IPO「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」(3765)

ガンホー・オンライン・エンターテイメント

ガンホー・オンライン・エンターテイメント」は、PCオンラインゲームの企画・開発・運営・配信を行っている企業です。

筆頭株主はソフトバンクBB、会長は孫泰蔵氏です。(孫正義氏の実弟)

2002年12月より月額課金制の運営サービスを開始した「ラグナロクオンライン」は、オンラインゲーム先進国の韓国で人気を集めたMMORPGゲームです。登録会員数は約80万人。


IPO「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」の上場日

A
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 当選口数:少ない

上場日 2005/3/9 (水) 証券コード 3765
市場 ヘラクレス 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 1株
Yahoo!
ファイナンス
ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)

IPO「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2005/2/21 (月) ~ 2005/2/25 (金)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 1,000,000円~1,200,000円 (抽選資金:100万円 ~ 120万円)
当選口数 1,000口
公募株数 300株 売出株数 700株
吸収金額 12億円 O.A分 0株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」の公募価格と初値

公募価格 1,200,000円 初値 4,200,000円
騰落率 250.00%  倍率  3.50倍
初値売りでの損益 3,000,000円(4,200,000円 - 1,200,000円)× 1株

IPO「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

ネット専業証券では「SBI証券」が幹事証券になりました。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:ヘラクレス」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2004/12/24 上場ケイブ… 初値売りによる損益:386,000円(騰落率:135.44%、倍率:2.35倍)
  • 2004/12/15 上場アエリア… 初値売りによる損益:375,000円(騰落率:136.36%、倍率:2.36倍)
  • 2004/10/05 上場ベリトランス… 初値売りによる損益:750,000円(騰落率:125%、倍率:2.25倍)
  • 2004/02/20 上場ソフトウェア・サービス… 初値売りによる損益:175,000円(騰落率:77.78%、倍率:1.78倍)
  • 2004/02/19 上場イーウェーヴ… 初値売りによる損益:350,000円(騰落率:125%、倍率:2.25倍)

管理人のコメントby ガンホー・オンライン・エンターテイメント

上場前

オンラインゲーム専業会社として初の上場になります。
ガンホーが運営している「ラグナロクオンライン」は、オンラインゲーム先進国である韓国のグラビティ(版権元)と提携して運営しています。

オンラインゲームはネット接続環境とパソコンがあれば、ネットを介して複数の人と同時に同じゲームを楽しめるゲームです。ゲーム内でチャット(会話)を楽しむことも出来ます。

オンラインゲーム市場は急速に拡大しつつあり、将来性に期待が持てます。
また、人気が出そうなIPO株でありながら当選口数が1,000口と極端に少ない事から、初値にも大きな期待が出来ます。

売上の99%を同タイトル関連が占めている事もあり、今後の会員数の獲得や 新たな人気ゲームタイトルのサービス開始が今後の検討課題になります。

上場後

上場日の9日に初値はつかず、2,579株の買い越しにて初日を終え、翌日の10日に初値をつけました。

公募価格120万円に対して初値は420万円
騰落率は250%(約3.5倍)になりました。

初値売りによる利益額は300万円になりました。

人気IPO株でありながら 当選口数が1,000口と極端に少なく、プレミアムチケット化されました。
(発行株式数 1万6360株の6%、通常は20%程度)

余談ですが、上場後も人気を集め 4月12日には高値で2,310万円まで株価は上昇しました。