冨士ダイス(6167):IPO上場情報


冨士ダイス」は、 超硬工具(耐摩耗工具)、超硬合金の製造販売をしている企業です。


冨士ダイスのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、冨士ダイスの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

冨士ダイスの上場日

C
  • 当選口数:多い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • 割安感:割安
  • ロックアップ:あり

上場日 2015/6/25(木) 証券コード 6167
市場 東証二部 業種 機械
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス 冨士ダイス(6167)

冨士ダイスのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2015/6/9 (火) ~ 6/15 (月)

仮条件 500円~530円 (抽選資金:5万円 ~ 5.3万円)
当選口数 50,770口
公募株数 0株 売出株数 4,415,000株
吸収金額 26.9億円 O.A分 662,000株
仮条件決定日 6/5 (金) 公開価格決定日 6/16 (火)
購入期間 6/17 (水) ~ 6/22 (月)
備考 90日間のロックアップ(解除条件:なし)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

冨士ダイスの公開価格と初値

仮条件 500円~530円
公開価格 530円 初値 800円
騰落率 50.94%  倍率  1.51倍
初値売り損益 27,000円(800円 - 530円)× 100株

※予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

冨士ダイスの初値予想と予想利益

冨士ダイスの初値予想と予想利益です。予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

仮条件と初値予想

仮条件 500円 ~ 530円 ※抽選資金:5万円 ~ 5.3万円
上限は6%上ブレ↑
初値予想 530円 ~ 600円※6/9 修正
(1.0倍~1.1倍)
予想利益 0円~7,000円

想定価格と初値予想

想定価格 450円 ~ 500円 ※抽選資金:4.5万円 ~ 5万円
初値予想 500円 ~ 550円 (1.0倍~1.1倍)
予想利益 0円~5,000円

冨士ダイスの主幹事と幹事証券

冨士ダイスのIPOを取り扱っている証券会社です。

主幹事証券
引受幹事証券

備考

今回は残念ながら評価は低くなり、公募割れリスクも出てきそうです。
ただし、野村證券は「今年はIPOで信頼を損ねるようなことはしない」と年初に宣言していますので、公募割れリスクを避けられるかもしれません。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


冨士ダイスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2014年3月 2013年3月 2012年3月
売上高 13,780 13,655 14,305
経常利益 868 679 1,235
当期利益 589 488 696
純資産 15,600 15,104 14,815
配当金 1,100.00 700.00 1,000.00
EPS 30.71 25.44 3,627.21
BPS 812.54 786.66 77,162.27
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2014年3月 2013年3月
売上高 15,041 14,637
経常利益 1,088 811
当期利益 732 578
純資産 16,710 15,916
EPS 38.13 30.13
BPS 870.31 828.99
※EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

冨士ダイスと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:東証二部」かつ「業種:機械」の直近のIPO結果です。

  • 2014/10/08 ヤマシンフィルタ
    初値売り損益:55,000円
    騰落率:19.64%、倍率:1.20倍
  • 2012/12/20 パンチ工業
    初値売り損益:-3,000円
    騰落率:-5.36%、倍率:0.95倍
  • 2011/06/29 日本ドライケミカル
    初値売り損益:18,200円
    騰落率:8.92%、倍率:1.09倍
  • 2008/03/26 TAIYO
    初値売り損益:-10,000円
    騰落率:-6.67%、倍率:0.93倍
  • 2006/09/22 ミヤノ
    初値売り損益:-55,000円
    騰落率:-12.94%、倍率:0.87倍

冨士ダイスのIPO分析

冨士ダイスの市場人気度は低くなる事が予想されます。

IPOの全株数が売出し、市場はIPOでは人気が低い東証二部、市場からの調達金額は やや大きい25.3億円。
また、同日に他のIPO株が2社 上場を果たすことからも 買いが集まりづらいIPO株かと思います。

ただし、主幹事は「野村証券」。
昨年、野村證券 主幹事で公募割れ銘柄がいくつかあったのを踏まえ、今年はIPOで信頼を損ねるようなことはしないと野村證券は宣言していましたので、どうなるかは見ものです。

上場後の補足

公開価格530円に対して初値は800円
騰落率:50.94%、倍率は1.51倍になりました。

初値売りによる利益額は27,000円となりました。

前日に上場を果たしたIPO株 2社が想定よりも良い初値をつけた事や市況が良くなってきたことが影響して、初値予想 530円~600円を上回る初値をつけました。

予定している年間の配当金は22円。
配当利回りが約3%と高いので、今後 配当狙いの買いが入ってくる可能性もあります。

冨士ダイスのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、冨士ダイスの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
※氏名、電話番号等、個人の特定できる情報の記入はご遠慮ください。

返答が必要なご質問はIPO質問集をご確認の上、お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。