「ブランジスタ」の紹介

ブランジスタ

ブランジスタ」は、様々な電子雑誌メディアを運営している企業です。

発行済株式の58.6%を保有する「ネクシーズ」の子会社となります。


「ブランジスタ」のIPO情報

A
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:やや低い
  • 調達金額:小さい
  • ロックアップ:あり
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

Yahoo!
ファイナンス
ブランジスタ
上場日 2015/9/17 (木) 証券コード 6176
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株

「ブランジスタ」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2015/9/2 (水) ~ 2015/9/8 (火)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 400円~450円 (抽選資金:4万円 ~ 4.5万円)
当選口数 24,000口
公募株数 1,200,000株 売出株数 1,200,000株
吸収金額 12.4億円 O.A分 360,000株

各用語の説明はこちらで行っています。※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

「ブランジスタ」の公募価格と初値

公募価格 450円 初値 647円
騰落率 43.78%  倍率  1.44倍
初値売りでの損益 19,700円(647円 - 450円)× 100株

(参考)ブランジスタの「想定仮条件」と「想定利益」

「ブランジスタ」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
(委託含む)

備考

今回は主幹事の「大和証券」と「SBI証券」だけが引受幹事となっております。
公募割れリスクも低いと想定されますので積極的に応募していきましょう。

「ブランジスタ」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2012年9月 2013年9月 2014年9月
売上高 1,407,774 1,512,606 1,708,380
経常利益 139,920 156,706 221,351
当期利益 155,165 155,618 141,953
純資産 1,416,248 1,571,867 1,713,820
配当金(単位/円) - - -
EPS(単位/円) 1,239.34 12.43 11.34
BPS(単位/円) 11,311.89 125.55 136.89

直近の類似IPOの上場結果

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2015/08/31 上場アクアライン… 初値売りによる損益:27,100円(騰落率:21.68%、倍率:1.22倍)
  • 2015/08/28 上場メタップス… 初値売りによる損益:-26,000円(騰落率:-7.88%、倍率:0.92倍)
  • 2015/07/30 上場イトクロ… 初値売りによる損益:8,000円(騰落率:4.15%、倍率:1.04倍)
  • 2015/04/30 上場デザインワン・ジャパン… 初値売りによる損益:140,000円(騰落率:50.91%、倍率:1.51倍)
  • 2015/04/28 上場リンクバル… 初値売りによる損益:67,000円(騰落率:27.92%、倍率:1.28倍)

管理人のコメントby ブランジスタ

上場前

電子書籍の販売という IPOで人気のあるIT関連企業で、売上高・経常利益 共に右肩上がりです。

また、市場からの調達金額が 12.1億円程度人気化しやすい小型案件である事から 初値にも期待が出来そうです。

上位株主には「楽天」や「幻冬舎」が入っております。

市場注目度は 最も高い「S」となりました。
積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

9/2 追記
IPO市況の悪化を受けて 大手の市場注目度は「S」から「A」に、初値予想は920円~1,060円から600円~750円下方修正されました。

管理人は「SBI証券」で100株 当選を果たしました!

株式市場は中国リスクの懸念などがあり市場は安定しておりませんが、なんとか頑張って欲しいと思います。

上場後

公募価格450円に対して初値は647円
騰落率:43.78%、倍率は1.44倍になりました。

管理人は初値では売らず、後日 株価が騰がってきたところ(1,568円)で利益を確定しました。

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


「ブランジスタ」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書等でご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ