プレミアグループ[7199]:IPO上場情報と初値予想

IPO「プレミアグループ」(7199)

プレミアグループ
オートクレジットを中心としたファイナンス事業、ワランティ(自動車保証)事業、各種サービスの企画及び提供等を行う子会社及び関連会社事業の管理運営

IPO「プレミアグループ」の上場日

D
  • IPO人気:なし
  • 公開比率:高い
  • 売出多い
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2017/12/21 (木) 証券コード 7199
市場 東証二部 業種 その他金融業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
プレミアグループ(7199)

IPO「プレミアグループ」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/12/5 (火) ~ 12/11 (月)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 2,260円~2,320円 (抽選資金:22.6万円 ~ 23.2万円)
当選口数 48,400口
公募株数 60,000株 売出株数 4,780,000株
吸収金額 129.1億円 O.A分 726,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「プレミアグループ」の公募価格と初値

公募価格 2,320円 初値 2,220円
騰落率 -4.31%  倍率  0.96倍
初値売りでの損益 -10,000円(2,220円 - 2,320円)× 100株

参考までに

12月はIPOラッシュが始まり、投資資金が分散されやすくなります。
市場注目度が低くなるIPOは公募割れのリスクが高くなりますので、ブックビルディング参加は慎重にどうぞ。

IPO「プレミアグループ」の主幹事証券と引受幹事証券

「プレミアグループ」のIPOを取り扱っている証券会社です。(申込みが可能)
のマークがついている証券会社は特に管理人がおすすめする証券会社です。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

SBI証券」は、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。
公募割れのリスクもありますので、「IPOチャレンジポイント」狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

抽選に外れても次回のチャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが貯まる「SBI証券」、申込み時の抽選資金が不要で庶民に優しい「ライブスター証券」と「岡三オンライン証券」。
合計で現金6,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています♪(タイアップ詳細
特に「SBI証券」と「岡三オンライン証券」は取扱うIPOの数が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

IPO「プレミアグループ」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年3月 2017年3月
売上高 1,600 527,180
経常利益 -371,029 -47,506
当期利益 -371,821 -49,031
純資産 2,628,178 2,579,147
配当金
EPS -61.97 -8.17
BPS 438.03 429.86
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年3月 2017年3月
売上高 5,297,191 7,899,687
経常利益 579,644 1,297,106
当期利益 330,659 846,701
純資産 3,332,105 4,279,534
EPS 55.11 141.12
BPS 555.35 713.26
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までに、IPO「プレミアグループ」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証二部」かつ「業種:その他金融業」のIPO結果です。

  • 2017/10/31 上場Casa
    初値売りによる損益:6,100円
    (騰落率:2.69%、倍率:1.03倍)
  • 2007/02/14 上場アサックス
    初値売りによる損益:86,000円
    (騰落率:23.89%、倍率:1.24倍)
  • 2005/02/10 上場NECリース
    初値売りによる損益:22,000円
    (騰落率:10%、倍率:1.10倍)
  • 2004/10/07 上場興銀リース
    初値売りによる損益:16,100円
    (騰落率:12.38%、倍率:1.12倍)

IPOのポイントby プレミアグループ

上場前

IPOとしては人気がない東証二部上場で、市場からの調達金額も100億円を超える大型案件です。
また、売出比率が非常に高く このようなIPOは市場からの人気が高くありません。

参考までに

大手の市場注目度は「C」と予想されておりましたが 当サイトでは もう一段低い「D」(公募割れのリスクが高い)とさせて頂きました。(市場注目度とは?

引受幹事証券である「SBI証券」は、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。
公募割れのリスクもありますので、「IPOチャレンジポイント」狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

IPO「プレミアグループ」に関するつぶやき

送信中...

「庶民のIPO」目安箱(※返信不可)
当サイトへのご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。
メルアドの入力などが必要なく、ご意見がダイレクトに届きます。

返答の必要なご質問は「IPO質問集」をご確認の上、「お問合せフォーム」よりご連絡をお願い致します。

頂いた ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、嬉しい当選報告もありがとうございます。



サイト内検索 powered by Google
スポンサーリンク

「プレミアグループ」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

9/28(金)まで!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

9/30(日)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


9/28(金)まで!
岡三オンライン証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

お得なタイアップキャンペーン

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ