IPO「要興業」(6566)

要興業

要興業」は 東京23区を中心にして、産業廃棄物に分類されるビン、缶、ペットボトル、粗大ごみ等や、一般廃棄物に分類される可燃ごみ等の収集運搬・処分、リサイクル(資源物の売却)を中核とした事業を行っている企業です。

  • 収集運搬・処分事業
    主に東京23区内の事業所における事業活動に伴い発生する産業廃棄物と事業系一般廃棄物の収集運搬・処分。
  • リサイクル事業
    リサイクルセンターに運び込まれた廃棄物である古紙、ビン、缶、ペットボトル、粗大ごみ等の選別、破砕、圧縮、梱包等の処理を行い資源化し、再資源化品や有価物等を業者に売却。
  • 行政受託事業
    東京23区の依頼により、当該区から発生する不燃ごみや容器包装ごみ(ビン、缶、ペットボトル、プラスチック容器ごみ)をリサイクルセンターで資源化処理。

グループは、株式会社要興業 及び連結子会社1社(株式会社ヨドセイ)により構成。

設立は昭和47年6月です。
従業員数は平成29年10月末で377名、平均年齢は42.3歳、平均勤続年数は8.6年、平均年間給与は533.2万円です。


IPO「要興業」の上場日

C
  • 業績:好調
  • 公開比率:高い

上場日 2017/12/25 (月) 証券コード 6566
市場 東証二部 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
要興業(6566)

IPO「要興業」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/12/7 (木) ~ 2017/12/13 (水)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 700円~750円 (抽選資金:7万円 ~ 7.5万円)
当選口数 44,763口
公募株数 2,000,000株 売出株数 2,476,300株
吸収金額 38.6億円 O.A分 671,400株
仮条件決定日 2017/12/6 (水) 公募価格決定日 2017/12/14 (木)
募集期間 2017/12/15 (金) ~ 2017/12/20 (水)

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「要興業」の公募価格と初値

公募価格 750円 初値 (想定の初値)750円 ~ 850円※12/7 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (想定の初値売りによる利益)10,000円※12/7 修正

要興業の「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「要興業」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

仮条件「決定後」の想定価格

仮条件 700円 ~ 750円 ※抽選資金:7万円 ~ 7.5万円
初値の想定価格 750円 ~ 850円※12/7 修正
想定条件での初値売り損益 10,000円(850円 - 750円)× 100株

仮条件「決定前」の想定価格

仮条件の想定価格 690円 ~ 710円 ※抽選資金:6.9万円 ~ 7.1万円
初値の想定価格 710円 ~ 800円
想定条件での初値売り損益 9,000円(800円 - 710円)× 100株

IPO「要興業」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

SBI証券」は、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。
公募割れのリスクもありますので「IPOチャレンジポイント」狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

IPO「要興業」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年3月 2016年3月 2017年3月
売上高 7,641,404 8,120,895 8,378,697
経常利益 1,080,783 1,102,724 1,025,550
当期利益 687,325 747,705 734,429
純資産 10,511,504 11,228,462 11,915,969
配当金 300.00 300.00 300.00
EPS 5,207.01 56.64 55.64
BPS 79,632.61 850.64 902.72
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年3月 2017年3月
売上高 9,803,121 10,042,329
経常利益 1,143,924 1,052,884
当期利益 785,234 744,943
純資産 11,210,801 11,908,823
EPS 59.49 56.44
BPS 849.30 902.18
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「要興業」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証二部」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2017/03/23 上場グリーンズ… 初値売りによる損益:10,000円(騰落率:7.14%、倍率:1.07倍)
  • 2017/03/22 上場フルテック… 初値売りによる損益:63,000円(騰落率:105%、倍率:2.05倍)
  • 2016/12/19 上場船場… 初値売りによる損益:-9,700円(騰落率:-7.52%、倍率:0.92倍)
  • 2015/12/25 上場一蔵… 初値売りによる損益:2,600円(騰落率:2.15%、倍率:1.02倍)
  • 2015/08/26 上場土木管理総合試験所… 初値売りによる損益:-3,000円(騰落率:-2.40%、倍率:0.98倍)

管理人のコメントby 要興業

上場前

昭和47年 創業。
売上高・経常利益 共に堅調な「安定企業」です。

ただし、IPOは安定企業よりは「成長性」や「将来性」がテーマの企業に人気があります。

また、東証二部に上場する銘柄はIPOでは人気がありません
先に上場(12/22)を果たす同業種の「ミダック」の初値動向にも多少は影響されそうです。

参考までに

12月はIPOラッシュが始まり、投資資金が分散されやすくなります。
市場注目度が低くなるIPOは公募割れのリスクが高くなりますので、ブックビルディング参加は慎重にどうぞ。

SBI証券」は、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。
公募割れのリスクもありますので、「IPOチャレンジポイント」狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

IPO「要興業」に関するつぶやき