IPO「ユニフォームネクスト」(3566)

ユニフォームネクスト

ユニフォームネクスト」は、仕事場で使用するための業務用ユニフォームを販売する事業を行っています。(平成29年3月末現在における取扱商品数は約47万点)

インターネット通信販売により、中小規模事業者を主要顧客層として、全国販売のビジネスモデルを展開。
営業形態は インターネット広告、カタログの郵送、電子メール等によるマーケティングです。

地元福井県にて訪問・来店による対面販売も行っていますが、インターネット通信販売の全体売上に占める割合は9割超と主流はネット販売になっています。

商品をインターネットで販売する利点として、全国の潜在顧客に対し、豊富な品揃えを低コストで一律に提供できる点が挙げられます。

売上高・経常利益 共に堅調な「安定企業」です。
また、市場からの調達金額が小さく、売出もなしなどIPOに良い内容も多いです。


IPO「ユニフォームネクスト」の上場日

A
  • 業績:好調
  • IPO人気:なし
  • 公開比率:やや低い
  • 当選口数:少ない
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2017/7/19 (水) 証券コード 3566
市場 東証マザーズ 業種 小売業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ユニフォームネクスト(3566)

IPO「ユニフォームネクスト」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/6/29 (木) ~ 2017/7/5 (水)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 2,460円~2,800円 (抽選資金:24.6万円 ~ 28万円)
当選口数 2,000口
公募株数 200,000株 売出株数 0株
吸収金額 6.4億円 O.A分 30,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「ユニフォームネクスト」の公募価格と初値

公募価格 2,800円 初値 6,640円
騰落率 137.14%  倍率  2.37倍
初値売りでの損益 384,000円(6,640円 - 2,800円)× 100株

ユニフォームネクストの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「ユニフォームネクスト」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「ユニフォームネクスト」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

IPO「ユニフォームネクスト」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2014年12月 2015年12月 2016年12月
売上高 1,910,196 2,552,492 2,934,346
経常利益 242,147 282,910 314,123
当期利益 146,006 192,077 218,419
純資産 344,440 606,866 806,589
配当金 4,000.00 4,000.00
EPS 36,501.75 215.58 233.65
BPS 86,110.18 649.19 862.85
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「ユニフォームネクスト」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:小売業」のIPO結果です。

  • 2017/03/21 上場力の源HD… 初値売りによる損益:163,000円(騰落率:271.67%、倍率:3.72倍)
  • 2017/03/07 上場ロコンド… 初値売りによる損益:77,500円(騰落率:41.89%、倍率:1.42倍)
  • 2017/02/23 上場ユナイテッド&コレクティブ… 初値売りによる損益:288,000円(騰落率:177.78%、倍率:2.78倍)
  • 2016/12/20 上場リネットジャパンGP… 初値売りによる損益:170,000円(騰落率:92.90%、倍率:1.93倍)
  • 2016/11/29 上場スタジオアタオ… 初値売りによる損益:78,000円(騰落率:25.74%、倍率:1.26倍)

管理人のコメントby ユニフォームネクスト

上場前

売上高・経常利益 共に堅調な「安定企業」です。
ただし、IPOは安定企業よりは「成長性」や「将来性」がテーマの企業に人気があります。

業績も良く、当選口数も2,000口と少なく、市場からの調達金額も小さいです。
人気IPOの上場が続き、IPO市況が活況である事を考えると、公募割れのリスクも低くなりそうです。

積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

2017.6.19 追記。市場注目度は 高い「A」となりました。
事業テーマとしては人気がない分野ですが、やはり業績の良さやネット通販を利用したビジネスモデルが評価されたようです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「2,360円 ~ 2,560円」。想定の初値予想は「4,500円 ~ 5,000円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると24.4万円の利益になりそうです。