レオクラン(7681):IPO上場情報と初値予想

レオクラン

レオクランは、メディカルトータルソリューション事業を中心とした3つのサービス事業を展開しています。同社と連結子会社5社でグループ構成されています。

  • メディカルトータルソリューション事業
    • 24,770,113(千円)(売上高の96.3%)
    新築・移転時の医療機関や福祉施設等に対して、企画段階から開設に至るまでの総合的なコンサルティングを行い、計画の根幹に係わる重要なファクターである医療機器・医療設備・医療情報システムなどの選定・運営、販売
    コンサルティング及び医療機器等販売の主要業務が当事業売上高に占める割合は、直近5期平均で95.1%、医療材料・消耗品の割合は4.9%です。
    トータルパックシステム
    (公式サイトより)
  • 遠隔画像診断サービス事業
    • 552,207(千円)(売上高の2.1%)
    依頼元の医療機関で撮影されたCTやMRIなどの医用画像を、放射線診断専門医により遠隔で診断し、情報を提供するサービス。
    現在の医療環境全般の課題となっている医師不足や、医師の偏在に対応するものであり、情報通信技術を活用することで医療機関を直接訪問せずとも、診断行為や医師同士の意見交換が可能です。
    京都大学医学部との連携により、高度な知識と豊富な経験を持つ放射線診断専門医を安定的に確保し、常時5~6人の専門医が常駐する読影センターを有し、緊急の画像診断にも対応できる体制を維持しています。
    遠隔画像診断サービス
  • 給食事業
    • 393,620千円(売上高の1.5%)
    介護・福祉施設向け給食サービスを行う。
    セントラルキッチン(給食センター)にて、料理を一括集中生産し、 チルド状態にした料理を、サテライト厨房(現地厨房)と連携して、日々の食事を提供する「おかず販売」と、施設から委託を受け、委託元の厨房に職員を配置し、日々の食事を提供。

売上高の集計期間は2017年10月1日~2018年9月30日。

医療機関や福祉施設等の新築、増改築、移転等のプロジェクトに対し、全体の予算管理及びスケジュール管理をワンストップで提供する「トータルソリューション事業」を展開し、顧客とのウィン-ウィンの関係の中で医療機器、医療設備、医療情報システム及び医療材料・消耗品の受注販売を行っています。

トータルソリューション事業
(公式サイトより)

グループは同社と連結子会社5社で構成。

設立は2001年3月。
従業員数は2019年7月末で107名、平均年齢は35.5歳、平均勤続年数は6.7年、平均年間給与は759.6万円。


レオクランの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

レオクランの上場日

B
  • 公開比率:低い
  • 売出多い
  • ロックアップ:あり

上場日 2019/10/2 (水) 証券コード 7681
市場 東証二部 業種 卸売業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
レオクラン(7681)

レオクランのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/9/13 (金) ~ 9/20 (金)

仮条件 2,480円~2,700円 (抽選資金:24.8万円 ~ 27万円)
当選口数 4,864口
公募株数 163,000株 売出株数 260,000株
吸収金額 12億円~13.1億円 O.A分 63,400株
仮条件決定日 9/12 (木) 公募価格決定日 9/24 (火)
購入期間 9/25 (水) ~ 9/30 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

レオクランの公募価格と初値

仮条件 2,480円~2,700円
公募価格 9/24 (火)に決定 初値 (初値予想)2,900円 ~ 3,240円※9/12 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)20,000円~54,000円※9/12 修正

レオクランの初値予想と予想利益

レオクランの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 2,480円 ~ 2,700円 ※抽選資金:24.8万円 ~ 27万円
初値予想 2,900円 ~ 3,240円※9/12 修正
予想利益 20,000円~54,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 3,070円あたり ※抽選資金:30.7万円あたり
初値予想 3,300円 ~ 3,990円
予想利益 23,000円~92,000円
送信中...

初値予想アンケート

レオクラン(7681)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(3,070円)を基準価格としています。

有効回答:96   投票期限:2019/10/1 (火) 23:59まで
9,210円以上(3倍以上)
3票  3%
投票済み

7,675円以上~9,210円未満(2.5倍以上~3倍未満)
0票  0%
投票済み

6,140円以上~7,675円未満(2倍以上~2.5倍未満)
2票  2%
投票済み

4,605円以上~6,140円未満(1.5倍以上~2倍未満)
8票  8%
投票済み

3,684円以上~4,605円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
27票  28%
投票済み

3,070円以上~3,684円未満(1倍以上~1.2倍未満)
36票  38%
投票済み

3,070円未満(公募割れ)
20票  21%
投票済み

レオクランの主幹事と幹事証券

レオクランのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事は1人1票の平等抽選で、資金力にかかわらず当選が期待できるSMBC日興証券です。
IPOの割当数(当選数)は主幹事が一番多いです。

落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

野村證券は 抽選時に資金が必要ない証券会社です。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

レオクランの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年9月 2017年9月 2018年9月
売上高 20,521,030 17,223,128 23,368,499
経常利益 600,103 -7,559 707,474
当期利益 391,391 77,560 475,981
純資産 2,451,309 2,541,475 3,422,558
配当金 4,000.00 4,000.00 40.00
EPS 79,713.23 78.98 430.72
BPS 496,916.47 2,576.40 1,920.63
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年9月 2018年9月
売上高 19,060,958 25,715,941
経常利益 28,463 652,381
当期利益 242,509 357,645
純資産 2,905,240 3,682,163
EPS 246.95 323.64
BPS 2,870.05 2,016.04
※EPS、BPSは(単位/円)

上位株主とロックアップ情報

レオクランの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
杉田 昭吾 44.01% 180日間
㈱A&M 13.42% 180日間
レオクラン従業員持株会 4.38% 180日間
大阪中小企業投資育成㈱ 3.63% 180日間
八上 重明 1.54% 180日間
吉川 謹司 1.38% 180日間
医療法人藤井会 1.32% 180日間
ファスキアホールディングス㈱ 1.32% 180日間
㈱東洋美装 1.32% 180日間
㈱ユニティ建築企画 1.32% 180日間

直近の類似IPOの上場結果

レオクランと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証二部」かつ「業種:卸売業」のIPO結果です。

  • 2019/06/26 ヤシマキザイ
    初値売りによる損益:17,000円
    (騰落率:13.28%、倍率:1.13倍)
  • 2019/03/12 ダイコー通産
    初値売りによる損益:19,200円
    (騰落率:12.47%、倍率:1.12倍)
  • 2018/12/13 オーウエル
    初値売りによる損益:10,500円
    (騰落率:14%、倍率:1.14倍)
  • 2018/06/21 コーア商事HD
    初値売りによる損益:133,000円
    (騰落率:49.81%、倍率:1.50倍)
  • 2017/12/26 オプティマスグループ
    初値売りによる損益:20,100円
    (騰落率:11.17%、倍率:1.11倍)

IPOのポイント

レオクランのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

同社グループが取組んでいるメディカルトータルソリューション事業は、医療機関にとって必要不可欠なサービスであり、遠隔画像診断サービス事業についても、医師の人手不足や過疎地、労働内容の改善に役立つ事業となっています。

2007年に営業エリアを近畿中心から全国指向に方針転換したことを背景に、現在は取組み案件が全国に広がっています。

直近5期の累計実績案件数では、北海道東北地区9.8%、関東地区11.8%、中部地区29.4%、近畿地区21.6%、中国四国地区11.8%、九州沖縄地区15.7%となっています。

医療機関への新築・移転、再編・統合等に伴う医療機器の一括販売は、金額が多額かつ集中した売上計上となるのも、同社の業績の特徴です。

IPOでは人気のない東証二部市場ですが、事業内容は期待できます。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 医療機関の新築、移転、再編などに必要な事業内容。
  • 全国展開による売上アップを期待。
  • 1件1件の販売規模が大きく、業績がブレやすい。
  • IPOで人気の低い東証二部市場。
  • ロックアップは180日間で、価格による解除条項なし。

9.12 追記。
仮条件の下振れ決定(2,480円 ~ 2,700円)に伴い、初値予想を2,900円 ~ 3,240円に修正。
予想利益は20,000円~54,000円としました。

目論見書の想定仮条件は3,070円。初値予想は3,300円 ~ 3,990円としました。
予想利益は23,000円~92,000円になります。

参考までに、管理人は幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券です。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

SMBC日興証券は資金量に左右されない平等抽選を採用していますので当選確率は一緒です。
管理人は18回 IPOに当選しています。

落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券もおすすめです。

SBI証券は現在、現金2千円がもらえるお得なタイアップ企画も行っています。

また、野村證券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

レオクランのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。