ダイコー通産[7673]:IPO上場情報と初値予想 | 庶民のIPO

IPO「ダイコー通産」(7673)

ダイコー通産

ダイコー通産は、CATV及び情報通信ネットワークにおいて使用される各種商品(ケーブル、材料、機器等)の仕入及び販売を主な事業としている企業です。

全国主要都市に営業所(本書提出日現在において12拠点)を配置し、顧客のネットワーク整備やシステム構築に際して、最先端技術の情報提供及びネットワーク構築に関する提案等を行っています。

電線・ケーブル製造業者、通信機械器具製造業者及び金属製品製造業者等の国内外のメーカー等から仕入れた各種商品を、通信工事施工業者、電気通信事業者、電力会社及び官公庁等の顧客に販売しています。

設立は1975年6月です。
従業員数は平成30年12月末で133名、平均年齢は36.6歳、平均勤続年数は10.3年、平均年間給与は566.9万円です。

平均勤続年数は約10年と長いです。


ダイコー通産の詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

ダイコー通産の上場日

C
  • 業績:好調
  • IPO人気:なし
  • 売出多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2019/3/12 (火) 証券コード 7673
市場 東証二部 業種 卸売業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ダイコー通産(7673)

ダイコー通産のスケジュールと当選数

ブックビルディング期間中に幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/2/22 (金) ~ 2/28 (木)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 1,510円~1,540円 (抽選資金:15.1万円 ~ 15.4万円)
当選口数 6,237口
公募株数 160,000株 売出株数 382,400株
吸収金額 9.6億円 O.A分 81,300株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ダイコー通産の公募価格と初値

仮条件 1,510円~1,540円
公募価格 1,540円 初値 1,732円
騰落率 12.47%  倍率  1.12倍
初値売りでの損益 19,200円(1,732円 - 1,540円)× 100株

ダイコー通産の初値予想と予想利益

ダイコー通産の初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 1,510円 ~ 1,540円 ※抽選資金:15.1万円 ~ 15.4万円
初値の想定価格 1,540円 ~ 1,650円
想定条件での予想利益 0円~11,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 1,510円あたり ※抽選資金:15.1万円あたり
初値の想定価格 1,540円 ~ 1,650円
想定条件での予想利益 3,000円~14,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選で必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ダイコー通産の主幹事証券と引受幹事証券

ダイコー通産のIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

落選しても次回の当選に活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。
特にSBI証券は、幹事になる機会が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

ダイコー通産の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年5月 2017年5月 2018年5月
売上高 13,650,687 13,514,288 15,281,363
経常利益 558,830 634,417 658,420
当期利益 376,145 384,425 402,694
純資産 4,444,019 4,724,029 5,017,733
配当金 90.00 90.00 100.00
EPS 310.22 158.52 166.06
BPS 3,665.14 1,948.04 2,069.15
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

ダイコー通産と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証二部」かつ「業種:卸売業」のIPO結果です。

  • 2018/12/13 オーウエル
    初値売りによる損益:10,500円
    (騰落率:14%、倍率:1.14倍)
  • 2018/06/21 コーア商事HD
    初値売りによる損益:133,000円
    (騰落率:49.81%、倍率:1.50倍)
  • 2017/12/26 オプティマスグループ
    初値売りによる損益:20,100円
    (騰落率:11.17%、倍率:1.11倍)
  • 2015/08/28 ラクト・ジャパン
    初値売りによる損益:0円
    (騰落率:0%、倍率:1.00倍)
  • 2012/10/23 三洋貿易
    初値売りによる損益:-1,600円
    (騰落率:-3.48%、倍率:0.97倍)

IPOのポイント

ダイコー通産のIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

  • 業績は安定的。
  • 昭和50年から続く老舗企業。
  • IPOで人気のない業種。
  • IPOで人気の低い東証二部市場。
  • 過去の同業種の実績を考慮。

目論見書の想定仮条件は1,510円。初値予想は1,540円 ~ 1,650円としました。
予想利益は3,000円~14,000円です。

特徴は特になく、株式やIPO市況に影響された初値になりそうです。
管理人は幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙います。

  • 公募価格:ブックビルディングに当選し購入する株価。
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価。
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手し初値で売却した際の利益。

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに65回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「ダイコー通産」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定のタイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

関連コンテンツ