IPO「エムケイシステム」(3910)

エムケイシステム

エムケイシステム」は、人事・労務管理システム開発をしている企業です。

  • 社会保険労務士事務所向けシステム開発及びASPサービス
  • 労働保険事務組合向けシステム開発及びASPサービス
  • 一般企業向け人事労務システム開発及びASPサービス

社労士事務所の活用ソフトとして長きにわたりトップシェアを誇る「社労夢」システム。
平成18年にASPシステム「ネットde社労夢」として、クラウド環境の下でも提供されています。


IPO「エムケイシステム」の上場日

S
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:高い
  • 当選口数:少ない
  • 売出多い
  • 調達金額:小さい
  • 割安感:割安
  • ロックアップ:あり
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2015/3/17 (火) 証券コード 3910
市場 JASDAQ スタンダード 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
エムケイシステム(3910)

IPO「エムケイシステム」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2015/2/27 (金) ~ 2015/3/5 (木)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 3,300円~3,500円 (抽選資金:33万円 ~ 35万円)
当選口数 1,400口
公募株数 80,000株 売出株数 60,000株
吸収金額 5.6億円 O.A分 21,000株
備考 180日間のロックアップ

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「エムケイシステム」の公募価格と初値

公募価格 3,500円 初値 15,120円
騰落率 332.00%  倍率  4.32倍
初値売りでの損益 1,162,000円(15,120円 - 3,500円)× 100株

エムケイシステムの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「エムケイシステム」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「エムケイシステム」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

IPO「エムケイシステム」の主幹事は「岡三証券」です。
なんと、8年ぶりに主幹事として取り扱うようです。

同じグループ会社である「岡三オンライン証券」にも配分が回っており、こちらは公平抽選 になっておりますので、資金量関係なく当選確率があります。IPOの穴場的存在です。

他に抽選に外れても「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

IPO「エムケイシステム」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2012年3月 2013年3月 2014年3月
売上高 511,333 559,686 674,002
経常利益 40,935 118,050 177,972
当期利益 39,297 116,420 123,959
純資産 35,296 151,716 292,675
配当金 - - -
EPS 4,771.49 282.71 300.62
BPS 4,285.60 368.42 682.55
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「エムケイシステム」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:JASDAQ スタンダード」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2014/12/16 上場マークラインズ… 初値売りによる損益:153,000円(騰落率:77.27%、倍率:1.77倍)
  • 2014/03/06 上場サイバーリンクス… 初値売りによる損益:415,000円(騰落率:172.92%、倍率:2.73倍)
  • 2013/10/22 上場システム情報… 初値売りによる損益:276,000円(騰落率:372.97%、倍率:4.73倍)
  • 2013/02/20 上場協立情報通信… 初値売りによる損益:350,000円(騰落率:233.33%、倍率:3.33倍)
  • 2012/12/07 上場テクノスジャパン… 初値売りによる損益:33,800円(騰落率:21.95%、倍率:1.22倍)

管理人のコメントby エムケイシステム

上場前

IPOで人気のあるIT関連企業です。
また、約3週間ぶりのIPO株となり初値買い意欲も期待されます。

当選口数がわずか1,400口と非常に少なく、また市場からの調達金額が 5.31億円程度人気化しやすい小型案件である事から 市場人気度は高くなり初値にも期待が出来そうです。

IT関連の業種はIPO銘柄で人気が高いです。

IPOの騰落率は人気に左右されますので、人気があるかどうかはとっても大事な要素になります。
初値予想待ちですが、市場注目度は高くなるんじゃないでしょうか。

社会保険労務士業界では、「e-Gov申請手続き」及び「マイナンバー制度への対応申請手続」のシステムを導入する事務所数が増加しており、同社にとって追い風となっている面があるようです。

上場後

上場日の3/17は初値がつかず、30万5,700株の買い越しにて引けました。
翌日の後場に騰落率332%(4.32倍)となる 15,120円の初値をつけました。

  • 約3週間ぶりのIPO株であったこと
  • 事前に上場を果たしたIPO株の初値が高かったこと
  • IPOで人気市場であったこと
  • 公開株数が少なかったこと
  • 市場からの調達金額が小さかったこと
  • 条件水準の今期予想PERが13.8倍であったこと
  • 将来性のある(収益が見込める)業務であったこと

これらの市場的要因とIPO株自体の要因が重なり、初値は公開価格の3,500円を大きく上回りました。
初値売りをした場合、1,162,000円の利益となりました。

改めて、IPO株の爆発力を感じられる展開となりました。