「PO」と「IPO」の違いは?

質問

違いは?

「PO」と「IPO」の違いは何でしょうか?

たまに証券会社から「PO」の連絡があり、日本郵政も「PO」を行うことから「IPO」との違いが気になりました。

回答

A.「用語」も「資金調達という目的」も似ていますが、別物と捉えて下さい。

当サイトでも紹介しているのは「IPO」になり「PO」は全く紹介しておりません。

「IPO」と「PO」の違い・・・「I」が あるかないかだけなんですが、全くの別物です。

余談ですが、IPOを身内に勧めた際に IPOと間違って身内がPOに応募していたことを思い出しました。

「IPO」と「PO」の違いと、個人投資家(庶民)が それぞれに対してどう取り組んで行けば良いのか?を説明させて頂きます。

「IPO」と「PO」の用語の意味

まずは「IPO」と「PO」の用語の意味から見ていきましょう。

  • 「IPO」・・・新規公開株。「Initial Public Offering」の頭文字。
  • 「PO」・・・公募・売出。「Public Offering」の頭文字。

両者に共通している「Public Offering」は「公開する売り物」で日本語にすると「公募」になります。

「IPO」にある「Initial」は「最初の」という意味になります。
つまり、「最初に公開する売り物」で日本語にすると「新規公開株」になります。

株式投資における「PO」は「公募・売出」

株式投資では「PO」は「公募・売出」として取扱われています。
「公募」と「売出」の違いは下記になります。

  • 「公募」
    正しくは「公募増資」で 不特定かつ多数の投資家に対し、新たに発行される有価証券の取得の申込を勧誘すること。
  • 「売出」
    既に発行された有価証券の売付けの申込み又はその買付けの申込を勧誘すること。

新たに有価証券(株式)を発行するのが「公募増資」で 既存の有価証券(株式)を売りに出すのが「売出」になります。

両者の違いについては ページ下部の「POの取り組み方」で詳しく説明させて頂きます。

「IPO」と「PO」の目的は?

どちらも 株式市場から資金を調達するのを目的として行われます。

  • 「IPO」・・・未上場の企業が新たに上場して資金調達を行う。
  • 「PO」・・・既に上場している企業が市場から資金調達を行う。

大きな違いは「未上場企業」か「上場企業」かの違いですが、資金調達を行う目的は一緒です。

未上場企業(IPO)の場合は資金調達を行う以外にも「知名度や信頼度のアップ」を目的として行われます。

「IPO」と「PO」はどう取り組めば良い?

「IPO」の魅力については、当サイトで たっぷりと紹介(笑)させて頂いておりますので、そちらを参考に積極的に取組んで頂ければ良いかと思います。

一方、「PO」に関してはやや注意が必要です。
こちらで「POの取り組み方」について紹介させて頂きますので、参考にして頂ければ幸いです。

「PO」は「公募・売出」の2種類。違いに注意!

「PO」による「公募・売出」の違いです。

項目 公募 売出
有価証券(株式) 企業が新たに新株を発行する。 大株主が既存の株式を証券会社に依頼して売り出す。
調達した資金 増資により企業の資本金になる。 売出を行った大株主に入る。
発行済株式数 発行済株式数は増える。
株式の希薄化が起こり、既存の株主の印象は悪くなりがち。
発行済株式数は変わらない。
大株主から他の株主へ株式が移動するので流動性(売買のしやすさ)は良くなる。
備考 基本的には発表で株価が下がりやすくなる。
ただし、調達した資金が企業の成長に活かせるようであれば良い材料となる。
企業側の資金にはならないので、印象が悪い場合がある。
ただし、流動性が増すことにより株価が上がる場合もある。

備考のように、「PO」は株価がどちらに動くのか読みづらいです。

「PO」による「公募・売出」の株価は 実際の 市場価格より数%ディスカウントされた価格にて販売されます。

つまり、通常より対象企業を安く購入できるのがPOのメリットになります。

ただし、いくらディスカウントした株価で安く購入できたとしても POで購入した株価より実際の株価が下がれば、損失になります。

よって、POのブックビルディングに個人投資家が参加する場合は「POは公募か?売出か?POの目的が企業の成長に繋がるのか?時期や目的など適切か?」などなどを判断する必要があります。

  • 「IPO」
    市場注目度」や「利益予想」によりブックビルディング参加の判断がしやすい
  • 「PO」
    ブックビルディング中も株価が変動し市況も変化していることもあり、ブックビルディング参加の見極めは難しい。

どうしても欲しい!という銘柄でない限りは「POの参加」は見送るのがベストかと思います。

質問で「日本郵政のPO」の話がありましたので、管理人の考え方を参考までに紹介させて頂きます。

参考までに管理人は日本郵政のPOに申込みました。(ブログ

理由としては、

  1. 配当利回りが良い!(日本郵政は3%後半。平均は約1.6%。)
  2. 配当金目当てによる長期運用。
  3. IPOの公募価格1,400円より株価が下がっている。
  4. 倒産リスクが ほぼない
  5. 日本郵政3社のIPOで利益を得ている
  6. POを行うのは政府。調達資金は東日本大震災の復興財源に回る。

一応、念のため 私は公平抽選の「マネックス証券」と「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」でブックビルディングに参加しました。

上記のように管理人がPOを購入するのは配当金目当ての長期保有が目的です。
短期の売買には向かないと思いますので、参加の有無は自己責任でお願いします。