧客は、大学公官庁又は大企業であり、受注が急増する年度末の1月~3月に売上高及び営業利益が集中する傾向にあります。

よって、四半期会計期間毎の業績について、第3四半期会計期間の比重が高くなる傾向にあります。

2018年6月期
第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
売上高(千円) 787,084 805,496 1,721,406 739,100
営業利益(千円) 12,094 16,759 246,105 7,259

参考までに

9.17 追記。
大手予想会社(有料)の評価が低くなっています。

庶民のIPOの評価は、初心者のIPO参加の判断を助けるものになります。
「抽選後の購入判断の目安」になるよう、申し訳ありませんが、評価と予想を変更させていただきました。

個人的に事業内容は面白いと思っていますが、取材力が高い大手予想会社が予想を「公募価格付近」へ引き下げており、予想を据え置くわけにはいきません。

当選した場合、購入申込の判断は慎重にお願いします。

HPCシステムズに関するご質問は、ブログに追記させて頂きました。

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • IPOで非常に人気のある「AI」「自動運転」「IoT」の研究開発支援。
  • 業績が好調。
  • 市場からの吸収金額が61.7億円と非常に大きい。(参考:吸収金額による実績
  • 売出しが多い。(売出はすべて上位株主のTKTH投資事業有限責任組合)

目論見書の想定仮条件は1,930円。初値予想は2,300円 ~ 2,730円としました。
予想利益は37,000円~80,000円になります。

参考までに、管理人は幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券です。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

SMBC日興証券は資金量に左右されない平等抽選を採用していますので当選確率は一緒です。
管理人は18回 IPOに当選しています。

落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

HPCシステムズに関するつぶやき

HPCシステムズのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。