マリオン[3494]:IPO上場情報と初値予想

IPO「マリオン」(3494)

マリオン

マリオン賃貸不動産の賃料収入を証券化する投資家向け不動産証券化サービスを提供している企業です。(平成16年の不動産特定共同事業法の許可取得以降)

平成27年以降は、これをインターネット経由で資金を募るクラウドファンディング型商品として販売しています。

  • 不動産賃貸サービス売上高の32.2%
    快適な居住空間は全ての生活者に必要とされる基本ニーズであるとの認識に立ち、同社は居住者向け物件を中心に、特に大都市圏において賃貸不動産を保有し、賃貸サービスを提供しています。
    不動産賃貸サービスには、大別して、同社所有物件を同社自らが賃貸人として賃借人に提供する長期保有物件賃貸サービス、第三者所有の不動産を同社が賃借人として一括して借り上げこれを最終賃借人に転貸するサブリースサービス、及び第三者所有の賃貸不動産に管理サービスを提供する受託物件サービスの3種類があります。
  • 不動産証券化サービス売上高の14.7%
    平成16年に不特法に基づく許可を取得し、マリオンボンドの名称のもと、不動産賃貸料を原資とする証券化商品を組成し投資家に提供しています。
    また、平成27年以降、サラリーマンボンドの名称のもと、インターネットでの申込が可能なクラウドファンディング型不動産証券化商品を提供しています。
    同社が組成する不動産証券化商品は、同社保有又は新規仕入れ賃貸不動産を原資産に、投資家との間で匿名組合契約を締結することにより不動産賃貸業務を同社と投資家の共同事業とし、営業者としての同社が不動産の所有にかかるリスク及び賃貸業務運営の責任を負担した上で、投資家と賃料のシェアを行うことにより賃料収入を投資リターンとして分配するものです。
  • 不動産売買売上高の53.1%
    不動産賃貸サービス対象不動産、不動産証券化サービス対象不動産の別を問わず、同社所有不動産の出口戦略の一環として、物件の売却を行っています。

売上高の集計期間は平成29年10月1日~平成30年6月30日。

設立は昭和61年11月です。
従業員数は平成30年7月末で19名、平均年齢は44.2歳、平均勤続年数は8年、平均年間給与は506.6万円です。


IPO「マリオン」の上場日

S
  • 業績:好調
  • 公開比率:低い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2018/9/13 (木) 証券コード 3494
市場 JASDAQ スタンダード 業種 不動産業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
マリオン(3494)

IPO「マリオン」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/8/27 (月) ~ 8/31 (金)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 2,200円~2,380円 (抽選資金:22万円 ~ 23.8万円)
当選口数 2,432口
公募株数 243,200株 売出株数 0株
吸収金額 6.6億円 O.A分 36,400株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「マリオン」の公募価格と初値

公募価格 2,380円 初値 3,800円
騰落率 59.66%  倍率  1.60倍
初値売りでの損益 142,000円(3,800円 - 2,380円)× 100株

マリオンの「想定仮条件」と「予想利益」

参考までにIPO「マリオン」の「想定仮条件」と「想定初値」による「予想利益」です。(予想利益は各上限で計算)

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「マリオン」の主幹事証券と引受幹事証券

「マリオン」のIPOを取り扱っている証券会社です。(申込みが可能)
のマークがついている証券会社は特に管理人がおすすめする証券会社です。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

主幹事はSBI証券になります。
IPOの割当数(当選口数)も主幹事が一番多いです。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

他にも、1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」がおすすめです。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まる「SBI証券」、申込み時の抽選資金が不要で庶民に優しい「ライブスター証券」と現金4千円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています♪(タイアップ詳細
特に「SBI証券」は取扱うIPOの数が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

IPO「マリオン」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年9月 2016年9月 2017年9月
売上高 2,030,127 2,399,753 2,511,209
経常利益 165,245 299,985 275,456
当期利益 77,881 -18,740 152,956
純資産 2,297,076 1,980,001 2,568,342
配当金
EPS 16,824.59 -18.85 139.75
BPS 496,236.11 1,809.87 1,815.41
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年9月
売上高 2,596,920
経常利益 293,645
当期利益 177,072
純資産
EPS 178.12
BPS
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までに、IPO「マリオン」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:JASDAQ スタンダード」かつ「業種:不動産業」のIPO結果です。

  • 2018/03/29 アズ企画設計
    初値売りによる損益:254,500円
    (騰落率:117.82%、倍率:2.18倍)
  • 2016/12/08 グッドコムアセット
    初値売りによる損益:63,200円
    (騰落率:32.41%、倍率:1.32倍)
  • 2016/07/21 デュアルタップ
    初値売りによる損益:141,000円
    (騰落率:127.03%、倍率:2.27倍)
  • 2016/03/18 アグレ都市デザイン
    初値売りによる損益:177,500円
    (騰落率:102.60%、倍率:2.03倍)
  • 2015/12/22 プロパティエージェント
    初値売りによる損益:161,000円
    (騰落率:115%、倍率:2.15倍)

IPOのポイントby マリオン

上場前

市場からの調達金額が小さく IPOの内容も悪くないので、市場注目度も高くなりそうです。

参考までに

2018.8.28 追記。仮条件の決定に伴い、想定の初値予想は「4,700円 ~ 5,500円」に修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると31.2万円の利益になりそうです。

2018.8.14 追記。市場注目度は 最も高い「S」となりました。

想定の仮条件は「2,070円 ~ 2,270円」。想定の初値予想は「4,300円 ~ 5,000円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると27.3万円の利益になりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

ワンポイント

主幹事証券はIT系の主幹事を務める事が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選口数も多くなります。
また、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

管理人は過去に10度 IPOに当選をしております。(IPO実績

上場後

自然災害による投資家心理の悪化に加えて、不動産業は預金残高改ざんを行った「TATERU」の影響で軒並み株価を下げており、投資家心理は悪い状況でした。

IPO「マリオン」に関するつぶやき

送信中...

「庶民のIPO」目安箱

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問は「IPO質問集」をご確認の上 「お問合せフォーム」からご連絡下さい。

頂いた ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「マリオン」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

11/30(金)まで!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券」さんと 「現金2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

12/31(月)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券」さんと 「現金2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ