IPO「テラスカイ」(3915)

テラスカイ

「テラスカイ」は、クラウドとシステム連携をキーワードに最先端のテクノロジーを活用したソリューションを提供している企業です。

クラウドシステムの企画立案サービス、導入支援を行っています。


IPO「テラスカイ」の上場日

S
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • 割安感:やや割安
  • ロックアップ:あり

上場日 2015/4/30 (木) 証券コード 3915
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
テラスカイ(3915)

IPO「テラスカイ」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2015/4/14 (火) ~ 2015/4/20 (月)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 1,580円~1,700円 (抽選資金:15.8万円 ~ 17万円)
当選口数 2,000口
公募株数 200,000株 売出株数 0株
吸収金額 3.9億円 O.A分 30,000株
備考 90日間のロックアップ(解除条件:公募比1.5倍)

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「テラスカイ」の公募価格と初値

公募価格 1,700円 初値 7,650円
騰落率 350.00%  倍率  4.50倍
初値売りでの損益 595,000円(7,650円 - 1,700円)× 100株

テラスカイの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「テラスカイ」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「テラスカイ」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

当選口数はO.A分を除いて2,000口。
人気化しそうなIPO株の割には、当選口数が少なくなりそうです。

資金が限られている方は「公平抽選」の 「マネックス証券」にてIPO当選を狙いたいところです。

また、「SBI証券」は資金がある方が有利ですが、抽選に外れても「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

IPO「テラスカイ」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2012年2月 2013年2月 2014年2月
売上高 573,122 854,140 1,093,804
経常利益 8,111 13,558 40,644
当期利益 850 5,462 23,396
純資産 152,912 268,774 396,970
配当金
EPS 19.60 5.91 21.99
BPS 3,523.32 267.17 349.14
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2013年2月 2014年2月
売上高 854,140 1,099,423
経常利益 -3,545 -6,448
当期利益 -11,641 -23,696
純資産 256,568 304,855
EPS -12.61 -22.68
BPS 255.04 278.87
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「テラスカイ」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2015/04/28 上場ジグソー… 初値売りによる損益:565,000円(騰落率:236.40%、倍率:3.36倍)
  • 2015/03/27 上場sMedio… 初値売りによる損益:148,000円(騰落率:58.73%、倍率:1.59倍)
  • 2015/03/26 上場モバイルファクトリー… 初値売りによる損益:140,200円(騰落率:99.43%、倍率:1.99倍)
  • 2015/03/25 上場Aiming… 初値売りによる損益:11,200円(騰落率:12.17%、倍率:1.12倍)
  • 2015/03/19 上場ショーケース・ティービー… 初値売りによる損益:349,000円(騰落率:193.89%、倍率:2.94倍)

管理人のコメントby テラスカイ

上場前

IT関連の業種はIPO銘柄で人気が高いです。

IPOの騰落率は人気に左右されますので、人気があるかどうかはとっても大事な要素になります。
初値予想待ちですが、市場注目度は高くなるんじゃないでしょうか。

さらに、マザーズ上場の超小型案件である事から買いが集まり初値にも期待が出来そうです。

漢字ネタを披露しているお笑い芸人「厚切りジェイソン」さんが役員を務める企業で、株も大量保有している事から注目も集めています。

売上高も基本的に右肩上がりで、非の打ちどころがありません。
平成26年7月期の自己資本比率は44.7%です。

上場後

上場日の30日に初値はつかず、買い越し39万6,300株にて終了しました。
翌5月1日に公募価格の4.5倍となる7,650円の初値をつけました。

初値による利益額は595,000円になりました。

IT業種でクラウド関連という事と、公開規模が小さかったことから事前の予想以上に人気化したようです。

また、5月に新規上場を果たすIPO株がない事から、4月最後のIPO株という事で資金が集まった可能性があります。(終値ベースのPERは135.8倍)