キットアライブ(5039):IPO上場情報と初値予想

キットアライブ

キットアライブは、企業のクラウドシステム導入時における設計・開発・保守のワンストップサービス、SaaS型製品販売企業向けの技術検証・開発・公開・運用支援サービスを行っている企業です。親会社はテラスカイ。

札幌アンビシャスへの上場。

Salesforceの開発および運用保守を行う「Salesforce導入支援」、Salesforce上で優れたビジネスアプリケーションを提供することができるマーケットプレイスである「AppExchange」で販売されるSaaS型アプリケーション構築を支援する「Salesforce製品開発支援」の2つのサービスが中核事業。

SalesforceはクラウドベースのCRM(顧客管理システム)を提供している世界No.1の企業。

北海道から日本のクラウドビジネスを支える

「北海道から日本のクラウドビジネスを支える」が同社設立の想いのよう。

若手を採用してSalesforceエンジニアに早期育成

設立は2016年8月。
従業員数は2022年7月末で47名、平均年齢は32.4歳、平均勤続年数は3.2年、平均年間給与は544.5万円。


キットアライブのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

キットアライブの上場日

B
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2022/9/28 (水) 証券コード 5039
市場 札幌アンビシャス 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス キットアライブ(5039)
時価総額
1,766百万円(公開価格で計算)
2,087百万円(初値で計算)

キットアライブのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2022/9/7 (水) ~ 9/13 (火)

仮条件 1,230円~1,410円 (抽選資金:12.3万円 ~ 14.1万円)
当選口数 3,130口
発行済株式数 1,253,000株 オファリングレシオ 24.9%
公募株数 50,000株 売出株数 263,000株
吸収金額 4.4億円 O.A分 0株
仮条件決定日 9/5 (月) 公開価格決定日 9/14 (水)
購入期間 9/16 (金) ~ 9/22 (木)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

キットアライブの公開価格と初値

仮条件 1,230円~1,410円
公開価格 1,410円 初値 1,666円
騰落率 18.16%  倍率  1.18倍
初値売り損益 25,600円(1,666円 - 1,410円)× 100株

キットアライブの初値予想と予想利益

キットアライブの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 1,230円 ~ 1,410円 ※抽選資金:12.3万円 ~ 14.1万円
初値予想 1,620円 ~ 1,840円※9/5 修正
(1.1倍~1.3倍)
予想利益 2.1万円~4.3万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,410円あたり ※抽選資金:14.1万円あたり
初値予想 1,700円 ~ 1,970円 (1.2倍~1.4倍)
予想利益 2.9万円~5.6万円
送信中...

初値予想アンケート

キットアライブ(5039)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

公開価格(1,410円)を基準価格に修正しています。

有効回答:180   投票期限:2022/9/27 (火) 23:59まで
3倍以上(4,230円以上)
83票  46%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(3,525円以上~4,230円未満)
11票  6%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,820円以上~3,525円未満)
17票  9%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(2,115円以上~2,820円未満)
28票  16%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,692円以上~2,115円未満)
25票  14%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,410円以上~1,692円未満)
6票  3%
投票済み

公募割れ(1,410円未満)
10票  6%
投票済み

キットアライブの主幹事と幹事証券

キットアライブのIPOを取り扱っている証券会社です。

キットアライブの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
アイザワ証券
84.12% 265,900株 265口
SBI証券 3.48% 11,000株 66口
岡三証券 3.48% 11,000株 11口
マネックス証券 2.97% 9,400株 94口
東洋証券 2.97% 9,400株 9口
北洋証券 2.97% 9,400株 0口

委託幹事である岡三オンラインは、委託数が公表されていません。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


キットアライブの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年12月 2020年12月 2019年12月
売上高 577,056 478,035 374,557
経常利益 116,280 92,469 69,710
当期利益 77,363 61,644 45,627
純資産 373,454 296,091 234,446
配当金
EPS 64.31 51.24 19,125.68
BPS 238.30 173.99 61,896.90
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

キットアライブの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
株式会社テラスカイ 親会社 700,000
48.21%
80,000 180日
嘉屋 雄大 代表取締役社長 400,000
27.55%
(200,000)
- 180日
Salesforce Ventures LLC. 170,000
11.71%
110,000 180日
株式会社ウイン・コンサル 100,000
6.89%
40,000 180日
北洋SDGs推進投資事業有限責任組合 VC 33,000
2.27%
33,000
関 崇匡 取締役 25,000
1.72%
(25,000)
-
内田 みさと 取締役 10,000
0.69%
(10,000)
-
菅野 大輔 従業員 2,000
0.14%
(2,000)
-
中島 菜緒子 従業員 2,000
0.14%
(2,000)
-
藤谷 修平 従業員 2,000
0.14%
(2,000)
-
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

キットアライブと市場と業種が同じIPOの上場結果。

直近の「市場:札幌アンビシャス」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2017/06/21 エコモット初値売り損益:146,500円
    (騰落率:53.66%、倍率:1.54倍)
  • 2017/02/23 フュージョン初値売り損益:173,200円
    (騰落率:151.93%、倍率:2.52倍)
  • 2007/05/22 日本テクノ・ラボ初値売り損益:-20,000円
    (騰落率:-20%、倍率:0.80倍)
  • 2006/04/04 エコミック初値売り損益:390,000円
    (騰落率:325%、倍率:4.25倍)
  • 2005/12/20 ゲームポット初値売り損益:600,000円
    (騰落率:600%、倍率:7.00倍)

IPOのポイント

札幌アンビシャスへの上場は、2019年6月上場の日本グランデ以来で3年ぶり。

スタートアップや中小企業といった小規模のSalesforce(セールスフォース)導入支援に強み。
受注金額1,000万円未満のものが426件で全体の96.2%を占める。

顧客企業と接する機会を増やし、下流工程だけではなく上流工程の業務を担当する能力を早期に身に付けることで、経験年数が短くとも顧客提供価値と生産性を上げており、売上総利益は高いです。

売上総利益率

Salesforceの導入支援事業。IPOでよく見かけますね。

IPO キットアライブ(5039) サークレイス(5029) フレクト(4414) Sharing Innovations(4178)
事業内容 小規模のSalesforce導入支援に強み Salesforceを中心としたクラウド導入支援 クラウドインテグレーションによるDX支援、SaaS型モビリティ業務最適化 システム開発ならびにクラウドインテグレーションによるDX支援
上場日 2022年9月 2022年4月 2021年10月 2021年3月
時価総額
百万円
1,766
想定価格
2,952
公開価格
7,246
公開価格
10,573
公開価格
公開価格 1,410円あたり 720円 2,550円 2,850円
初値
騰落率
- 2,320円
(222.2%)
5,810円
(127.8%)
4,650円
(63.1%)
吸収金額 4.4億円あたり 6.2億円 14.8億円 30.2億円
オファリングレシオ 24.9% 21.0% 20.4% 28.5%

こうしてみるとSalesforceの導入支援事業は人気高いですね。
ただ、キットアライブは札幌アンビシャスへの上場になるので、東証マザーズやグロース市場のような高騰はしづらそうですが。

カブスルの地元は北海道。売上高も堅調に伸ばしているようですし、同社設立の想いである「北海道から日本のクラウドビジネスを支える」を地元企業として応援したいです。

キットアライブの本社は札幌市。北海道にはシリコンバレーならぬサッポロバレーがあります(笑)

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。
(東証グロース市場だったら「A」評価をつけていました)

中立
  • 業績が好調(決算情報
  • IPOで人気のあるSalesforceの導入支援事業事業
  • 売上総利益率が高い
  • IPOで人気の低い地方市場
  • 札幌アンビシャス上場としては吸収金額が大きい
  • 2022年12月期の業績予想(前期比)は、売上高690百万円(+20%)、税引き利益75百万円(-3%)
  • 想定価格と前期実績によるPERは21.9倍
  • 親会社はテラスカイ。上場時の売出しにより子会社から関連会社となる予定(親子上場
  • 同業他社が多いが同社は小規模の導入支援に特化
  • 上位株主は役員関連。売り圧力が低い

9.5追記。仮条件が1,230円 ~ 1,410円に決定。(想定価格の1,410円が上限でやや弱気)
初値予想を1,620円 ~ 1,840円に修正。予想利益は2.1万円~4.3万円です。

目論見書の想定仮条件は1,410円。初値予想は1,700円 ~ 1,970円としました。
予想利益は2.9万円~5.6万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

主幹事は珍しくアイザワ証券
今回はネット取引のブルートレード口座からもIPOに申込めます。
IPO抽選時の資金不要の証券会社なので参加してみるのも一手です。

岡三証券のネット取引サービス岡三オンラインも、同様に抽選金不要でIPOに参加できます。(口座開設タイアップ中)

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに47回当選しています。(全当選数の40.9%)

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。