IPOで得た利益は抽選資金に回して当選しやすい環境を作っていきましょう!

IPOで得た利益を再度IPOの抽選資金にしよう

IPOの投資資金(抽選資金)が増えるとIPOの当選確率が上がります。

IPOで得た利益は再びIPOの抽選資金へ回してIPOに当選しやすい環境を整えていきましょう!

「再投資をおすすめする理由は3つ」ありますので、こちらで説明させて頂きます。

IPOで得た利益を再投資するメリット

IPOで得た利益は再びIPOの抽選資金へ回しましょう!

これから紹介する3つのメリットが見込め、IPOに当選しやすい環境が作れます。

  1. より多くのIPOに参加出来る!
  2. 複数の証券会社に抽選資金を入金できる!
  3. 資金が多いほど有利な証券会社で当選しやすくなる!

1. より多くのIPOに参加出来る!

IPOの抽選資金は10万円あるより20万円あるほうが、20万円あるより100万円あるほうが IPOへの参加がしやすくなります。

つまり、抽選資金は多いほど IPOへ参加しやすくなります。

特に、IPOが重なる時期(3月や12月)は 多くのIPOの抽選が始まります。

ブックビルディングの抽選期間が重なることも度々あり、投資資金(抽選資金)が限られている場合は、抽選に参加するIPOを限定しなければなりません。

投資資金が多ければ、IPOが重なっても抽選資金が足りなくなるという心配もなくなり 抽選に参加出来るIPOの数も増えていきます。

2. 複数の証券会社に抽選資金を入金できる!

投資資金(抽選資金)が多いと、複数の証券会社に抽選資金を入金しておくことが出来ます。

管理人の私も投資資金(抽選資金)が少ない時期は「マネックス証券」のみでIPOの抽選に参加していました。

その後、抽選資金が増え「SBI証券」でもIPOの抽選に参加するようになり、さらに抽選資金が増えると「SMBC日興証券」でも・・・というようにIPOの抽選資金を入金しておく証券会社が増えていきました。現在では約10社程の証券会社にIPOの抽選資金を入金しています。

ちなみに、抽選資金不要の証券会社には資金を入金していません。

各証券会社に入金しておく抽選資金ですが、可能なら37万円くらい入金することが出来れば大抵のIPOの抽選に参加出来ます。(徐々に増やしていければ なお良いです)

管理人は「マネックス証券」や「SBI証券」、「SMBC日興証券」のような「引受幹事数が多い証券会社」には、他の証券会社より多めにIPOの抽選資金を入金しています。

参考までに

IPOへの投資資金(抽選資金)が少ない場合、ネット銀行を利用して投資資金を移動させて抽選に参加する方法があります。
こちらに関しては「ネット銀行で抽選資金を移動させよう」にて紹介しています。

ワンポイント

IPOの投資資金が増える度に、当選狙いの証券会社を増やしていくのもおすすめです。

管理人はそうして口座開設数を増やしていきました。
抽選機会が増えるので色々な証券会社で当選するようになり当選回数を伸ばすことが出来ました。

3. 資金が多いほど有利な証券会社で当選しやすくなる!

証券会社の中には抽選資金が多いほど、当選しやすい証券会社があります。
SBI証券」や「楽天証券」など。

資金が多いほどIPOに当たりやすい証券会社

IPOへのブックビルディングへの申込数(口数)が多い程 当選しやすいので、単純に抽選資金が多ければ多い程、申込口数を増やしてIPOに当選しやすくなります。

ワンポイント

個人的には まずは「公平抽選の証券会社」から口座開設していき、入金する抽選資金も徐々に増やしていった方が良いと思います。

庶民は億単位の投資家には資金面で敵いませんので「SBI証券」の抽選資金を増やすのは後回しで良いかと思います。

まずは証券会社の口座開設数を増やし抽選機会を増やしていきましょう!

(参考)管理人のIPO抽選資金

管理人が株式投資を始めたのは2004年。
初期の投資資金は20万円でしたが、IPOの抽選用に資金を140万円まで増やしました。(貯金から移動)

株式も売買していましたので、IPOの抽選に回せる資金は限られていました。

2005年に「京樽」のIPOに初当選。約18万円の利益を得ました。
株式の売買も含めて47万円の利益を出し、その利益を2006年のIPOの抽選資金に回していました。

2006年はIPOに回せる抽選資金が増えた事で、上記の通り IPOの当選回数が増えました。
2006年にIPOを含めた株式投資で得た利益も、2007年以降のIPOの抽選資金に回しています。

結果、2018年4月時点で140万円から始めた投資資金は約1,410万円まで増えました。
うち、IPOで得た利益は約1,131万円と75%を占めています。

(参考)株式投資は再投資することにより複利効果が上がる

株式投資は「利益を再投資」することにより「複利効果」が得られ、雪だるま式に資産が増えていきます。

参考までに

「再投資」というキーワードつながりでメインサイトの記事も参考にどうぞ。