ジェイテックコーポレーション[3446]:IPO上場情報と初値予想

IPO「ジェイテックコーポレーション」(3446)

ジェイテックコーポレーション

ジェイテックコーポレーション」は「オプティカル事業」と「ライフサイエンス・機器開発事業」の2つのセグメントを有し創薬、医療技術分野におけるイノベーションの推進に貢献するシステムの開発、販売を行っている企業です。

  • オプティカル事業
    主要製品は放射光及びX線自由電子レーザー施設向けX線ナノ集光ミラー。
    大型放射光施設「SPring-8」や「SPring-8」に隣接して建設されたX線自由電子レーザー施設「SACLA」及び海外の同様の施設で行われているX線を利用した基礎研究や産業利用など幅広い研究のための高度化された分析装置に使用されるX線ナノ集光ミラーを中心とした特殊ミラーの製造・販売。
  • ライフサイエンス・機器開発事業
    主要製品は各種自動細胞培養装置、その他自動化装置。
    創業当初から大手企業と各種自動細胞培養装置を共同開発し、製造・販売。
    また医療及びバイオ分野以外にも半導体分野、化学・繊維分野、印刷分野等の様々な分野において研究機関や企業からの委託開発製品や独自の製品を開発・製造・販売。

大阪大学と理化学研究所の共同研究により硬X線領域で世界最大の集光径を達成。
同社では大阪大学が開発した超精密加工技術およびナノ計測技術を実用化し、世界NO.1の製品化に成功しました。

X線高精度ミラーは、独自の計測および加工技術で製作しており、なおかつ世界トップの形状精度を有しているため、高精度ミラーにおいては独占状態です。

X線ナノ集光ミラーは「SPring-8」に代表される大型の放射光施設や「SACLA」のようなX線自由電子レーザー施設のほか世界各地の同様の施設で使われ、顧客は主に国内外の国立の研究機関や大学の研究者であり、国の研究予算により、年々積極的に新しい研究が提案され、新しい光学系の構築がなされています。

最近では放射光施設やX線自由電子レーザー施設において、物理、化学、生物などの基礎科学研究分野から、医学利用、医薬品設計、材料評価などの応用分野に加えて産業利用ニーズも高まりをみせ、放射光利用者は年々増大しています。

これに伴い、より小さな試料やより高い空間あるいはエネルギー分解能(放射線のエネルギー測定の精度を表す指標。)での分析が求められ、光を扱う技術への高度化の需要は世界レベルで高まっており、「OsakaMirror」の需要が拡大しています。

特に平成25年頃からアメリカやヨーロッパだけでなく東アジアの放射光施設やX線自由電子レーザー施設からの当社への受注も増加しております。

同社の技術的な説明を詳しく知りたい方は「目論見書(PDF)」にてご確認下さい。

設立は平成5年12月です。
従業員数は平成29年12月末で30名、平均年齢は43.4歳、平均勤続年数は3.9年、平均年間給与は569.6万円です。


ジェイテックコーポレーションの上場日

S
  • 業績:好調
  • 公開比率:やや低い
  • 当選口数:多い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/2/28 (水) 証券コード 3446
市場 東証マザーズ 業種 金属製品
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ジェイテックコーポレーション(3446)

ジェイテックコーポレーションのブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/2/13 (火) ~ 2/19 (月)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 2,100円~2,250円 (抽選資金:21万円 ~ 22.5万円)
当選口数 10,000口
公募株数 500,000株 売出株数 500,000株
吸収金額 25.8億円 O.A分 150,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ジェイテックコーポレーションの公募価格と初値

公募価格 2,250円 初値 9,700円
騰落率 331.11%  倍率  4.31倍
初値売りでの損益 745,000円(9,700円 - 2,250円)× 100株

ジェイテックコーポレーションの初値予想と予想利益

ジェイテックコーポレーションの初値予想と予想利益です。(予想利益は上限で計算)

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ジェイテックコーポレーションの主幹事証券と引受幹事証券

ジェイテックコーポレーションのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

主幹事は1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券になります。
主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの割当数も主幹事が一番多いです。(当選口数が一番多い

他にも、1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

現在、現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金2千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。
割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SMBC日興証券
73.00% 365,000株 36,500株
野村證券 6.00% 30,000株 3,000株
SBI証券 4.00% 20,000株 20,000株
東洋証券 4.00% 20,000株 2,000株
みずほ証券 4.00% 20,000株 2,000株
エース証券 4.00% 20,000株 0株
エイチ・エス証券 2.00% 10,000株 1,000株
岡三証券 2.00% 10,000株 1,000株
マネックス証券 1.00% 5,000株 5,000株

委託幹事である岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

ネット抽選分は各証券会社により割当率が違います。(一部の証券会社はネットなし)
たとえば マネックス証券は割当数のほぼ100%がネット抽選に、SMBC日興証券は割当数の約10%がネット抽選に回ります。

SBI証券はネット抽選分を100%で計算していますが、正確には70%が抽選分、30%がIPOチャレンジポイント分になります。

確定した正確な割当数を知りたい人は、証券会社ごとの当選確率はわかる?をご覧ください。

ジェイテックコーポレーションの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年6月 2016年6月 2017年6月
売上高 366,774 596,906 801,811
経常利益 56,033 124,514 199,706
当期利益 38,710 83,731 129,925
純資産 252,535 454,858 584,783
配当金 1,000.00
EPS 8,064.71 16.84 25.38
BPS 52,611.64 88.84 114.22
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

ジェイテックコーポレーションと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:金属製品」のIPO結果です。

  • 2015/03/24 RS テクノロジーズ
    初値売りによる損益:-65,000円
    (騰落率:-23.64%、倍率:0.76倍)

IPOのポイント

ジェイテックコーポレーションのIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

主力製品のX線ナノ集光ミラーの製造技術は業界内において「世界トップ」の加工精度として認められており、本ミラーは世界各国の最先端放射光施設に導入され、世界各国の大学・政府研究機関(理化学研究所、日本原子力研究開発機構等)の研究・開発に貢献しています。

X線ナノ集光ミラーについては、国内に競合メーカーはなく、海外に数社の競合メーカーがあるものの、10倍以上の高精度化を実現し技術的優位を誇っています。

特に高精度を要求されるSACLAのような自由電子レーザー施設では、海外を含めてシェア100%を実現しています。

専門性が高くオンリーワンの技術を保有している企業はIPOでも人気があります。

参考までに

2017.1.29追加。評価は 最も高い「S」となりました。
公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「2,070円 ~ 2,270円」。想定の初値予想は「4,500円 ~ 5,200円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると29.3万円の利益になりそうです。

ワンポイント

主幹事証券はSMBC日興証券

主幹事証券は割当数が多いので、当選口数も多くなります。
また、SMBC日興証券は資金量に左右されない「公平抽選」を採用していますので、1口応募しても100口応募しても 当選確率は一緒です。

庶民の管理人も過去に15度 IPOに当選をしております。(IPO実績

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

現在、現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

上場後の補足

2018年 第二弾のIPOでしたが、一発目の「Mマート」に良い初値がついた事もあり人気化し 上場日初日には初値がつきませんでした。

公募価格2,250円に対して初値は9,700円。騰落率は331.11%(4.31倍)

初値売りによる利益額は74.5万円になりました。

大手の初値予想(4,500円 ~ 5,200円)を大きく超える、強い初値となりました。

3月は12月に次いでIPOが多い月になります。
後半にかけて人気IPOも続々登場しますので良い追い風となりそうです。

管理人も3/27上場の「RPAホールディングス」に貯めに貯めたIPOチャレンジポイントを利用し当選を目指します!

  • 公募価格:ブックビルディングに当選し購入する株価。
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価。
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手し初値で売却した際の利益。

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

ジェイテックコーポレーションに関するつぶやき

こちらの記事は、IPO歴13年の運営者が執筆しています。

送信中...

庶民のIPOご意見箱

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「ジェイテックコーポレーション」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金2千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ