はじめてのIPOで選びたい証券会社5社

はじめてIPO投資を始める時に、どの証券会社を口座開設すればいいのか?と悩まれる方へ。

IPO歴16年のカブスルは、19社に口座開設しています。
その中から、おすすめの証券会社を5社厳選して紹介します。

おすすめの根拠は次の通り。

  1. 幹事数が多い!
    IPOの抽選に参加できる機会が多くなる!
  2. カブスルの当選実績あり!
    実際の当選数がおすすめの証拠!
  3. 各パターンの証券会社に慣れたい
    平等抽選で運だめし、落選でポイント貯まる、抽選資金不要。

カブスルの当選多数!マネックス証券

マネックス証券

イチオシの証券会社。

カブスルの当選回数15回、妻の当選回数2回。
一家で17回のIPO当選実績がある証券会社です。

IPOの抽選は平等抽選を採用しています。


100株だけ申し込んでも、3,000株申し込んでも当選する確率は一緒。
投資資金の大小に当選が左右されません

幹事数も多く、抽選に参加できる機会が多い証券会社です。(2020年は50社)

妻の当選多数!SMBC日興証券

SMBC日興証券

主幹事が多い証券会社。

カブスルの当選回数6回、妻の当選回数13回。
一家で19回のIPO当選実績がある証券会社です。

妻は2013年からIPOに参加しているんですが、2005年からはじめたわたしより当選回数が多いです(笑)


SMBC日興証券は店頭窓口もある大手の証券会社です。

IPOの当選数が多い主幹事を務める機会も多いです。(2020年は16社)
当選数が多いので当選チャンスが広がります。

ネット取引のダイレクトコースは平等抽選で、資金の大小に当選が左右されません。

カブスルの当選回数6回、妻は13回。
一家で19回のIPO当選実績がある証券会社です。

落選でもポイントが貯まる!SBI証券

SBI証券

落選でも次のチャンスに活かせる証券会社。

抽選に当選することで、利益を得られる可能性が広がるIPO。

SBI証券は落選した際に、IPOチャレンジポイントというポイントを1ポイントもらえます。

こちらのポイントを貯めて利用すると、上位利用者よりIPOが必ず割当(当選)するという、独自のシステムをもっています。

カブスルもポイントをコツコツ貯めて321万円の高額当選しました。

SBI証券はIT系のサービスを展開している企業の主幹事を務める機会が多いです。(2020年は15社)

IT系のIPOは人気化しやすく、主幹事で当選チャンスも広がりますので、おすすめの証券会社になります。

カブスルの当選回数14回、妻は9回、こどもは3回。
一家で26回のIPO当選実績がある証券会社です。

現金2,000円がもらえるお得な口座開設タイアップ企画をやっています。

資金不要で参加!大手の野村證券

野村證券

資金がなくても参加可能!

IPOの抽選時に前受金が必要ありません。(入金0円で抽選可能)

野村證券は言わずと知れた大手証券会社。
IPOの当選数が多い主幹事を務める機会が多いです。(2020年は22社)


主幹事や幹事が多いので、IPOの当選チャンスが多く、口座への入金がゼロでもIPOに応募できるという、一般の人にとってはとってもありがたいシステムです。

ネット取引分の抽選は、資金力に左右されない平等抽選。

カブスルはIPOに一家で7回 当選しています。

超穴場!大和証券グループのCONNECT

connect

IPOの取り扱いは2020年12月から!超穴場!

CONNECTは大和証券グループの証券会社です。

大手の大和証券が幹事の際、CONNECTへ配分が回ってきます。


幹事証券になる機会が多いんですが、2020年12月からIPOを取り扱いはじめたばかりで知名度がかなり低く、IPO当選に向けて超穴場の証券会社になります。

Twitterでも当選報告が多いです。

カブスルはIPOに1回 当選しています。

IPOに慣れてきたら口座開設数を増やそう!

IPO初心者が口座開設しておきたい証券会社を厳選して5社 紹介しました。

ただし、IPOでは証券会社の口座開設数が多ければ多いほど、IPOの抽選(ブックビルディング)に参加できる機会が多くなり、当選する可能性も高まります。

参考記事の、IPOにおすすめの証券会社やIPOの当選確率を上げるコツも参考にして、徐々に口座開設数を増やしていけるようにしましょう!

ワンポイント

ちょっと説明が矛盾してしまいますが、証券会社の口座開設には「本人確認書類」や「マイナンバーカード」が必要になります。

徐々に増やすより一度に口座開設した方が、各書類を用意する手間が省けます。

上記5社については、IPO当選に向け 口座開設しておいて損はありませんので、一度に口座開設されると手間は省けてラクかもしれません。


現金1万1,500円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要のSBIネオトレード証券岡三オンライン証券松井証券。落選でポイントが貯まるSBI証券