アンビスホールディングス(7071):IPO上場情報と初値予想

アンビスホールディングス

アンビスホールディングスは、同社と連結子会社の2社で構成され、同社は持株会社になります。

同社の連結子会社には株式会社アンビスがあり、中核事業は医療施設型ホスピス事業になります。

住宅型有料老人ホーム等「医心館」施設内における訪問看護、訪問介護、居宅介護支援及び障害者を対象とした居宅介護といった各種サービスの提供と施設運営により、医療施設型ホスピス事業「医心館事業」を行っています。

医心館事業について
(公式サイトより)

グループ会社として連携することで、医療依存度が高い方、例えばがん末期状態にある方、人工呼吸器を装着されている方、神経変性疾患等を患っている方ほかを積極的に受入れ、特化して慢性期や終末期における看護ケアを提供しています。

具体的にはアンビスがそれを行い、同社が「医心館」の出店戦略の企画から協力医療機関の獲得、顧客営業先の開拓、集客・サービス提供状況の分析及び改善、適正運営の確保、診療/介護報酬請求、債権管理、物品調達までのサポートを行うことで、同社グループは一気通貫型の地域医療/看護の強化再生ビジネスモデル「医心館事業」を構築しています。

同社の沿革とビジョンは下記となっています。(目論見書より抜粋)

社名のアンビスは、AmbitiousとVision(大志ある未来像)の造語であります。
そして、当社グループは「志とビジョンある医療・介護で社会を元気に幸せに」を企業理念(ミッション)に掲げています。


創業者の柴原慶一は、医師であり生命科学分野の研究者として約20年のキャリアを有しておりますが、研究の第一線を退いて後、医療資源の十分な供給を得ることができない「医療過疎地」での地域医療の再生に係る活動や、東日本大震災の災害復興支援活動に従事しました。

その後、「新たな仕組みの提案と実践により超高齢社会が直面する医療の課題を解決したい」、「閉鎖的な医療業界を健全な競争原理が働く成長産業へと昇華させる一助になりたい」という志のもと、同社を設立いたしました。

社会的意義の高い事業内容となっています。

設立は2013年9月。
従業員数は2019年7月末で20名、平均年齢は36.2歳、平均勤続年数は1.5年、平均年間給与は542万円。


アンビスホールディングスの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

アンビスホールディングスの上場日

C
  • 公開比率:低い
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2019/10/9 (水) 証券コード 7071
市場 JASDAQ スタンダード 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
アンビスホールディングス(7071)

アンビスホールディングスのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/9/20 (金) ~ 9/27 (金)

仮条件 2,610円~2,800円 (抽選資金:26.1万円 ~ 28万円)
当選口数 12,650口
公募株数 1,000,000株 売出株数 100,000株
吸収金額 33億円~35.4億円 O.A分 165,000株
仮条件決定日 9/18 (水) 公募価格決定日 9/30 (月)
購入期間 10/1 (火) ~ 10/4 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

アンビスホールディングスの公募価格と初値

仮条件 2,610円~2,800円
公募価格 9/30 (月)に決定 初値 (初値予想)2,850円 ~ 3,150円※9/18 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)5,000円~35,000円※9/18 修正

アンビスホールディングスの初値予想と予想利益

アンビスホールディングスの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 2,610円 ~ 2,800円 ※抽選資金:26.1万円 ~ 28万円
初値予想 2,850円 ~ 3,150円※9/18 修正
予想利益 5,000円~35,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 2,610円あたり ※抽選資金:26.1万円あたり
初値予想 2,690円 ~ 2,900円
予想利益 8,000円~29,000円
送信中...

初値予想アンケート

アンビスホールディングス(7071)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(2,610円)を基準価格としています。

有効回答:57   投票期限:2019/10/8 (火) 23:59まで
7,830円以上(3倍以上)
8票  14%
投票済み

6,525円以上~7,830円未満(2.5倍以上~3倍未満)
2票  4%
投票済み

5,220円以上~6,525円未満(2倍以上~2.5倍未満)
14票  25%
投票済み

3,915円以上~5,220円未満(1.5倍以上~2倍未満)
8票  14%
投票済み

3,132円以上~3,915円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
17票  30%
投票済み

2,610円以上~3,132円未満(1倍以上~1.2倍未満)
6票  11%
投票済み

2,610円未満(公募割れ)
2票  4%
投票済み

アンビスホールディングスの主幹事と幹事証券

アンビスホールディングスのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
野村證券
91.30% 1,155,000株 115,500株
SBI証券 8.70% 110,000株 77,000株

アンビスホールディングスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年9月 2017年9月 2018年9月
売上高 749,873 1,836,776 3,088,771
経常利益 -32,046 218,236 384,232
当期利益 -33,785 145,573 271,844
純資産 49,469 195,043 373,888
配当金 18,600.00
EPS -12,658.61 14.55 27.18
BPS 9,894.00 19.50 37.38
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年9月 2018年9月
売上高 1,862,741 3,104,160
経常利益 199,759 411,684
当期利益 126,934 287,328
純資産 180,287 467,615
EPS 12.69 28.73
BPS 18.02 46.76
※EPS、BPSは(単位/円)

上位株主とロックアップ情報

アンビスホールディングスの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
(株)IDEA,Inc 66.89% 90日間
柴原 慶一 28.67% 90日間
三橋 秀一 0.38%
前田 早知子 0.29% 90日間
鈴木 しのぶ 0.29% 90日間
西久保 千賀 0.23% 90日間
荒井 亮二 0.19%
吉村 政二郎 0.19%
瀧上 真悟 0.19%
渡邉 裕之 0.19%
同比率(0.19%)で山口 真吾

直近の類似IPOの上場結果

アンビスホールディングスと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:JASDAQ スタンダード」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

IPOのポイント

アンビスホールディングスのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

社会的意義が高い事業内容。
単純な比較とはなりませんが、似たような事業内容のIPOの結果です。

  • 2019年3月:日本ホスピスHD
    公募価格:1,000円、初値:1,466円(騰落率 46.6%)
  • 2019年3月:フレアス
    公募価格:1,850円、初値:4,045円(騰落率 118.6%)

「医心館」の定員数が増えるにつれ、看取り数も増えております。

定数と入居数、看取り数

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

9.18 追記。
仮条件の上振れ決定(2,610円 ~ 2,800円)に伴い、初値予想を2,850円 ~ 3,150円に修正。
予想利益は5,000円~35,000円としました。

目論見書の想定仮条件は2,610円。初値予想は2,690円 ~ 2,900円としました。
予想利益は8,000円~29,000円になります。

市況によっては、やや公募割れのリスクもあります。

主幹事証券は大手の野村證券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数(割当数)も主幹事が一番多いです。

また、野村證券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

アンビスホールディングスのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。