オプティマスグループ(9268):IPO上場情報

オプティマスグループ
海外自動車ディーラー向け中古自動車輸出に係る自動車総合サービス事業

オプティマスグループの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

オプティマスグループの上場日

D
  • IPO人気:なし
  • オファリングレシオ:高い
  • 売出多い

上場日 2017/12/26 (火) 証券コード 9268
市場 東証二部 業種 卸売業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
オプティマスグループ(9268)

オプティマスグループのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2017/12/8 (金) ~ 12/14 (木)

仮条件 1,710円~1,800円 (抽選資金:17.1万円 ~ 18万円)
当選口数 18,528口
公募株数 270,600株 売出株数 1,340,600株
吸収金額 33.3億円 O.A分 241,600株
仮条件決定日 12/7 (木) 公募価格決定日 12/15 (金)
購入期間 12/18 (月) ~ 12/21 (木)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

オプティマスグループの公募価格と初値

仮条件 1,710円~1,800円
公募価格 1,800円 初値 2,001円
騰落率 11.17%  倍率  1.11倍
初値売り損益 20,100円(2,001円 - 1,800円)× 100株

参考までに

12月はIPOラッシュが始まり、投資資金が分散されやすくなります。また、市場からの吸収金額が大きいIPOの買い控えムードが広がっています。
評価が低くなるIPOは公募割れのリスクが高くなりますので、ブックビルディング参加は慎重にどうぞ。

オプティマスグループの初値予想と予想利益

オプティマスグループの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

1,710円 ~ 1,800円 ※抽選資金:17.1万円 ~ 18万円
上限は0.6%下ブレ↓

予想利益 0円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,610円 ~ 1,810円 ※抽選資金:16.1万円 ~ 18.1万円
予想利益 0円

オプティマスグループの主幹事と幹事証券

オプティマスグループのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

SBI証券」は、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。
公募割れのリスクもありますので「IPOチャレンジポイント」狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


オプティマスグループの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年3月 2016年3月 2015年3月
売上高 1,337,477 1,184,047 55,555
経常利益 350,178 512,264 13,727
当期利益 960,877 509,468 8,945
純資産 5,909,990 4,949,113 4,323,985
配当金
EPS 191.31 102.83 13.53
BPS 1,176.70 985.38 4,367.39
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年3月 2016年3月
売上高 27,092,505 30,420,116
経常利益 1,944,974 1,433,681
当期利益 1,367,532 921,558
純資産 8,248,885 7,120,061
EPS 272.28 186.00
BPS 1,642.38 1,412.30
※EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

オプティマスグループと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証二部」かつ「業種:卸売業」のIPO結果です。

  • 2015/08/28 ラクト・ジャパン
    初値売りによる損益:0円
    (騰落率:0%、倍率:1.00倍)
  • 2012/10/23 三洋貿易
    初値売りによる損益:-1,600円
    (騰落率:-3.48%、倍率:0.97倍)
  • 2011/06/09 クロタニコーポレーション
    初値売りによる損益:-3,000円
    (騰落率:-2.50%、倍率:0.98倍)
  • 2009/06/25 八洲電機
    初値売りによる損益:30,000円
    (騰落率:120%、倍率:2.20倍)
  • 2006/02/28 ラサ商事
    初値売りによる損益:160,000円
    (騰落率:25.40%、倍率:1.25倍)

IPOのポイント

IPOとしては人気がない東証二部上場で、市場からの調達金額も大きい案件です。
また、売出比率が非常に高く このようなIPOは市場からの人気が高くありません。

参考までに

大手の評価は「C」と予想されておりましたが 当サイトでは もう一段低い「D」(公募割れのリスクが高い)とさせて頂きました。(評価とは?)

引受幹事証券である「SBI証券」は、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。
公募割れのリスクもありますので、「IPOチャレンジポイント」狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

どうやら、2017年最後のIPOになりそうです。
最後は良い結果を残して欲しいところですが・・・そうはならなそうです。
私はIPOチャレンジポイント狙いで100株だけ応募します。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。